5日目⑦「夕食、自運転最初の夜無事終了」

Sponsored Link

荷物を置いて、ショッピングモールへ。

私はまず、シムカードを買いたかったのです。

携帯会社は1階にあったので、すぐみつかりました。

プリペイドのシムカードが欲しいと伝えると、パスポートのコピーが必要と言われました。

2階の写真屋さんでコピーしてくれるというので、そちらへ先に。いつもならコピー持ち歩いているのですが、この時に限って部屋に置いてきてしまっていました。

いくらだか書き残してもいないほど微小な額でコピーさせてもらい、携帯屋さんに戻りました。

私は日本の携帯の他、サムソンのシムフリーのスマホを持っています。これは二代目で、海外からデュオを購入してありましたので、シムが2枚入ります。

1枚はもともとずっと持っていたイギリスのシムが入っていて、もう一枚現地のシムを入れるつもりでした。ところがこれは大きなシムカードしか入らないタイプだったので、携帯屋さんにそれを告げたら問答無用でエアテルっていう会社にされました。

シム代とプリペイドで合計605KES。いくら入れたのかな。5がシム代で600が前払いかな。国際電話もかけたけど、結構もちました。確か支払は現金だけでした。

食事は、ホテルのフロントで結構おいしいよと言われた場所へ。インド系のレストランかな。
19:45

 

 

スプライトとチキンティッカを注文。
19:46
19:47

 

 

それなりにおいしかったけど、パンとか欲しかったかも。メニューいっぱいあって、読んでるの疲れるからお決まりのやつにしました。

そして、ここで携帯を見たら、ガイド君からテキスト(日本で言うショートメール)が届いてることに気が付きました。昼過ぎぐらい。「ホテル見つかった?」って。

ケニアのシムカードは入ってましたが、イギリスのシムで(イギリスの番号で)返信しました。

返事には、明日ナイヴァシャ行ったらボートツアーがいいよとか、スタンドでみんなカード使えるわけじゃないから現金はいつも用意してとかそんな内容で、最後におやすみって。特に返事もせず食事を続けました。

食事代はKESは書いてないけど、カードで払った日本円の請求が1413円って書いてあります。首都だし、高い。

さっと食事を済ませて、地下のスーパーへ。ここでもカードが使えて、日本円で909円の請求。パンとかおいしそうなジュースとか買いました。

さ、もうシャワー浴びたいし、ホテルへ帰ろう。これは、ショッピングモールの外観です。クリスマス近かったからか、イルミネーションが。
20:12

 

 

ホテルには門がちゃんとついていて、そこから数十秒歩きます。真っ暗。この奥です。暗いけど、ちゃんと門番いますから安心です。
IMG_0249

 

 

振り返るとモールの明かり。
IMG_0248

 

 

自運転最初の日が終わろうとしていました。ホテルへは無事着いたし、ナイヴァシャまでは行けなかったけど、今日は順調に終わりました。

翌日は、ボゴリア湖まで一気に上がっていこう。そこでフラミンゴがいなければ、もうちょっと上がってみればいいし。

シャワーを浴びて、熟睡しました。マサイマラから7時間、自運転で2時間、9時間の車でした。

明日は元気にボゴリアへ!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。