2日目②「バードパーク入場、クジャクに喜ぶ」

Sponsored Link

「どこかに鳥がいっぱいいるところはないかな」、と思ってこの公園のことを知りました。

バードパークという、「そのまんまじゃないか」というような名前の公園ですが、おそらく世界一の野鳥園だと思います(英語のみ↓)。
http://www.klbirdpark.com/index.cfm

 

さて、そんな感じでドライブは終わり、到着したバードパーク、一応平日に行ったのが良かったんでしょうね。駐車場は空いてたし、チケットはちょっとしか並ばなかったし。

カード払いできる窓口があったのでそちらに並び、50リンギットの入場料を払いました。日本円で1435円の請求がきていました。私が行った時は大体1リンギット29円弱でした。結局ほとんど現金払いになっちゃったけど。

バードパークで地図をもらいましたが、特にレストラン等が書いてないようだったので、入口で入場券渡す時にチケットをチェックする男の子に聞いてみました。

「この地図のどのあたりにレストランあるの?」

「レストランはないよ」

「え?何もないの?」

「うん」

「レストランじゃなくてもいいや、カフェとかさ、飲み物飲めるところ」

「それもない」

「じゃあ、ジュース売り場はどこですか・・・」

「ありません」

「・・・。そんなことなくない?屋外じゃないここ?こんな大きな公園で、暑いのに、飲み物売ってる場所ないと、ひからびるじゃない。売ってないなんてことないよ、飲み物だよ飲み物。水とかさ」

「うん。じゃああるよ(OK. Yes there is.)」

 

 

 

 

心の声(何だこの変わり身の早さは・・・。どっちなんだ・・・。じゃあって何だ・・・)

 

 

「あるのね?」

「あるよ」

 

 

彼はきっとこの3秒ほどの間に念力か何かで公園内にカフェを建ててくれたに違いないので、安心して行ってみるか・・・。

 

そして、入場。
IMG_7096

 

 

しょっぱなからおちょくられる。じゃなくて、芸術作品を見る。
IMG_7097

 

 

いきなり上の芸術作品の登場で不安になってたところ、入ってすぐはインコだけで、「大丈夫なのか野鳥園・・・。実はただのお金持ちの鳥好きな人の家の庭では?・・・」と、少々テンション下がる。
IMG_7098

 

暗い場所でのインコじゃしょうがないので、こっちを出しておきます。こんなのいたらしいですが、見えませんでした。
IMG_7104

 

 

 

そして、もうちょっと進みます。
IMG_7105

 

 

池みたいなところに白サギが。懐かしい。ケニアにもいたな。
IMG_7106 IMG_7118 IMG_7120

 

 

そしてまだまだ入ってすぐなのに、いきなりクジャク登場。
IMG_7121

 

 

おおっ。「生まれて初めてクジャクを生で見た」と書くつもりでいましたが、香港記ご覧になった方はご存じの通り、どうやら香港で見ていたらしいです。後姿だけだけど。

だから初めてとは言えないのですが、こんなに近寄れるのは生涯きっとこの日だけですので、やはり記念のクジャク日でございます。

もういきなりクジャクにべったり。カフェのことなんてすっかり忘れてます。
IMG_7160IMG_7159

 

 

みんな撮りたいらしい。
IMG_7162

 

 

そしていきなり羽根を広げました。びっくりです。IMG_7169 IMG_7170 IMG_7171 IMG_7173 IMG_7174 IMG_7175 IMG_7176 IMG_7178 IMG_7179

 

 

こっち向いてよ~と思ったけど向いてくれないので、自ら前へ。
IMG_7185 IMG_7193

 

 

くるくる回り出しまして、真横にきました。
IMG_7194

 

 

・・・。

まあいいか。

この後クジャクは羽根を戻し、散歩し出しました。クジャクがこれしかいないと勘違いしている私はしばらくずっと後をつけることに。
IMG_7199

 

羽ってこんななんですね。
IMG_7202

 

 

ストーカーばりに後をつけますが、
IMG_7203

 

