7日目③「ケニアスタンド初給油、ケニアトイレ⑥、ケニア運転話”パンク”」

Sponsored Link

やっと見つかったスタンドは都会のナクル湖付近でした。

どうやらセルフではないようなので、中へ入って給油口側へ車をつけます。そしてまず最初にカード払いができるか尋ねてみましたら、OKでした。なので、満タンを頼みます。

どうやら彼女が入れてくれるようです。
12:01

 

 

こんな風に入れてくれるのですが、前に店があるので、あそこで一緒に買い物した合計をカードで払えるか聞いたらそちらもOKでした。
12:02

 

 

ノズルにはストッパーがついていないらしく、なんとガソリン溢れてきました。

どべちゃっと出たのも、もちろん私の会計に加算されます。

まあ、とりあえずトイレへ。スタンドキレイだし、結構トイレもキレイなんじゃないかな。

トイレあっちだよと言われ、そちらへ進みます。
12:04

 

 

このカフェの裏らしい。
12:05

 

 

振り向くとスタンドの大きさが良く分かりました。
12:06

 

 

あの裏から入るのかな。
12:07

 

 

どっちなの??
12:08

 

 

私は右を選択。どちらとてレベルは一緒だったので・・・。

和式でした。もちろん紙なし。マイペーパーです。
12:09

 

 

水は手汲みです。
12:10

 

 

紙石鹸登場し、無事用を足してお店へ。もうお昼でした。どうせきっとお昼食べられないだろうと思って、何かスナック菓子でも買っておこうかなと。

飲み物はコーラかなんかで、千切りチップスみたいなのを買いました。そして、会計を全部一緒に。

KESでいくらだか分からないのですが、カード請求が日本円で7168円。ケニアのガソリンは高いです。

そして、車に戻ってちょこっと食べようと出したそのスナック菓子。
12:18

 

 

「最高に安い油を買って、その油でじゃがいもを100回ぐらい揚げて、もうそろそろ捨てようかなと思ったけどやっぱりもう一回それを使って揚げてみた」みたいな味でした。

「これ食べるの無理かも」というよりも、「もしかしてこれは毒かもしれない」と思いましたが、万が一お腹がすいた時のため、車の中に残しておくことにしました。非常食ね。

さあ、時刻は12時20分。ナイバシャへ向けて出発です。もうナクル湖にいるし、ナイバシャはすぐそこなはず。

気が向いたらナクル湖と思ったけれど、泊まるのはやっぱナイバシャにしておこう。気が向いたらナクル湖に日帰りで明日にでも。

気が向かなかったんですけどね。

そしてそのまま大通りをナイバシャへ向かって進むわけなんですが、こんな光景が大通りでも出てきます。先に何があるのかなと思うと、
12:26

 

 

トラックもパンクです。
12:27

 

 

ケニアの運転情報を得るためにリサーチしていたとき、日本語はほぼ無理だと諦め、英語で探していました。

カップルとかファミリーが「ケニアで運転て安全?」とか質問してたりしたのですが、ケニア在住の人たちがみんなやめた方がいいって言ってました。

その理由のうちの一つがこれです。というか、結果パンクになるほど悪路だということでした。

石ころガラガラの山道とか走るなら理解できるのですが、やはり普通の道でも大穴があったり、ランプがあったりしますから、パンクは頻繁みたいです。

私は前にも書いた通り、「奇跡のパンク無し旅行」でしたから、パンク記事が書けなくて大変残念です・・・。

でも運転される方、パンクは覚悟したほうがいいと思いますので、必ずスペアタイアのチェックをしてから車受け取って下さいね。

それから、私は通る道通る道で、どこに修理屋さんがあったか記憶してました。車に何かあった時、そこから何キロぐらい戻ればいいかをいつも気にしてましたので。結局大丈夫でしたけど。

パンクって、いきなり大きくプシューっとくると分かるけど、釘刺さってて少しずつ減っていかれると、結構気が付かなかったりしますよね。だから休憩時とかにもちょっとタイヤ見てみてください。私は休憩時チェックは完璧に忘れてましたけど・・・。

さて、車はさらにナイバシャへ向けて進みます。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。