カレンダーとメール

Sponsored Link

私の写真は現時点では全くもってただの趣味で、その旅費も全部自費です(普通に行くよりかなり安く行ってることが多いですが)。

私が写真を撮るためだけにしか旅に出ず、全く観光をしないことがあることは前の記事で書きました。

たとえ観光をしていても、そこで写真が撮れないと分かると一気に興味をなくして、行くことすら頭に入れないこともあるのです。例えば、美術館がいい例です。写真禁止だったりするので。

趣味とはいえども、ちょっとただ写真を撮るだけではなく、カレンダーも作っています。毎年10部から20部だけ作り、世界に数個しかない自分のカレンダーを、何人かにプレゼントします。

そのカレンダーは一つの国や都市に絞っていて、ローマの夜景旅行などは、Rome by Night と題したカレンダーでした。だから意地でも夜景だったのです。

そして、毎年作るとなると、当然毎年旅行に行かなくてはいけなくなります。

カレンダーには表紙もあるので、13枚の写真が必要です。そのためには、この素人は数百枚から数千枚ぐらい撮ったほうがいいのです(できれば億かな・・・)。

そして、私は写真の修正をしないしRAWで撮ることもないので、後でホワイトバランス等変えない(か変えられない)し、お天気による写真なら、ただただずっと待ってたりします。オーロラみたいに。

そして、カレンダーの他に、「季節のご挨拶メール」があります。

「○○国より秋のご挨拶」とかそんな感じで、知り合い、特に海外の友達に定期的に送ります。そしてその国は、カレンダーと同じ国だとつまらないので、年に一度しか旅行できないなら、カレンダー国とそこからちょっと違うところへ寄ったりします。

普通の人から見たら変な旅行かもしれないけれど、私にとってはこれがこの上なく幸せなのです。

もちろん、写真のためではなく、ちょっと用事があってその国へ行くこともありますが。そして、家族旅行なんかでは、ろくに写真も撮りません。超極端かも・・・。

でもいくつかは明らかに写真旅行なので、旅行の情報を探している人にとっては物足りないかもしれません。そういった場合のためにこの記事を書いてます。

情報のみお探しの方、「お役に立てず、大変申し訳ありません・・・」。
ブログ開設後以降の旅行は、ちゃんと情報写真もたくさん撮ってきます。食べたものからトイレまで全て!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。