2日目③「マサイマラキーコロックロッジに到着(口コミ含む)」

Sponsored Link

やっと到着した時はもう2時近かったです。

ゲートを通る際、ガイド君が降りてサインしたりしてました。多分マサイマラ国立公園の入場料とか払ってたんじゃないかな。

ゲートも動物(これはホテルの入口だったかも)。
13:47

 

 

そして、このほんの数分のサイン待ち時間に、マサイ族の女性が何人か車の傍へ寄ってきて、手作りグッズを販売してきます。

特に欲しいものもなかったので何も買わなかったけど、すごい売り方で、ひっきりなしに「これはどう?」と勧めてきます。「いらないよ」とかわすけど、全然帰ってくれない。ほんの数分は数十分以上に感じるほど長かった・・・。

やっと戻ったガイド君とホテルへ移動。荷物を降ろし、フロントでオンライン予約してある旨を告げました。

このホテルは、キーコロックロッジと言う、かなり大きく有名なホテルです。地球の歩き方にも載ってます。

私はできるだけクレジットカードにて事前払いしておきたかったので、オンラインで予約・支払いできるホテルを探していました。

ケニアやタンザニアの大部分のホテル(やロッジやテント)はまだまだオンライン化されておらず、現地入りする前に個人で予約しておくことは難しいです。キーコロックロッジは、サンアフリカという大きなホテルグループチェーンの一つなので、オンライン予約・事前支払が可能でした。

これはサンアフリカのHPですが、”Where would you like to go?”からKeekorok Lodgeを選択して下さい(英語)
http://sunafricahotels.com/

私はダイレクトに上記のホテルHPから予約しました。予約の際、マサイマラの空港からの送迎(片道ずつ)や、サファリも購入できます。全部英語です。

食事は三食付きです(サファリができるような場所のホテルはみんな三食付きなはずです)。Wi-Fiもついていますが、当時は部屋では届かなかったので、今もそうならロビーでWi-Fiつないで下さい。それから、国立公園の入場料やサファリ、飲み物の料金は含まれません

私が予約した時は、スタンダードルームで一泊108ドルでした(3泊で税込み日本円で約5万円)。本当はスイートにしたかったけど(150ドルぐらいだったかな)、とりあえずスタンダードで予約して、後でアップグレードしようかなと思ってました。

なので到着後フロントでアップグレードについてちょっと聞いたら、満室とのこと。何でアップグレードしたかったかというと、スタンダードルームではシャワーのみで、しかも私の嫌いな固定式のシャワーだったからです。

事前にトリップアドバイザーで写真見てありました(日本語口コミもあります)。
トリップアドバイザーの口コミへ飛ぶ

ブッキングコムでも予約できます(日本語)
ブッキングコムのページへ飛ぶ

上にも書きましたが、飲み物は料金別ですので、チェックアウトの際に支払って下さい。

ここにはお土産屋さんも入っていて、ほんの少しばかりお菓子が売ってますが、後は純粋にお土産ばかりです。すごく高いっていうほどでもなかったかな。

さて、ここに限りませんが、コテージのように一棟ずつ分かれたロッジが多いため、食事の際は部屋の場所によってはかなり歩きます。雨季に行くと雨が多いので、夜雨の中少し歩くことになりますから、あまりフロントやレストランから遠い部屋だと不便かもしれません。

部屋はおそらくみんな十分に大きいと思います。これがメインのベッドで、蚊帳がちゃんとあります。
15:11

 

 

なぜかスペアベッドもあったけど、そちらは蚊帳なし。
15:09

 

 

入口から丸見えですから、カーテンはしっかり閉めましょう。夜になると部屋の明かりで虫が寄ってきますので。上の窓も忘れずにしっかり閉めて下さい。ハウスキーピングの人が換気のため毎日開けてしまいますから、そこから虫が入ります。
15:10

 

 

バスローブから水からポットからみんなあります。
15:12

 

 

ただ、どうしても固定シャワーでドアはカーテン(下しか写ってませんね、ごめんなさい)。
15:13

 

 

でも、お湯には困りませんでした。水になることはありませんでした。とはいえ、確かこのホテルは電気が使えるのは24時間じゃなかったはずです。朝は6時とかからだったような。夜中トイレ行く時は懐中電灯使って下さいって言ってました。口コミに時間書いてあると思います。すいません・・・。

というわけで、「じゃあシャワーは朝はダメなんだ」と聞いたら、シャワーは大丈夫だよと言われました。何で電気が使えないのにシャワー使えるんだと、お湯を出すのにガスも電気も使う国から来た私が聞くと、ボイラーだから大丈夫とかって言ってました。結局のところ半信半疑だったけど、ボイラー式の私のロンドンの部屋は、一度お湯が湧けば電気なくシャワー浴びられましたから、あってるのかな。でもだとしたらお湯なくなると水になるんだけどな・・・。

暖房はありません。使わなかったけど、多分湯たんぽあると思います。冷蔵庫はあったと思いますが、電気止まってる間はどうなのかな。タオルもたっぷりありました。

さて、食事ですが、毎日ビュッフェです。どうせ食べられないだろうと思ってカロリーメイト持って行ってたけど、おいしくてびっくり。その後毎日のケニアの食事が楽しみになりました。

到着は2時だったけど、その日のお昼も料金に含まれていたようで、ホテルの人は「待ってたよ~」と言って快く迎えてくれました。
14:38

 

 

前の人はお茶飲んでたみたい。サファリの時間以外することないしね。
14:39

 

 

さて、到着日初のサファリは、イブニングサファリで、4時にガイド君とフロントで待ち合わせ。

私はお部屋に戻り荷物を少し出した後、4時にフロントへ行きました。

ケニア一人旅最初のページへ飛ぶ

ケニア一人旅準備編へ飛ぶ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。