5日目③「渋滞すごい、逆車線あり?」

Sponsored Link

休憩所をスプライトと共に出発。

道が大分良くなると、すぐにスタンドに入りました。そういえば、サファリ中はどうしてたのかな。キーコロックに給油所あったのかな。それともサファリ以外の時間自分だけでマサイマラから外へ給油しに行っててくれたんだろうか。

どっちか分かりませんが、スタンドに入ってちょっと待たされました。この時はちょうどお昼ぐらい。お昼ごはんは無しだったのかな。
12:08

 

 

ふと振り返ってスーツケースを撮ってみました。砂埃だらけです。仕方なく途中で窓を閉めました。
12:09

 

 

スタンドでお土産売ってるのが見えました。
12:10

 

 

なんかガイド君帰ってこないから、降りてお土産見ようかどうしようか迷ってたんですが、そのうち帰ってきちゃいました。

というわけで、出発。この後自運転が控えてるので、ケニアの運転をよおく見ておくつもりでいました。マサイマラ行きは順調すぎたから。

時刻は1時47分。出発から4時間47分。特に写真撮るでもなく乗っていようと思ったけれど、あまりに混んでるので、撮りにくいけどコンパクトカメラで撮り始めました。
13:47

 

 

ナイロビの渋滞がものすごくて有名だとは調べてあったけど、そこまで行かずともかなりの渋滞でした。ナイロビから続く渋滞だったのかな。

まだまだ一車線なので、
13:49

 

 

逆車線も渋滞では追い越しが難しい。
13:50

 

 

非情に退屈で辛くなってきました。
13:52

 

 

こんな風に普通に手作業で工事してたりしますからお気をつけて。
13:53

 

 

逆車線が少しすいたので、ここでガイド君が「ケニア抜き」をしました(詳しくは自運転版で)。写真では良く分からないけど。
13:54 13:55 13:56

 

 

この前にいる車も、視界悪いのに抜いていきます。
13:57
14:00

 

 

こんな風にタイヤ交換している姿はしょっちゅう見ました。
14:01

 

 

渋滞で飛ばせないけど、段々ナイロビに近づいてきました。少し活気が出てきたかな。
14:25

 

 

電車のレールらしきものも見えてきたし。
14:26

 

 

まだまだ大通りには出ないのに渋滞。
14:29

 

 

運転代わって欲しい・・・と思ってたけれど、渋滞で乗ってるだけでくたくた。ものすごい疲れてきました。

どこ走ってるか分からないけど、赤土で舗装されてるのかな。
14:32

 

 

ここで曲がったような・・・。
14:33

 

 

なんかナイロビに近づくにつれて工事中の道路がたくさん出てくるわけなんですが、自分の運転ではないにしろ、途中で慌てたことがありました。

これです。おかしいでしょ。
14:34

 

 

気が付かなかった方、これでどうでしょう。
14:35

 

 

左車線に対向車走ってますよね?これ、あり得ないです。ケニアは日本と同じ左車線走行右ハンドルだから。対向車は右車線にいるはずなんです。

「車、逆車線走ってるよ!!!」

と焦る私に、ガイド君はポツリと言いました。

「そうなんだけど・・・。新しい道だから・・・」

返答からして、承知の上で逆車線走ってるようだし、大体みんな逆車線走ってるし、いいみたい。

でも、この返事にしばらく考え込みました。

 

 
心の声(ケニアでは、新しい道では逆車線を走るんだろうか・・・)

 

 

 

 

なわけないのね。まだちゃんと整備されてなくて、勝手にみんな逆走ってるようでした。良く分からないけど。

でも、この「逆車線あり得るケニア」のお陰で、自運転になってからちょっと運転中に自信失くして停まったことがありましたけど。

ああ、もう到着予定時間は過ぎてます。
14:41

 

 

やっと二車線・三車線の大通りに出た頃、ガイド君が、「あれはスラム街だよ」と教えてくれました。私、自運転になってから、ナビが導くままこのスラム街に横通ったような気がします。
14:50 14:51 IMG_0221 IMG_0222 IMG_0223

 

 

続いて、高級住宅地?
IMG_0224 IMG_0225 IMG_0226

 

 

この後1時間ちょっと、空港へ行く時も通る国道を走るのですが、歩いたほうがいいかなというほどの渋滞。

もうホント、嫌になってしまった。コンパクトカメラですら撮る力もなく、「ナイロビの渋滞は世界一に違いない」と、疲れ果てて半分意識薄れそうになってました。

車借りたって、今日はとてもじゃないけど何もできない。車とってすぐ一番近いホテルに行こう。もう休みたい。疲れた。死にそう。渋滞いやだ。最悪だ。

そして、ガイド君はガイド君で、車借りたら車を僕がチェックしてあげるからとかまだ色々言っています。世話やきたくてしょうがないらしい。車ぐらい自分でチェックするんですけど、ガイド君は工学部かなんかだって言ってたから、ボンネットでも開けて見てくれるのかと思った。

でももうそんなに話をしていられるでもないほど疲れ果てた私は、ただただ座ってナイロビの町を眺めていました。

そして出発から7時間ちょっと、やっとレンタカー屋さんに到着しました。

ケニア一人旅最初のページへ飛ぶ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。