2日目「サイモンズタウンへ、レンタカー借りてボルダーズビーチ」

Sponsored Link

疲れ果ててぐっすり眠った私は、早朝から元気に起床。

私の目的は喜望峰。なので、今日は早速喜望峰に一番近い町、サイモンズタウンまで電車で移動です。車だったら良かったのにな。

チューダーホテルでのおいしい朝食を食べ(口コミの写真です)、駅まで歩きます。

曇っていて薄暗い。冬だしね。
27 Aug 16.31

 

 

駅までの道で、牧師さんに声をかけられました。教会へ行くんだけど、一緒に来ないかって。宗教勧誘だと思って世間話しをしながら駅まで歩いていたら、最終的に結局ただのナンパだったことに気がつきました。牧師さんてナンパありなのね。

なかなかしぶとかった牧師さんをやっと振り切って、改札へ。休日だったからか、人気はありません。早目に出ちゃったので待ち時間が長く、人がくると「待ってました」とばかりに話しかけてました。
27 Aug 16.50

 

 

ケープタウンからサイモンズタウンへ走っているこの電車は、今見たところ、The Southern Line Rail Route と言うそうですが、観光HPみたいなものによると、必ずしも時間通り毎日運航しているわけではないのでお問い合わせをということです。

これが運行会社だと思うのですが、ローカルしか出てないような・・・。Western Cape Rail Map が喜望峰側へのルートですが、こんなにたくさん駅に停まった覚えはないもので。
http://www.metrorail.co.za/

私は予約もなく直接駅に行ってますが、時間は前日インフォメーションデスクで確認していたはずです。

さて、やっと乗車時間が来て車内へ。

安全のためにファーストクラス席を買ってあったんですが、「ここはファーストですか?」と3人に確認してしまった。
27 Aug 17.23

 

 

ファーストじゃなくてワーストかも・・・と思い始めたけど、考えてみればちゃんと座れる席があるだけましかな。今はもっと綺麗だと思いますよ。
27 Aug 17.23b

 

 

電車の中では子供連れの男性二人がいきなり楽器を弾きだして、結構感動でした。

27 Aug 18.04

27 Aug 18.04b

 

 

でもそれもつかの間、募金を募られたので、はっとしました。これが私の初めての「電車内弾き語り遭遇」だったので。そういうやり方もあるのか・・・と思って。でも彼らは電車弾き語りでは一番の歌唱力でした。

サイモンズタウンまでは1時間もなかったと思うけど、途中海が見えてからは、窓からの景色に目が離せなかったです。海の向こうには喜望峰。もうすぐ着くんだ。大陸の果てへ。

どうしようもない写真ですが、どうぞ。
27 Aug 18.13

27 Aug 18.14

27 Aug 18.18

 

 

海は絶景なんですが、相変わらず寒いんですね。特に海風だし、窓を開けて鼻水だらだら流しながらへたくそなりに写真を撮ろうと試みてたんですが、
27 Aug 18.27

 

 

この突然の柵に少々焦りまして。ぶつかるほど近くはなかったんだけど。
27 Aug 18.32

 

 

でも、ひるみながらも頑張ってたんですね。
27 Aug 18.33

 

 

そしたら、コンパクトカメラのストラップが切れてしまいました。強く引っ張り過ぎたかな。

ストラップなしの手持ちでカメラ窓から落としてしまってはいけないので、あっさり窓から退散です。

そして、ほどなくサイモンズタウン駅に到着。
27 Aug 18.36

 

 

ホテル探しのため、とりあえずインフォメーションデスクを目指しました。
27 Aug 18.44

 

 

ちょっと遠かったらしいですね。

小さいスーツケースをガラガラひいてたら、話しかけてきた男の子に、「バックパッキング旅してるんだね」と言われました。この彼の一言で、「バックパッカーはスーツケースでもいいんだ」と思うようになりました。彼は現地の人だからすぐ行っちゃったけど、友達になっておけば良かったな。

到着したインフォデスク、ホテルの数も少ない上、高いものばかり。セルフケータリング(コンドミニアムみたいなやつ)で、手頃な値段のものがあったので、そこを予約してもらいました。1泊5000円ぐらい。それが当時の私の予算だったので。

まずそのホテルのオーナーの家に行かなくてはいけなかったのですが、徒歩ではちょっと遠いとのことで、移動は南アフリカ版のタクシー、リッキー(写真ないです、すいません)を使いました。値段忘れたけど。

マウテンンバイクに乗った人たちがどんどん南へ行くのが見えました。喜望峰までは歩いて行けるかなぐらい思っていたけど、そんな距離ではないらしかった。ああ、ストリートビューがあの頃にあれば大体予想できたのに・・・。

