最終日お土産「Boggi(ボッジ)とDaraitti(ダライッティ)」

Sponsored Link

さて、最終日はやっと買い物。

やっとちゃんとした服を着てお出かけです。

これまであちこち歩いていたので、買い物に戻りたい場所は大体目星がついていました。

そして、大切な方にお土産を買うため、事前にホテルのロレンツォ君にブランド名を聞いて、そのお店へ。

メンズブランドなんてさっぱり分からないので、何かいいものないかと聞いてみたところ、彼が3つか4つ候補を挙げてくれたので。

最終的に、ネットで調べて、日本で買えなさそうなBoggi(ボッジ)を選びました。日本で買えると言えば買えたのだけど(個人輸入とか)、値段かなり高そうだったので。

さてこのボッジ、一度夜景撮影の前に訪れていました。行った先はポポロ広場の近くだったんだけど、写真撮るので汚い恰好なうえ、カメラバッグをしょっていたので、あまり店員に相手にされませんでした。

私のカメラバッグは、中を開ければレンズがいくつか入るような仕切りがついており、三脚も取り付けられるようになっているんだけど、外から見ればただのリュック。小さいながらも、普通の人にはバックパッカーに見えるはず。

というわけで、対応してくれたにはしてくれたが、あまり親身になってくれなかった。

そしていざ最終日、ちゃんとした服を着て買い物(これってある意味楽しみ)。

行ったのは違う店舗で、コルソ通りのギャラリアに入っているところでした。

フロアは2階あって、まあ量は十分。ちゃんとした格好だから「買いそう」と思ってくれたのか、店員さん、入るなりびっちりくっついて説明開始。英語のできる人で良かった。

因みにこのボッジ、ローマではなく、ミラノ出身ブランドらしいです。空港にも入ってるはずだけど、多分高いだろうし、品ぞろえも豊富ではないだろうから市内で買いたかったのです。2016年3月追記 ミラノの空港で買ったけど、そんなに高くなかったかも・・・。

ボッジのリンクはこちら(英語)。
http://www.boggi.it/en/

日本に支店はありません(2016年6月現在もありません)。

こちらでネクタイ等色々買った後は、Daraitti(ダライッティ)へ。

ダライッティは、ナヴォーナ広場に行った時に露店として出ていました。革製品と文房具がたくさんあって可愛いなと思って店員さんに話しかけてみました。

まず、輸出していますかと尋ねてみたところ、日本にだけ輸出していると言っていた。日本だけというのは珍しいなと思ったので調べてみたら、確かに日本で売っている。

楽天でも売っていました。まずはボールペン。私もお土産として買いました。

その場で名前を入れてくれました(10EURぐらい)。これは喜ばれました。デザインは違うけど、こんな風に短いやつ↓

その他、珍しい羽ペンも購入。現地では、黒のインクの他に、違う色のインクも選べました。

日本で買うと高いけど、希少価値と輸入手続きを考えると、そのぐらい値上がりしても当然の値段だと思うほど立派なものでした。

私の買ったものはこれ↓より劣るので、現地でも40EURでは買えないと思います。

その他、革のポーチを3つほど購入。スエードでできたもので、日本では売ってない形でした。

ダライッティのサイトはこちら(2016年5月現在、サイトがリニューアルされ、イタリア語のみしかないようです。そのうち英語もできるかも)。
http://www.dallaiti.com/

さて、この他ナヴォーナ広場でお菓子をちょこちょこ買って、スーパーでも少し買い物して帰りました。

この日はホテルの目の前にアーケードを入ったところにあるパン屋兼レストランみたいなところで食事をしたのですが、地図に載っていません。チキン食べたような気がしますが、あまりおいしくなかったですね。

レストランとしては印象悪いのですが、パン屋としてはいいと思います。お土産用のクッキーとかも。アットフォーティーワン泊まったら寄ってみて下さい。

さ、この最後の晩は、夜中じゅう吐きまくりました。

最後の最後にアレルギーか細菌感染を起こしてしまった。おそらく数日前に買って部屋に置いてあったクロワッサンだと思っています。

かなりの湿度出してました。部屋の湿度は普通なのですが、乾燥させたくなく、お風呂にお湯はった状態のままドアを開けておいたり、湿気をわざと出してたのです。

そして、クロワッサンの賞味期限はまだあったのですが、そんなところに置いておいたため悪くなったのではないかと思ってます。

でも、最後の日で良かったです・・・。

ローマ一人旅最初のページへ

Sponsored Link