4日目⑤「ケニアのチップ、ケニア・タンザニア国境」

Sponsored Link

一緒に回ってあげたんだからチップをとか分かりづらい発音で何度も言ってきます。

いくら欲しいのかと聞くと、いくらでもいいんだよ君の気もちだからと言ってきます。

何度も書きますが、私は一人旅中必要以上の現金を持つことは避けています。お金持ってると得することもあるだろうけど、ろくなことないだろうと思ってるので。

「カード払いを基本として現金は最小限」が私のルールなのですが、ケニアではATMもないだろうと分かってたので、多少の現金は持っていました。でも、本当に多少です。

「現金持って歩かないのよ、一人旅でしょ。盗まれたら困るじゃない。少しあるけど貴重な現金なの。チップは計算に入ってないんだよ」と言うけれど、君にサービスして一緒に歩いてあげたんだからとか言ってきます。

とりあえずガイド君に後でちょっと言うとして、ここはまあ弾も見せてくれたので、レンジャーさんにチップを渡すことにしました。銃弾見せるの多分普通はやらないだろうし。

「本当に現金ないから300KES(300円ぐらい)でいい?」と言うと、「ありがとう!」とすごく喜ばれたので、もしや多かったか!!と思いました(が、ケニア人は素直なだけのようです)。

因みに私はその後チップの額を減らしていきました。

ケニアはチップの国です。このチップは、相手によっては時として賄賂とも呼ばれます。

賄賂のほとんどが国家公務員へのものらしいので、皆様が一番注意すべきはおそらく警察官です。私は自運転になったらいくらかとられることを覚悟の上で車借りました。

賄賂は外国人だと相場が10倍ぐらいに跳ね上がるようです。つまり、ケニア人が100KES(約100円)で多めに見てもらえるところ、外国人だと10ドル(約1000円として計算)ぐらい。だから、運転の際にはそれなりの現金を用意しておきましょう。

というわけで、それもあって私はあまり現金を減らしたくなかったんですけどね。

だけど車に戻りガイド君にちゃんと言っておかなくてはいけないと思いました。

私 「あのさ、チップ出さなきゃいけないなら最初から言っておいてくれない?現金あんまりないの。一人旅だから、危ないから持たないの」

ガイド君 「チップ出したの?」

私 「出したのって、くれくれうるさいから。少ないからいいんだけど、こっちは全額含まれてるって聞いてるからチップ代は計算に入れてないんだよね。ケニアはチップの国だから、この料金の他にチップがいるのかって、いるなら相場はいくらだって旅行会社に聞いたけど、全部含まれてるからチップもいらないって言われてるんだ。いるならいるで事前に言っておいてくれない?」

ガイド君 「自分からチップをせがむなんておかしい。チップというのは、ありがとうという感謝の気持ちだし、自分でくれなんて言うもんじゃない。だいたい・・・」

と、なんかうん蓄が始まってしまった。心がこもったお金だとかなんか色々言っています。

あれ?

と思っちゃった。

実はガイド君へのチップもいらないと聞いていました。だからあげるつもりありませんでした。でも、こうやって一生懸命チップの意義を語り始めたところをみると、やはりチップを期待してたのかもしれないなと思って。

反応する割にレンジャーさんに文句言いに行くでもなく出発してうん蓄が続いてるので、

「まあいいよもう。ちょっとのお金だからいいんだけどさ、マサイ川行くのは私が決めた訳じゃないし、レンジャーさんと歩くのは強制的なわけだから、それでお金払ってっていうのはフェアじゃないよね。次からはちゃんとチップ払う場所で言ってね」

と念を押しておきました。

そしてマイサファリ号は、マサイ川からホテルへ帰る途中にケニアとタンザニアの国境へ寄りました。これも多分お決まりのコース。

国境といっても別に線がひいてあるわけでもなし。こんな適当な石の上の手書き文字で別れているようです。
IMG_4536

 

 

ご想像の通り、単純にTがタンザニアで、Kがケニアです・・・。となると、私は少しだけタンザニアにも行ったことになるのかな。

ここで、一緒に写真撮ろうとか言われて二人で自撮りしたりしました。普通一緒に撮ろうって観光客の方が記念に言うんじゃないだろうか・・・とか思いながらも苦笑いで撮りましたが、うまく写真に入りませんでした。何度か挑戦しようとしますが、もういいよいこうよと言ってやめてもらいました。

こういうシンプルな国境は自運転でもない限り、あまり感動もせず。韓国と北朝鮮の国境行った時はちょっと面白かったけど。動物も見えないし、ここにいる意味ないので出発してもらいました。

帰り道、ダチョウが出てきて、
IMG_4537 IMG_4540

 

 

お決まりのキリンも出てきて、
IMG_4541 IMG_4542

 

 

エランドもいたところで、
IMG_4543 IMG_4544

 

 

サファリカーの天井を撮ってみました。普通は立ってこの隙間から写真を撮ったり眺めたりします。でもそれだと動物を見下ろすかたちでの写真しか撮れません。
11:46

 

 

因みに、雨降ると閉めてくれます。結構開いてるから。
11:49

 

 

アオハシコウかな。
IMG_4547アオハシコウ IMG_4548

 

 

そして、さっきハイエナがいたゾウの死骸のところまで戻ったようです。

でもハイエナはいませんでした。
IMG_4549

 

 

ええと、左から、オレンジのが背中についてるのがアフリカハゲコウ、その右隣がミミヒダハゲワシ、残りがズキンハゲワシで、もしかしたら他のワシ、コシジロハゲワシとかも混ざってるかもしれないけど、混ざってないことにしておきます。
IMG_4550

 

 

他のサファリカーも見にきたみたいだし、行くかな。
IMG_4558

 

 

後はトピに会っただけでした。
IMG_4559 IMG_4560

 

 

到着近くなって撮った写真。あの真ん中に走ってるのが「メイン通り」ってやつなのかな。
IMG_4562

 

 

さ、ホテル到着。長かったですね、マサイ川遠征は。

マサイ川にいたのはほんの少しなのに。

ケニア一人旅最初のページへ飛ぶ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。