 

何かに向かって怒りだしたクジャクにびっくりして、
IMG_7216

 

 

場所移動。帰りに又クジャク探せばいいやと思って。

白サギともバイバイ。
IMG_7223

 

 

あれ?
IMG_7229 IMG_7233

 

 

というわけで、あちこちいるんですよ。やっぱり世界の野鳥園はクジャクの桁が違った・・・。

ところで、これはインドクジャクで、オスらしいです。メスとオスの色が違うことを知りませんでした。

こちらが近所で餌を食べてたメスです。後で又いっぱい出てきますが。
IMG_7242

 

パプアで見たハトもいました。久しぶり。
IMG_7244

 

 

与えられている餌を食べてるところとか、あんまり野生っぽくないところ見るのは好きではないので、メスをまだ見たかったけれど、場所移動。

既に何だかクジャク慣れ。

 

 

少し歩いてふと上を見ると、暗くて良く見えなかったけれども、アフリカトキコウではないですか。ああ、ケニア気分。マレーシアなのに。懐かしい。
IMG_7259 IMG_7262 IMG_7263

 

 

もう少し行くと、電柱のようなところにクジャクが。全然不似合。こんなところにとまってて可哀想。
IMG_7268

 

 

だけど、「なんだいっぱいクジャクいるんじゃん」、と段々分かり始めてきました。

そしてもう少し行くと、あちらにもクジャクが。
IMG_7270

 

 

と思って近寄ったら、いきなり羽根を広げてくれました。横の女性の服のほうが印象的な気がしますが・・・。
IMG_7271

 

 

そばへ寄って行くうちに、羽を戻されてしまいました。なのでちょっと待ってみることに。

するとあっさりと又羽を広げてくれたのですが、本来クジャクが羽を広げるのは、メスを惹きつけるためのダンスみたいなものだそうで、メスいなかったんだけど何で羽を広げてくれたのかな。威嚇の意味もあるんだろうか・・・。

とにかく羽を広げてくれたので喜んでいたのですが、なんかちょっと違いますよね。
IMG_7292 IMG_7293

 

 

離れるとあまり分からないけど。
IMG_7301

 

 

あの羽の目の玉みたいな模様が中心部にはないのです。何か記憶と違うな・・・と思いながらも撮ってますが、
IMG_7305 IMG_7309

 

 

目の玉模様はそのクジャクによるのだろうかと思ってました。でもそうではなくて、生え変わるらしいですね。だから、時期によってはあの目の玉が全然ないクジャクを見ることになるかもしれなかったのです。

年に一度繁殖期に生え変わるそうですが、マレーシアは気候もあまり変わらないし、いつが繁殖期なんでしょうね。私が行ったのは12月で、結構みんな目の玉ありましたから。

やっぱり目の玉だらけじゃないとちょっとイメージ違いますよね。
IMG_7324

 

 

目の玉の正式名称何でしょうか。目の玉目の玉書くと、目の玉で目玉の親父か何か探してる人の検索に引っかかっちゃうのでちゃんとした名前書きたい気もするのですが・・・。

あ、後ろ向かれちゃった。
IMG_7334

 

 

それでぐるぐる回りながら撮ってたんですが、
IMG_7342

 

 

この写真を撮った後にこの羽が私の体に触れまして、
IMG_7343

 

 

ひえぇぇぇぇっと怖気づいて尻もちつきました。

誰もいなかったので良かったですが、えらい小さなことにかなり恥ずかしいほどリアクションとった瞬間でした。

そしたらクジャクが羽をバサバサやりだして、私はクジャクリンが怒りだしたものだと思い、恐くなっちゃって、びくびくしながらずっと撮ってました。

でもそのうち退屈になり、「他のクジャクがいいや」と浮気心を出して去ることに。

振り返ると、メスにダンス。ああ、これが本来のクジャクの羽広げか・・・。
IMG_7384

 

 

この後もたっぷりダンスを見られましたが、このクジャクリンとはとりあえずここでさよならすることに。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。