3日目⑥「飽きるまでライオン、トムソンガゼルにカンムリヅル、質問づくし」

Sponsored Link

夕方4時からサファリ。今回もガイド君遅れずに登場してくれました。

まず出発してすぐにゾウ。もうそろそろかなり見慣れてます。
IMG_3932

 

 

そして、ウォーターバックたちも。何でかじっと見るんだよな・・・。
IMG_3936
IMG_3942

 

 

子供のウォーターバックは初めてかな。まだ角が小さい。
IMG_3946

 

 

大人はスクリューみたいになった角だから。
IMG_3948

 

 

こちらはインパラ。何か光ってるように見えます。
IMG_3955
IMG_3958
IMG_3959

 

 

晴れてるように見えるけど、場所により曇りでした。天気あんまり良くなかった。
IMG_3962
IMG_3963

 

 

そうこうしているうちに今回もライオンに出会う。家族連れでした。でも遠過ぎ。
IMG_3966
IMG_3971

 

 

ちょっと遠すぎるし、降りてくるまで他のところ行こうよ、ということで近所へ場所移動。

早速トサカゲリ発見。今度は近いです。すぐ行っちゃったけど。
IMG_3978
IMG_3983

 

 

そして又私が名前分からない動物が遠くに。
IMG_3985

 

 

でもこちらにはホロホロチョウ。
IMG_3986
IMG_3987

 

 

ホロホロチョウも家族連れかな。
IMG_3991

 

 

だけどあの不明な動物が気になる。いつか誰かが教えてくれることを願ってます。
IMG_4001

 

 

ああ、ライオン降りてきたかも。
IMG_4006

 

 

これは↑タテガミないからメスライオンです。子供たちはまだ丘の上に。
IMG_4007

 

 

こっち来るのかな。
IMG_4009

 

 

違うか。
IMG_4015

 

 

こ、子供残してどこへ行く・・・。
IMG_4016

 

 

追いかけてみます。
IMG_4017

 

 

でも別に何をするわけでもなかった。
IMG_4023

 

 

眠たいだけだったみたい。
IMG_4024

 

 

寝ちゃうのかな。
IMG_4042

 

 

と思ったら、てくてく過ぎて行くホロホロチョウ、どこ行くのかしらとばかり見とれていました。私もライオンも考えることはあまり変わらないらしいです。
IMG_4043 IMG_4045 IMG_4047

 

 

その後場所移動したけど、遥か彼方を見つめています。
IMG_4052

 

 

又座っちゃったけど、
IMG_4066

 

 

すぐ移動。
IMG_4070

 

 

サファリ軍団またもや追いかけました。
IMG_4081

 

 

ライオンて、顔じゅうハエだらけなんですねぇ。
IMG_4082IMG_4083 IMG_4084

 

 

このハエ、何か見えなかったので、「何でライオンの顔にはあんなに虫がいるの?」とガイド君に聞いてみたら、「ハエだよ。ライオンの涙に集まってくるんだよ。ネコ科でしょ」と言ってました。そうか、ネコだったかと思い出した瞬間でした・・・。

さあ、ライオンもいよいよ退場。
IMG_4101 IMG_4102 IMG_4103

 

 

やっぱり天気悪い。
IMG_4105

 

 

小雨には何度か会ったけど、まだザーッという大雨でもないし、サファリを続けます。

そして、こちらはトムソンガゼルの子供。まだ角が小さい。
IMG_4107

 

 

こちらが大人。
IMG_4108

 

 

もしもあの不明な動物がトムソンガゼルではないのなら、トムソンガゼルとのご対面はこれが初めてです。ガゼルって良く分からない。
IMG_4110 IMG_4113

 

 

曇って暗くなってきた中、カンムリヅルが登場。
IMG_4117IMG_4124

 

 

これがツルだなんて。カラフル過ぎて全然鶴な気がしない・・・。
IMG_4127 IMG_4130 IMG_4133 IMG_4138

 

 

ウガンダの国鳥らしいです。アフリカの鶴はこれが普通なんだろうか。シンプルな鶴みたら白いサギ(鳥です。後日出てきます)に見えたりするのかしら。

しばらくカンムリヅルを見ていましたが、やっぱりちょっと暗かった。
IMG_4138 IMG_4139 IMG_4140 IMG_4142 IMG_4146 IMG_4147 IMG_4151 IMG_4153

 

 

バッファローはとりあえずもう素通り。
IMG_4164

 

 

初めて会った日からなんだけど、なんかガイド君、色々質問してきます。サファリツアーの後どこへ行くかとか。私がレンタカー借りてあるから一人で湖に行くんだと言うと、ナイバシャ湖は良く知ってるとか色々言ってきます。

レンタカーにいくら払ったとか、安い値段で借りられるところ知ってたのにとか、安いホテル知ってるよとか、今一何を意図しているか分からない。

個人契約がとりたくて宣伝しているのかもしれないけれど、本当に安いところを知ってるので言ったのかもしれないし。

確かに女性一人でホテルも予約してないのにレンタカー借りて気ままに知らない国を運転するなんて信じられないだろうけど、一人が好きで一人なのだから、心配いらないんだけどな。

車安く知り合いから借りられたのにと言えば、「それじゃ保険かけられないでしょ」と答えたり、かわしながらの受け答え。最初会った時は少なかった質問がだんだんと多くなっていきます。

私としては車に乗るのが楽しみで楽しみでしょうがなかったのに。

なんてこと思いながら遠くを見ると、かなり暗い。

だけど、美しく陽が射す。
IMG_4171

 

 

このアンバランスさ、天からの光みたいでキレイでした。見た動物や鳥と同じぐらい忘れられない。
IMG_4177

 

 

こんな天気だっただけに、やはり夕陽は見られませんでした。でも、夕サファリはもう少し続きます。

 

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。