4日目③「ピークタワーへ」

Sponsored Link

ヴィクトリアピークは結構大きく、少し散歩できるほどです。

トラムの最終地点は正確には一番上の山頂ではなく、最高に高いところへ行きたければ徒歩で行くんだと思います。私はちょっと歩いて行ってみたけどすぐやめました。

そもそも夜景はピークタワーの上の屋上から見るということで、徒歩山頂は考慮してなかったし。

そして、皆さんが夜景を見に行くのも、ほとんどの場合このピークワターのことを指してるはずです。

ビルには入れますが、屋上へ上がるには有料です。

でもまあ、早々行っても何もないだろうし、下で時間をつぶしました。

まだまだ全然夜景じゃないし。
IMG_4240

 

 

あれがピークタワーです。上に人がいるの見えないだろうな。この逆側がビューポイントです。
IMG_4241

 

 

多分左上に見えるのが一番の山頂じゃないかな。違うかもしれません。っていうか、違う気がしてきた・・・。
IMG_4243

 

 

ぶらぶら歩きながら、このビルみんな明かりがついたら綺麗だろうな~とは思ったけれど、なんかすごい曇ってるけど大丈夫かなと心配になりました。
IMG_4244

 

 

そしてここからではやはりあまりにも木が邪魔・・・。
IMG_4245

 

 

ズームレンズ持ってなかったので。単焦点だから、この木が省けなかったのです。

ピークタワーに上がらなくても、獅子停からの夜景だけ見る人もいるようです。獅子停って、レストランとかじゃなくて、休憩所みたいになってる場所で、これです↓
IMG_4246

 

 

獅子停から見た香港はこんな感じです。
IMG_4248 IMG_4249

 

 

今思えば、ここからの夜景でも良かったかな。こちらなら無料だし。

右側は鬱蒼とした森みたいになってるので、
IMG_4251

 

 

ちょうど彼のいる位置ぐらいから左側に体を向けて撮るのがいいんじゃないでしょうか。場所取り大変だと思うけど。因みに彼は全然どいてくれなかったので諦めて彼を入れて撮っちゃいました。

左側にはピークタワーも見えます。この写真だと人が立ってるの見えるかな?雲がすごいのも良く分かってもらえると思います。
IMG_4255

 

 

ずっとご覧の通りの雲でした。標高何キロっていうのではないけれど、何百メートルもあるので、曇ってるかそうでないかでは印象が全然違います。そして温度も違います。

薄暗い中少し香港を撮りながら待ってたけど、
IMG_4256 IMG_4257 IMG_4258 IMG_4259

 

 

少し上の方へ上ってみました。そしてすぐやめて戻りました。その途中に見た木です。根はどうなってるんだろう・・・。
IMG_4260 IMG_4261

 

 

そして、成都でも見かけた植物落書き、なぜ字を書くのかと不思議です。日本人にも観光地で落書きして世界的に大恥じかかせてくれた子がいたけれど、何故なんでしょうか。
IMG_4262

 

 

まあ何を書いてあるのかジロジロ見てたわけではなく、もう戻って暖かいもの飲みたかったんですけど。

寒いんだもの。

山頂へ到着した時はまだ暑かったんだけど、高地ですから涼しいわけで、そこへもってきて曇って太陽隠れちゃって。そんでアイスなんかつまみ食いしたし、結局すぐ寒くなっちゃったのです。暖かいお茶飲みたかった。

広場が見えるようなお店に入り、食事時じゃないからだーれも他にお客さんいないなか一人ジャスミンティー。体温まり、カフェインで目も覚める。

夜の7時に目が覚めてもしょうがないんだけど・・。

さて、いざピークタワーへ。エレベーターとかで上がるんでしょうが、全然記憶にありません。

ただ、降りてみたら「小学校の屋上?」というような感じだったのは覚えています。

そしてその小学校の屋上で三脚を立てようとしたけれど、三脚がダメと言われたのか単純に安定してなかったら立てられなかったのか、使えませんでした。

どっちだったかなぁ。

結局持ってきた三脚の出番はなく、カメラを手で持って夜景を撮るはめに・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。