5日目⑤「ハンドルおかしい(アラインメント?)、水温計見間違う」

Sponsored Link

さ、ここからは私の運転。私の自由。

だけど、マサイマラからナイロビ空港付近まで7時間のドライブ、渋滞続きで疲れ果てていた私は、早くホテルへ入って休むつもりでした。

目星をつけておいたホテルをナビにセットし、大した距離じゃないのですぐ着くつもりで出発。レンタカー屋が地図にないので、ほぼ空港からの出発ですが、距離はこれより若干少なかったです。

 

 

 

行こうとしていたホテルは近かったのでもうすぐ休めるなと思ってたのですが、車を受け取って運転し出した途端、

 

 

 

 

 

 

 

 

嬉しくて嬉しくて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカー屋からすぐ国道なので、大通りを何の問題もなく数分走ってたのですが、出て3分もしたら、

「このままナイヴァシャ湖あたりまで行ってもいいんじゃない?100キロぐらいでしょ?」

という、疲弊しきっていたとは思えないぐらいの変わりよう。まさに水を得た魚でした。ああ車のチカラ・・・。

そして、ナイヴァシャ湖をナビにセットしました。

まだ5時前だし、7時半ぐらいまでには着くんじゃないかな。暗くなる前に飛ばして行こう。

と思いながら、何だかハンドルをちょこちょこ戻す自分に気が付き、アラインメントおかしいかなと思い始めました。

だって、ハンドルこんなだし。
16:29


※ (ホイール)アラインメント(真っ直ぐ走らない時は)
アラインメントとは、英語のAlignment のことで、直線とかそういう意味です。幾何学的な話なので、私なんかの知識の域をかる~く超えちゃってます。すいません。

タイヤは垂直についているわけではなく、タイヤの軸は、人が見て分からないほど微妙に調整されています。それがうまく行ってないと、ハンドルを真っ直ぐにしていても一方に寄っていき、アラインメントを調整する必要があります。

これは自分では確かめられません。車屋さんがコンピューターなり器具なりを使ってやってくれます。自分で気が付かないレベルのアラインメントの狂いも見つけてくれます。初めて車検で「調整しておきました」って言われた時は、「狂ってたの!?」とびっくりしたものです。

別にこれを放っておいたからって、車が爆発するとかそういうことではないのですが、ずれ過ぎてるとハンドルの位置を一定に保ってなければいけないので疲れます。自分の車ならタイヤが早くダメになったりするので確認しますが、レンタカーだからあまり気にしませんでした。ただ疲れただけで。

整備不良で捕まるわけでもなし、放っておきましたが、辛かったです・・・。運転後すぐに気が付いて、どうしても嫌ならレンタカー会社に戻って他の車と交換してもらってもいいと思いますが、ケニアのようにレンタカー自体が少ないような場合はそうもいかないので我慢することになります。運転しているうちに慣れますけど・・・。

レンタカー屋に整備士さんがいて、器具が揃ってるとかいう以外は、レンタカー屋さんで直せるものではないはずです。万が一直してくれたとしても、ちょっと時間がかかるので、時間がもったいないから車交換の方が早いと思います。

さて、他に考慮したことは以下へ。


 

因みに、平坦でない道も通りましたが、どこ通っても変わらなかったので、道路のせいじゃないと思います。

肉眼で分からない程度のタイヤの片減りで、こんなにハンドル持っていかれることってあるんでしょうか。ハンドルつけた時に曲がったままつけたっていうのはあり得るだろうけど、そんなに下手な整備工だったんだろうか。

空気圧が悪かったかもしれないけれど、空気圧なんてものは簡単に測れるんだから、一番楽にチェックできるものの一つなはずで、レンタカー返却後毎回やってると思うんだけどな。「プシュー」で終わりじゃないか・・・。

さ、「直進したくば右にハンドルを傾けろ」というこの曲がったハンドルと共に私の旅は始まりました。

ハンドル曲がってようが何だろうが、楽しいじゃないか、ってね。

だけどもう一つ気になります。

何で水温計いきなり真ん中なの?


※ 水温計
スピードとかガソリンの量とか出てるところって、何ていう名前なんだろう・・・。超初歩的なことなのに分からないや。ごめんなさい。

そのスピードとか出てる場所に、HとCが付いたメーターがあります。ホットとコールドですと書こうとして、「だよね?」と思って今日本語で検索してみたら、ヒートとクールだと書いてる人がいました。びっくりして英語で検索してみましたが、多分ホットとコールドで合ってると思います。

この水温計は、エンジンがどのぐらい熱いかじゃなくて、エンジンの熱を冷ます冷却水というものがどのぐらいの温度かを表すものです。エンジンを切ると一番下のコールドのところに針が下がって行くのですが、エンジンをつけると、徐々に上がっていきます。ホットに行っちゃまずいです。オーバーヒートです。大体真ん中か真ん中より下でコールドより上あたりでとどまってるのが普通だと思います。

オーバーヒートの原因は色々あるらしいですが、ちょっとしか分かりません。オーバーヒートにつき少ししか分からなかったのでこの後プチパニックになりました。知識がないとは悲しいものです・・。

レンタカー屋から出ていきなりこれが真ん中より上ならすぐレンタカー屋に戻ったほうがいいと思います。車渡される前までエンジンついていたかどうか聞いてみて下さい。


 

 

 

これは後に私がアホで忘れてただけで何一つおかしくはなかったことを思い出すのですが、気が付くまでドキドキでした。

何を思い出したかというと、

 

話している間ずっとエンジンがついていたのです・・・

 

 

水温計上がっても全然おかしくありません・・・。

ところが私は悩みます。警告灯は一つもついていないし、何で水温計が乗って5分もかからず上昇したか分からない。

水温が上がってるかどうか、私はボンネットを開けて確かめなければいけないんだろうか。どこ見るんだっけな。

何と面倒臭い・・・と思いながら、私の自運転旅は始まりました。

 

Sponsored Link

5日目⑤「ハンドルおかしい(アラインメント?)、水温計見間違う」」への2件のフィードバック

  1. 初めまして,来年レンタカーでケニアを旅行する予定です。
    ケニアでの自運転は日本の国際免許証でOKですか?
    何かトラブルはないですか? 宜しくお願い致します。

  2. 渡 様

    こちらこそ初めまして。ご訪問ありがとうございます。

    国際免許については、「海外でレンタカーを運転するとき(借りる時)」のカテゴリの最初のページにあります。もしも海外レンタカーが初めてでしたら、そのカテゴリの他の記事も読んでみて下さい。

    ケニアの運転につきましては、私の分かることは全て旅行記に書いています。読むの面倒とは思いますが、お暇になりましたら他のページもご覧になって下さい。

    現在書いているページや日々のつぶやきはトップページに、突飛なことしか書いていませんし来週あたりちょっと変更しますが、私についてはプロフィールのページに、メルアドはお問い合わせのページに書いてあります。

    宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。