6日目①「お土産地点3、ケニアトイレ④」

Sponsored Link

朝食付きのホテルだけど、朝食は食べずに9時前に支度して出発。

チェックアウトするのに、又男の子にスーツケースを運んでもらって、チップ50KES。

おそるおそる車に乗ると、水温計はもちろんコールド。もっとおそるおそるエンジンをかけると、普通でした。

そこでやっと思い出す。

ああ、レンタカー屋と話してる間ずっとエンジンついてたんだっけ・・・。

一安心してクーラーをかけると、やはりそちらはカタカタ。中からしか聞こえないんだったらこのまま行っちゃおうかな。

ちょっと怖いけど、無視して出発することにしました。

ナビはいきなりボゴリア湖のホテルへセット。そこしか見つからなかったので、レイクボゴリアスパリゾートを選んでありました。新しいホテルじゃないのでナビも問題なく探知。

300キロ弱だし。再び余裕と勘違いする私。

 

 

 

ホテルを出てすぐ、まだ緊張。

大通りに出るものとばかり思っていたら、ヨルダン同様、ナビは私を地元人と勘違いしたか、裏道みたいなところを出してきました。

緊張緊張、でもまだ楽しい最初の10分。

 

 

15分経過。

緊張ほどけ、何となくケニア人。

 

 

そこで、ガッタン。

何!???

 

 

と思ったけど、私が前の車に近寄り過ぎてました。東京の感覚でしか車間をとっていなかった。だから、前の車と自分の車との間の道路があまり見えず、道路の穴に気が付きませんでした。

そして、ガッタンです。

ああ、危ない危ない。そうだった。舗装はされているけれど、ものすごい中途半端なんだった。

こするほどの穴ではなかったので、ちょっとびっくりしただけで問題なく進みます。でも、それ以降は道が十分見えるぐらいには車間とってました。進むにつれて、かなりの大穴あったから。

順調に進みます。
9:13

 

 

 

 

1時間経過。

 

 

 

 

私はもうケニア人。
9:25

 

 

 

1度道間違えて5キロほど多く走ったけど、マイカーは順調にナクル湖方面へ。ナクル湖のあたりから北上してさらにまっすぐです。そんなに難しい道ではなかったです。

でも、ナイバシャずっと手前のお土産屋さんが並ぶあたりで、トイレ休憩も兼ねて立ち寄りました。

ここは、グレートリフトバレーが見える場所で、マサイマラへ行く途中にガイド君が立ち寄った場所の近所です。

何件かある中、適当に選んだ場所では、何か毛を切ってました。
10:09
10:10

 

 

お土産、困りました。あげちゃったのもあるし、残ってるのはどこで買ったか分からなくなっちゃった。

もうすでにお土産1と2書いてますが、これ以後は最後にお土産記事で全部一緒にアップします。すいません。←分かってるのはちゃんとそれぞれの記事でアップしました。

ここで、トイレも借りました。みんなが共同して使っている公衆トイレです。

多分一番最悪なトイレでした。

 

 

穴です。
10:11

 

 

もちろん私はいつも紙持ってますが、皆さんもどうか発展途上国行くときは紙を持参で。

このお土産屋さんで買ったのは、1550KES。トイレから戻ると、何やら男の子が彫ってあげるから名前教えてと言ってます。

そして彫ってくれましたが、
10:18 10:19

 

 

名前のスペルだったかケニアのスペルだったかを間違えてました。「作り直すよ」と言ってましたが、この間違えたものが私は欲しいと言って、世界に一つのアクセサリーをもらってきました。そして、チップをあげたはずです。そのチップ込みで1550KESだったんじゃないかな。

さ、グレートリフトバレーで立ち寄ってるヒマはなし。
10:13 10:15

 

 

現在10時26分。

行こ。
10:26

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。