ケープ半島は、交通の便が良くありません。道は舗装されてきれいですが。

従って、もうこれはレンタカーだなと決意。万が一に備えて国際免許を持って行ってあったので。

ホテルのオーナーはホテルより少し離れたところに住んでいました。到着してから、レンタカーの手配をついでに頼みました。

すごく大きなお家。あれが普通なんだろうけど。

海の近くだし、こんなところに住んでいるなんて羨ましいなと思いながらベランダの椅子で待っていると、やっとレンタカー会社が見つかったみたいです。休日なのでいっぱいだったか閉まってたかで、探すのに時間がかかったらしいです。

そのやっと見つけたレンタカー会社は空港にあるので、サイモンズタウンまで車を持ってきてもらうのに出張料をとるとのことでした(結構そういうの無料なところが多いけど、遠すぎたのかな)。しかも、何と1日では貸してくれなかった。最低3日。今考えれば丁度良かったんですけどね。

車はホテルに届けられるということで、そちらで待つことに。オーナーが車でホテルまで送ってくれました。

待つこと数十分、来たのは何とニッサン車。
27 Aug 21.48

 

 

ちょっとがっかりです。外車に乗りたかったので。

だってだって、何と言っても、これが私の初めての海外運転。

初めてが南アフリカだなんて、かなり贅沢だと思っています。

そしてこのドライブは、今でも人生で二番目に最高なドライブになってます。しばらく1番でしたが、アイスランドに抜かれましたので。色々な意味でケニアドライブに勝るものはないような気もするけれど・・・。見晴らしで言ったらやっぱり二番目ですね。

日本車は安定感あったし、結局良かったのかもしれませんが、免許こそ持ってはいたものの、車に乗る予定はなかったので、地図がなかったんですね。

地球の歩き方の使いものにならない地図ならあったんですが。

まあ今日はもうそろそろ夕方だし、近所だけ行くことにしました。とりあえず、ペンギン見にボルダーズ・ビーチまで。

ここは迷わず到着です。一本道だから迷いようがないんですが。とんでもなく近所だし。

 

 

ビーチのHPはないみたいなので、ケープタウン観光HPのページをつけておきます。
http://www.capetown.travel/attractions/entry/Boulders_penguin_colony

 

 

 

あんまり近くには寄れないんですね。
27 Aug 22.38

27 Aug 22.39

27 Aug 22.41

 

 

遠すぎて迫力ないから、ちょっと逆側へ。
27 Aug 22.47

 

 

と、その途中で橋の下にペンギン発見!
27 Aug 22.52

27 Aug 22.52b

27 Aug 22.52c

 

 

だけど、橋を渡りきってしまうと、又遠い。。。
27 Aug 22.55b

27 Aug 23.00

 

 

なんか迫力ないなぁと思いながらペンギンとバイバイです。あんまり面白くなかったかも・・・。

まだ少し明るかったので、喜望峰へ向かってドライブしてみることに。単純に下見です。どのぐらいの距離かなと思って。

まあ、「ああ、レンタカー借りて良かった」、と思う距離でした・・・。誰ですかね歩こうなんて思ってたのは・・・。

しかも、喜望峰エリアへ入ってからすぐではないので、本当、車借りて良かったです。

夕食は、サイモンズタウンのレストラン街(と呼んでいいかどうか)みたいなところで食事。

本日の覚書には、「魚を食べた」と書いてありますが、写真はこれ。
28 Aug 2.17

 

 

9年後の私には肉に見えるけど、タルタルソースみたいなのついてるから魚なんだろうな。大体本人がそう書いてるし。。。

のんびり食事してホテルへ戻り、シャワー。

夜で寒いから2分ぐらいシャワーを出しておき、温まったところで「さて入りますかと」入ったら水になってしまいました。

「ヒャー!!!」とすぐ逃げて、ベッドに直行。私はシャワーについてないのです。

オーナーに電話したら長く出しすぎとのこと。太陽熱発電みたいでした。

そして、初日に大雨に打たれ、次の日に水浴びををした私は、翌日にしっかりとカゼをひくことになるのです・・・。

Sponsored Link

2日目「サイモンズタウンへ、レンタカー借りてボルダーズビーチ」」への2件のフィードバック

  1. 二日目の旅行記の更新をありがとうございました。ちなみに私もコメントへの返信方法がわかりませんが、前回はメールアドレス欄を空欄にしたから返信がでなかったのかも
    しれません。今回は入力をしてみました。電車のファーストクラスは傑作ですね。まさにワーストですね。昔の映画などにでてくるニューヨークの地下鉄のようでよく女性ひとりで乗られたなと感心します。ミュージシャンは、海外に行くと結構ありますよね。なんだお金かよ!ってこと。列車の車窓からの景色は綺麗でしたね。遠目のペンギンの写真も周りの雰囲気が伝わってよかったです。海外でドライブなんて夢だな。喜望峰の写真をたのしみにしています。

  2. ありがとうございます。コメントは自分で他の人のブログに書くのと同様に入れるらしいのですが、メッセージに普通のメールとかのように「返信する」という文字があるかと思いきや、全然見当たりませんでした。まだまだ謎のシーサーです(;´Д`)
    本日はホテル記事となりますので、喜望峰は又後日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。