9日目⑦「頼むからこの変な公園から出して」

Sponsored Link

そんな水たまりを越えてくたくたになってきている私、どんなに疲れようが、こんなところではどうしようもない。

しかも、地図買わなかった。どっちが出口か分からない。

標識なんて要所要所にしかないので、赤土道で分岐されてもどっちがどっちだか分からん。見晴らしはいいんだけど、ピクニックじゃないし・・・。
15:52

 

 

一見平らそうだけど、ガッタンゴットンなのよね。
15:58

 

 

時刻は4時。もう疲れたし。動物なんか見てるひまないぐらいに運転に集中してます。どっち行ったもんか分からないし。人はいないし。車はいないし。動物もっといないし。

それでも、サファリにはそぐわないほどのスピードだったらしく、前の車に追いついてしまいました。
16:11

 

 

因みに、数台すれ違いましたが、一人の人はいませんでした。私だけ。

この公園、結構広大で・・・。地図買えば良かったのかなとも少し思ったんですが、どちらにせよ疲れて運転嫌になってたと思うんで、後悔なしです。

幸い、びっくりすることに、ナビが公園内の道を網羅しててくれたので助かりました。だからと言って、動物発見には何の役にも立ちませんでしたが・・・。

時刻は4時12分。6時前には出口付近にいなくちゃいけないのに、このままではまず無理だと思って、とりあえずの方角だけと思い、お気に入りに登録してあったボマホテルをセットしたと思います。ナビに公園の出口も登録されているのなら、ルート出してくれるだろうと願って。
16:12

 

 

そして進む途中、人だかりならぬ車だかりが。
16:13

 

 

小さな池みたいなものが見えるので、あそこに何かいるらしい。

だけどもういいよ・・・。どうせ大したものいないよ。何がいるか知らないけど。

腰痛いよ。

帰ろうよ。

折角見に行って白サギだったらどうするよ。そんなのたくさん見たしね。

行こうよもう・・・。

帰り道で何かいるかもしれないしさ。まだまだナビだと出口も見えてないし。大体出口かどうか分からないし。誰か見つけて聞かなくちゃ。

そして私はナビの通りに進みます。おそらく出口であろう方向へ。

すると、「又水たまりか」と思って見た先に、何か出てきました。
IMG_6234

 

 

近寄ると逃げちゃうけど、ホロホロチョウでした。
IMG_6237

 

 

何とつまらない・・・・。あれほどマサイマラで見たのに。もっと自然なホロホロチョウ見たのに。

もういいよホント、腰痛い。どこなのよここ。少しは進んだの?
16:22

 

 

タイヤパンクした感じじゃないからいいけど、出口が後何マイル先かも分からない。

でもパンクしたって大丈夫だよねこれなら。外に出るなって言われたけど、タイヤ交換しに外出たって、ライオンに食べられることなんてないだろうってなぐらい動物なんていやしないし。

っていう人間が一番先に運悪く食べられるから、私は多分死ぬな。

ヨルダンでもそうでしたが、「頼むからここから出して状態」になると、あらぬことを考えて止まらなくなります・・・。

ああ、なんか動物がやっと見えたけど、何だろうあれ。
IMG_6238

 

 

きっとあれは動物ではないんだ。ケニア現地の新種の米粒に違いない。

だから行こ。

 

ビル近いかも。てことは、外までそう遠くない。
IMG_6239

 

 

だけど遠ざかって行くな・・・。
IMG_6240

 

 

しかも道つらいんだけど・・・。腰痛いっていうの。
IMG_6241

 

 

左側にビル見えるからあっちに行きたいな。何かいるけど何だろう。犬かな。犬でいいよもう。
IMG_6244

 

 

これは右斜め前。かろうじてこちらも動物。
IMG_6245

 

 

そして進むとただの「運転一苦労」が待ってるだけでした。
IMG_6246 IMG_6247

 

 

何だか動くものに近づいたので、一応ズームで撮ってみるけど、
IMG_6248 IMG_6249

 

 

全く何だか分からない。どうでもいい割に頑張って撮ってる私に40点。

まだ続くか・・・。「ター」が恋しい。
IMG_6250

 

 

腰が痛くておしりを浮かせながら走っている私の前から、やっと一台車がきました。

速度落として窓を開けて話しかけようと思ったら、向こうから話しかけられました。

彼ら 「サイがいたよ!あっちだよ!」

私 「あっちから来たってことは、あっちに出口(入口)あるんだよね?」

彼ら 「あるよ。まっすぐ左に沿って行けばあるよ。そしたらサイがいるから!」

 「大体出口まで何分ぐらいだった?」

彼ら 「20分かからないぐらいじゃないかな。サイは左側だよ」

私 「ありがとう。じゃあねー」

と言って終わったんですが、サイを見てきた彼らが私とすれ違っているということは、私が行った頃には

 

 

100%サイはいませんから・・・・

 

 

こちらはマサイマラ帰りです。動物がそんなに簡単に見られるものではないことは分かってます。食後の昼寝時間ならまだしも。

とはいえ、サイといえば、私が唯一見られなかったビッグ5の一つ。贅沢言うなら見たかったな。

何て思ってる私に見えたものは、インパラとかガゼルとか・・・。
IMG_6252 IMG_6255

 

 

時刻は4時41分。閉園まではまだ時間あるけど、留まる気なし。

全くなし。

でも出口が近いことが分かり、安心した私はやっと近くなったインパラを撮ってみたり。
IMG_6256 IMG_6258 IMG_6259 IMG_6262

 

 

距離は遠いは、車は低いは、小雨季で草茂ってるしで、とてもとても写真撮るような場所ではないけれど、ビルをバックに動物の写真が撮れるのはここだけなんだろうな~。残念。

腰痛いので帰ります。

出して下さい。

さようならインパラちゃん。
IMG_6264 IMG_6267 IMG_6269 IMG_6278

 

 

そして私は、出口へ近づいて行きました。

 

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。