9日目⑥「ナイロビ国立公園でセルフサファリは乾季で」

Sponsored Link

チケット売り場の女の子とのらちあかない会話も終え、一人ゲートへ。ここで名前と入った時間を書かされました。車のナンバーも書いたかな。
15:14

 

 

このセルフサファリが、私がケニアでする予定だった最後の行事。セダンでもいいから、ナイロビ国立公園レベルでいいから、とにかくセルフサファリがしたかった。セダンでも二度とこの公園には行きませんけど・・・。

でもまだどれほど疲れるか知らない私は、ワクワクしながら入場しました。

入るといきなりランプ。こんな初めから飛ばす人いないと思うんだけどな。
15:18

 

 

どっち行こうかな。私は確か右を選びました。
15:20

 

 

まだまだ何もありません。
15:23

 

 

こっちの二股にはちょっと真剣に迷ったけど、その割にどっち選んだか覚えていません。多分右だけど。
15:25

 

 

こんな風に所々に何か書いてあるんですが、良く見えない。
15:28

 

 

ここでは一眼とコンパクトカメラの両方で撮っており、この二つのカメラの時間がぴったり合っていないため、どちらが先に撮ったものか正確には分かりませんので、もしかしたら順番に誤差があるかもしれません。時間合ってないといっても、3分から5分ぐらいだと思うので、光景に大した違いはないと思いますけど。

降りていきます。
IMG_6224 IMG_6225

 

 

まだまだ道は舗装されていて、サファリが始まっていないのは良く分かったんだけど、いつからどこからサファリができるんだろう・・・。

突き当たりまで行くと、標識が。
15:29

 

 

どっちに行ったんでしょうねぇ。どちらにせよ、舗装は終わり、赤土道になりました。サファリの始まりかな?とか思いながら・・・。
15:30

 

 

でも、草原はあるけれど、動物など何も見えない・・・。
IMG_6226

 

 

あの木まで行けば・・・と思って近寄ってみたけど、何も変わらない。又道が分かれてるだけ。
15:35

 

 

何なんだろうこの異様な公園は。私さっき、5000KES払ったよね。6500円ぐらいかな。動物いるんだよね。大丈夫だよね。

あ、い、いるにはいるような。
IMG_6227

 

 

だけど、ズームでこれじゃダメじゃん。肉眼で見えないもん。

ああ、車が来た。車のがよっぽど良く見える。窓開けて聞いてみよう。
IMG_6228

 

 

通りすがりにお互い窓を開け、情報交換。

覚えてますかね、マサイマラでガイド君たちが無線で情報交換してたの。今度はそれを私が車越しにやっています。

同じくセダンが走ってたわけだから、セダンで十分なのは分かったので安心したけれど、動物がいない。

私 「動物見た?」

彼ら 「見ない。全然いないよ」

だよね。

目印になりそうなものがそっくりすぎて、何を覚えて進んだらいいか分からない。
IMG_6229

 

 

そして、割とましだった道路は、少しずつ悪路になっていきます。
15:41

 

 

上の写真は障害物にもならないくらい全然ましな穴です。ただ、私はこういうところ運転することが滅多にないし、どんどん疲れていきます。

何もない道をひたすら進む。サファリで背景がビルとかっていうのは、この公園じゃないと見られない光景だろうけど、動物いなければただの土地とビル・・・。
IMG_6230 IMG_6231

 

 

なんかほんと、何もない・・・。
15:48 15:49

 

 

サファリが、というか、ここでのドライブが始まってから30分が経過していました。砂利道ではないけれど、こんなところを低速で走るのはそれだけでも疲れます。

でもついに、道が少々ガタゴトに。タイヤが心配になりました。
IMG_6232

 

 

12月は大雨季ではないけれど、やはり少しは雨が降るわけで、道路がコンクリートでない以上、ぬかるみになることは避けられません。

やっと何か出てきた!と思って気が晴れましたが、
IMG_6233

 

 

さっぱり何だか分からない上に、どうでもいいぐらい小さい・・・。

私はどんどん疲れていくばかり。

そこで行く手を阻んだのは、水たまり。右にも左にも。写真撮ってる場合じゃないので写真なしですけど。

深くないのは分かってるけれど、はまりたくはない・・・・。ベチャっと汚れるし。じっと見つめ、自分のスイフトより幅が広いこのトヨタカローラのタイヤの位置を計算しながら、「ちょうどあの隙間にはまってくれるよねきっと」という具合で水たまりの間をくぐって行きました。

そんな状態で、動物がいるかどうかなんてキョロキョロしていられない。冷や冷やしながら水たまりをくぐりました。おかげで車は綺麗なままだったけど、私はもう疲れちゃって。

いくつかくぐってるうちに少し精神的に落ち着き、水たまりの数も落ち着いたので一枚。
15:50

 

 

この水たまりが3つか4つあるような感じでした。どちらかのタイヤは芝生に乗り上げ、片方のタイヤを水たまりと水たまりの間に走らせて通り過ぎていました。

上の写真は平地ですが、段差あるようなところもあったので、ちょっと斜めになりながらのドライブもありました。

ジープとかはすいすい行ってたけど、さすがにこの辺じゃセダンは見かけませんでした。っていうか車ほとんどいなかった・・・。

もしもセルフサファリする予定だったら、乾季がいいんだろうなと思いました。それも、雨季から乾季に移った直後ではまだぬかるみがあるかもしれないので、完全に乾季に移行してから。すごい砂埃だと思うけど。

さて、出発1時間ですでにくたくたな私。もうちょっと頑張ろうとしますが、へたれます・・・。

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。