3日目①「朝日から喜望峰までずっと感動、でも具合悪い」

Sponsored Link

朝6時頃かな、目が覚めたのは。

太陽の出番はまだで、月の出番の最中でした。
CIMG0783

 

 

あたりはまだ真っ暗。
CIMG0784

 

 

何だかまだ時間がありそうなので、先にシャワーを浴びることに。

水浴びになってはいけないと、カラスか私かというほどの早業で体を洗い、髪はシャワーでは洗わず、キッチンで洗いました。冷水になったら嫌だし。

 

 

そして、髪を洗っている間に、お天道様が少しずつ登場してきました。
CIMG0785

 

 

おはようございます。
CIMG0786

 

 

何の苦労もなく部屋からこんな風に朝日が見えるなんて、すごいことよね。何て貴重な体験をしたのだろう。

何てことには現地では気が付くこともなく、せっせと支度をして、ちょっと鼻水だらだらでカゼ気味だけど、今日も一日元気に始めることにして、ドライブ開始。
CIMG0787

 

 

いざ、喜望峰へ。

喜望峰までは一本道なので迷いませんが、妨害する者ありでした。
CIMG0788

 

 

日光みたいだなと思いながら走っていると、もっと出てきた。楽しかったよ。
CIMG0789

 

 

自然はいいなぁ。

 

 

数キロ先の喜望峰ですが、「車でぎりぎりまで行って降りたら喜望峰」、というわけではないです。

まず自然保護区へ入り、お金を払います。もちろん車でね。徒歩じゃ遠いよ。

 

 

自然保護区内はとてもきちんと整備されていて、運転もいたって安全です。そして、何もないので見晴らしがいい。
CIMG0790

 

 

入った後、喜望峰ではなく、まずは、「喜望峰が見える」ポイントへ。

大きいので、離れたところから見ないと、喜望峰の上に立っててもなんだか分からないのです。

 

 

ちゃんと駐車場があったので、そこに停車。
CIMG0833

 

 

駐車場からの景色。
CIMG0835

 

 

下を見るとこんな感じ。車、落ちなくて良かった・・・。
CIMG0837

 

 

因みに、このビューポイントから喜望峰までは、往復徒歩1.5時間だそうです。喜望峰が見える丘はこの写真の高台です。
CIMG0799

 

 

少々高いので、ケーブルカーもちゃんとあります。ケーブルカーが大好きな私は往復で買いたいところだったけど、帰りは歩きで、行きだけケーブルカーにしました。

そしたら、あっっっっと言う間に着いちゃった。

 

 

始めまして、喜望峰様。
CIMG0816

CIMG0817

CIMG0821

 

 

喜望峰ほどの場所の写真を3枚しか撮っていない私の馬鹿さ加減はすごすぎる。

あれだけ時間かけて行って、たった3枚。

信じられない。

今じゃ一つの旅行で2000枚以上撮ることもあるのに、たった3枚・・・。

 

 

ビューポイントから下を見て一枚撮っていますが、これ、あんまりいらないし・・・。
CIMG0818

 

 

でも、このビューポイントで、しばらくボーッと眺めていたのは覚えています。

「こんな地球の端っこまで来たんだぁ」と一人で感動していました。朝早かったから誰もおらず、独り占め状態でした。

 

 

喜望峰はこの旅のゴール。もうゴールに着いちゃったの?

 

 

色々思うところもあったけど、椅子もなかったし、のんきに座っていられるでもなく、海風は強いし、もういいか・・・と、降りていくことにしました。

だけど、すぐにゴール到着で一気に緊張感がなくなったのか、様子がおかしい。

 

 

具合が悪いらしい。気分はいいけれど。ご機嫌ではあるけれど。

 

 

ちょっとフラフラしながら、徒歩にて下へ。
CIMG0822

 

楽しい下り坂でした。
CIMG0831

 

 

このビューポイントを独り占めしたければ朝早く行くべきだと思います。

 

 

さて、続いては、喜望峰の見える場所ではなく、喜望峰へ。徒歩移動ではなく、車移動でした。どのぐらいの距離を走ってどこに停めたかは全然覚えていないけど。

 

 

だけど、到着してみたら、ただの崖とか海岸にしか見えなかった・・・。
CIMG0840

CIMG0842

 

 

一応、英語で喜望峰と書いた看板があるのですよ。だけど、その看板の写真が、自分が写っている写真しかないのです。

サイトオーナーが邪魔だという悲しい写真ですが、おまけにスナップ写真とか嫌いなのだけど、これしかないので仕方がなく載せます。看板だけ見て下さい。行った証拠なので・・・。
CIMG0843

 

 

だけど、やっぱり全景じゃないと喜望峰って感じがしないので、ここは記念写真を撮りに行くこととして、喜望峰はやっぱりさっきのビューポイントに行くべきだと思います。

 

 

さて、海岸線にはいくつか立ち寄れるところがあって、車も止められそうなので、何か所か寄ってみました。
CIMG0849

CIMG0852

CIMG0853

CIMG0860

CIMG0862

 

 

そして、あっという間に喜望峰をあとにし、見晴らしよろしい道を戻って行くじゅんこ。海外初ドライブ、特に緊張感もなし。
CIMG0864

 

 

では、ランチをしにサイモンズタウンまで戻ろう。というか、当時はそこまで戻らないと何もなかったし。多分今もないだろうけど。

 

 

そして、運転しながら、どうしてもなんかやっぱり具合が悪いなあと思い始めます。

でも、喜望峰は大満足。楽しかった。でも具合が悪い。けど、お腹がすいたよ。

 

 

そんなこんなで、サーモンを。これ、おいしかった。海沿いですからね、海鮮がいいと思う。どこのレストランか覚えていないけど、2階のテラス席でした。ほぼ満席で賑わっていた。
CIMG0866

 

 

さて、喜望峰が意外に早く終わっちゃったので、午後はどこへ行こうかな。

 

 

なんて考えていたから、まだ少しは余裕があったみたいです。熱は上がり始めていたはずだけど。

Sponsored Link

“3日目①「朝日から喜望峰までずっと感動、でも具合悪い」” への2件の返信

  1. 喜望峰の写真がたくさんあってどれも綺麗でした。ありがとうございます。途中の妨害者にはびっくりですね。ちょっとこちらをみてて怖いですね。喜望峰への道のりは街からかなり離れた場所にあるのは驚きました。アフリカ大陸の最南端でなんだか感慨深いものがあります。喜望峰というネーミングが学生時代に地図を眺めていたころから強く惹かれるものがありましたので、お陰でやっとその壮大な姿をみることができました。作者登場でますます人気がでてしまいそうですね。追伸 ブログを投稿する画面の左下の方にディスク使用量のところの下に”追加申請”というのがあるのでそれをクリックすると管理者に申請ができますよ。私も2回くらいして両方とも申請を受けて頂きましたが、いまはもう一番安い有料のプランにしてしまいました。容量を気にしないでブログを書けるので個人的には満足しています。

  2. やっと見た壮大な姿、あんな写真で申し訳ございませぬ( ;∀;) 本当はもっと迫力あるんですよ!もう一度行って撮りなおしてきたいぐらいです。
    追加申請、残り30メガぐらいになったら出るみたいですね。まだ出てきません。とりあえずあと二つぐらいは旅行記アップできるかな?もうちょっと写真増やしたいので、容量多いほうがいいですね。それでは、ちょっと続き書いてきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。