1日目「ケープタウン到着、空港から市内へ、The African Cafe」

Sponsored Link

マレーシア航空にて長旅を終えて、ケープタウン到着。

いきなり寒い。日本は8月で夏だったけど、南半球は冬でだったので。

まず、ケープタウン空港の税関でひっかかり、スーツケースをチェックされました。

何故か持って行っていた栄養ドリンク(チオビタかなんか)について質問攻めで、一生懸命説明したんだけど、「へえ、そんなものがあるんだ」みたいな感じでしか理解してもらえず。

今なら日本版レッドブルだと言えば理解してくれるかもしれないけど、当時はレッドブルを知らなかったし(当時あったのかな)。

飛行機で出たフルーツ(多分オレンジ)をそのまま食べずに持って出たら、没収されました。何でも持って出ちゃダメですね・・・。

さて、やっと解放されて外へ出ると、すぐ出口。今は拡大・改装済みかもしれないけど、当時は空港小さかったので。

すぐ目についたインフォメーションデスクみたいなところでタクシーを頼むことに。「高い」と覚書に書いてあるけど、いくらか覚えておりません。1万円はしなかったはずです。多分6,7000円。

今はメーターのタクシーがあるはずです。って、当時もあったかもしれないけど、考慮もしてないのでもしかしたら本当になかったかな。

メーターではなく、固定レートのタクシーだったんですね。しかもシェア。今みたら市内までは300ランドから400ランドなので、7円だと2000円から3000円ですよね。当時の為替は倍以上だから、メータータクシーではないけど料金は同じぐらいだったってことかな。

タクシー頼んで外に出ると、もっと寒かったです。ダウンコートを着用。持ってきてよかった!と喜んだけれど、その後そんな薄いダウンでは足りないぐらい寒いことを知りました。

タクシーは、イギリス人男性とシェアだったのだけど、この人、酔っ払って良くしゃべる・・・。先に降りるのは私だからまあいいやと聞いていました。

そしたら、女性の運転手さんが、「ちょっと渋滞しているから、彼を先に降ろしていい?」と言ったので、別に急いでないし、何も考えずに快諾した私。

ところが、言った通り彼が先に降りた後、運転手さんが教えてくれました。

どうやら、「君も一人なのかい。僕もだよ。話し相手が欲しくなったら僕のホテルにおいでよ」という、(私は全く気にしていない)誘いが聞こえたらしく、私のホテルを覚えられては大変と、彼を先に降ろすことにしてくれたらしいです。ちょっと感動しました。女性のドライバーさんならではの気遣いではないでしょうか。

チューダーホテルには1時間弱ぐらいで到着したけど、

 

 

チェックインには早すぎたので、休憩がてらホテルのラウンジで紅茶とスコーンを頂くことに。ちょっとサービスを期待したけど、有料でした。甘かったね・・・。

それから、散歩でもしてみようと近所をぐるっと回り、
26 Aug 19.38

 

 

ケープタウンのインフォメーションデスクへも行ってサイモンズタウンへの行き方などを聞いて、充分時間を潰した後にホテルへ戻り、やっとチェックイン。朝到着はきついよね。体力的にも時間つぶしにも。

覚書には、「きれいで暖房もあり、暖かい」とあるので、最初の部屋は暖房がきいてたに違いないです。

1泊半ぐらいかけて到着してるから、めちゃくちゃシャワーを浴びたかったの。チェックインして部屋に入ったら、すぐに熱いシャワーを浴びました。覚書には、「いい気分でシャワー。やっとのシャワー」と素直に書いてあった。ホント、いいお湯だった。

で、支度してやっと落ち着いて町へ。

ホテルを後ろにして見るとこんな感じです。露店見えますかね?
26 Aug 22.19

 

 

この時は何も買わず、写真を撮りながら近所を散歩することに。

寒い寒いと思ってる中、雨まで降り出しちゃって、屋根で雨宿りと思ったけど、屋根のある家や店がちょうどないという不運・・・。

それでもちろん、ずぶ濡れです。コートは持って行っても折り畳み傘は持って行ってないという中途半端な用意周到だったもので。

雨はすぐ止んだので気を取り直してカメラ片手に歩きだしたけど、やっぱりあんまり寒いので温かいものを飲もうと、喫茶店に入ってみました。

南アフリカでホットチョコレート。誰もいないカフェで、ちょっとオーナーと歓談したのを覚えています。何を話したか覚えていないけど。
26 Aug 23.16

 

 

温まった後、国会議事堂や南アフリカ博物館のあたりをぐるっと散歩しに行きました。影は私なんだけど、鬼みたいじゃない?。何でかな・・。
26 Aug 22.36

 

26 Aug 22.52

 

26 Aug 22.58

 

 

こんな感じでぶらぶらしてから、一旦ホテルへ戻りました。何をしたか忘れたけれど。

 

この日の夕食は、「The Africa Cafe」へ行こうと決めていました。ここのレストランも地球の歩き方に載っていたところです。

ホテルを出てから「カフェはどこですか」と通りのお店の女性に尋ねたら、「歩いて10分ぐらいのところだけど、徒歩では危ないからタクシーに乗っていきな」と言われてびっくり。まだそれほど暗いわけでもないのに、やっぱり危ないのね。

「では、歩かないように・・・」と、走って行くことにした私(本人はいたって真剣)。

 

走って到着したこのカフェレストラン、今もでしょうが、当時も人気でした。混んでたよ。まだ早かったのに、たくさんの人が入って行っていました。
27 Aug 1.43

 

 

予約はしてなかったけど、時間が早かったし、一人だし、ぎりぎり席は確保できたのです。

メニューがおしゃれ。今もこれかな。
27 Aug 2.42

 

 

だけど、一人なのにセットメニューみたいなのを頼んで、とてもじゃないけど食べきれず。
27 Aug 2.34

 

 

人間やはり欲張ってはいけない・・・。連れがいたらシェアできたけどね。

急ピッチで食事を進めたくせに見事に残してウェイトレスさんに笑われた本日の夕食、覚書に、率直に「ご飯は何だか分からなかった」と書いてあります。今でもわからないけど、コリアンダー(パクチ)が入っていたのは覚えています。大嫌いなので。

でも問題はおそらく香辛料にあったと思います。この後、お腹の調子がずっと悪くなりました。カゼもひくけれど、そのせいではないはず。食中毒でもないです。過敏性腸症候群みたいな症状が2日間も続きました。何かにアレルギー反応が出たかも。書いてないけど、結構すごかったです。

だけど、もしもケープタウンへ又行くのなら、もちろんこのカフェも又行きます。南アフリカだけの料理ではなく、一般アフリカ料理みたいな感じだと思いますが、ケープタウンステイなら行くべきカフェではないかと今でも思っています。ただ、一人だとちょっとな。量が多いし。でも、複数で行くなら予約したほうがいいです。一人だったけど、例え一人席でも、もうちょっと遅かったら入れなかったと思うので。
http://www.africacafe.co.za/

 

そして、見事に残したレストランを出た後は、また寒い中走って帰りました。

 

 

本日の覚書最後には、

「早めの就寝。やっとベッド。暖かい。どうかいい旅になりますように」

とあります。

なりましたね。本当に。どんなに具合が悪かったとしても、今でも記念すべきいい旅行です。

 

そしてこの晩、疲れ果てて気持ち良く眠ったら、夜中にケンカの声で起きました。特に窓からのぞくでもなくそのまま寝たけど。「やっぱり危ないのかしら・・・」とむにゃむにゃ夢うつつでした・・・。

翌日は喜望峰へ行くべく、早速サイモンズタウンへ移動です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。