5日目「ケープタウン市内へ戻る、テーブルマウンテン中止」

Sponsored Link

今日は朝日は撮らなかったようです。

ホテルを出て、大急ぎでケープタウン市内へ向かいました。

大急ぎなのは、距離はそれほどないものの、地図がないから迷う可能性があったためです。

と思ったけれど、あっさり着いちゃいました。

 

途中のスタンドでガソリンを入れようと思ったら売り切れと言われました。ガソリンも売り切れるんだ・・・と思ったんですが、その後どこで入れたか記憶にありません。空で返してはいないと思うんだけど。

とりあえず着いてしまったテーブルマウンテンへ上がりたくて行ってみたけれど、ケーブルカーは雨で乗れないとのことです。上のすごい霧見えますかね?
CIMG0917

 

 

この団体の修学旅行のような学生たちは何だろうと思いながらも、退却。宿泊場所を探すことに。

市内へ降りてから上を見上げると、やはり霧が濃かったので、この日はケーブルカーを諦めました。
CIMG0918

 

 

バックパッカーの宿に泊まりたかったので、こっちかなと思う方へ行ってみました。するとすぐ見つかりました。迷わないなんてすごく珍しい。2016年2月、今見たらすごい近いから迷えないよね・・・。

シャワー付きの部屋をとり(口コミは次ページです)、荷物を置いてウォーターフロントへ。

レンタカーはバックパッカーの宿の駐車場に置き捨てしますとレンタカー会社に電話をして、フロントに鍵を渡してウォーターフロントへバスで行きました。
CIMG0919

 

 

ウォーターフロントは良く整備されてるし、とても都会でした。
CIMG0920

 

 

そしてこの港には、ヴィクトリアショッピングセンターという大きなショッピングセンターがあり、お土産から日用品、洋服まで何でも揃います。
CIMG0923

 

 

アフリカのジャンベという太鼓、知ってますかね。

このショッピングセンターではジャンベも売ってました。実はちょっとそれが見たかったのです。たたけないけどね。

今は大分洗練され、ブランド品とかもたくさんあって、あんまりこういう伝統的な楽器はたくさんないかもしれません。ただ、駐車場は広いし、買い物には楽しいです。ケープタウン行くなら一度は行っておいた方が、買い物忘れしなくていいかも。
http://www.waterfront.co.za/

私が行った時はジャンベ店が何件かあり、そのうちの一つのジャンベショップのオーナーと少し話しをしてました。叩かせてもらったりしながら。

だけど時間になったので、明日又来るねと言って店をあとにしました。

市内へ戻ったので、石屋さんで会ったフランス人の女性の家へ行くことになっていたのです。電話したらバスでおいでとのことだったので、ウォーターフロントから又バスに乗ることに。

バスの運転手さんに降りたい停留所を言って、着いたら教えてねと頼みました。

バスの窓からケープタウンを眺めていると、次々にみんな降りて行き、ふと気が付くと私だけ。

すいてるだけかなと思って座っていると、運転手さんが振り向きました。

そして、びっくりした顔して、

「ごめん忘れてた!」、と。

どおりで随分長いなと思ったけどね。

このまま戻るからそしたら降ろしてあげるということで、今度は忘れず停まってくれて、無事彼女の家に到着しました。

彼女の家には入るなり石だらけで、軽く見積もっても千個以上の石がありました。

私はただのパワーストーン好きですが、彼女は原石好きだったみたいです。こんな石が家中に千個以上でした。
CIMG0925

 

 

床にも入れ物に入った沢山の石。見えるかな。
CIMG0924

 

 

私とはレベルが違う石レディーでした・・・。

石のためではないだろうけど、彼女の家はとても寒かったです。彼女自身毛布みたいなのにくるまっていたし。

「良く分からない料理をご馳走にな」ったらしいですが全然覚えてません。ひどい奴ですね、すいません。。。。ごちそうさまでした。

そのうちカゼがひどくなったのを見かねた彼女が、そろそろ帰るかと聞いてくれました。正直、ちょっと前から帰りたかったです。あまりに寒すぎて・・・。

娘さんに挨拶した後、ホテルまで送ってくれました。

よろよろ歩いて部屋へ行く途中に見えたラウンジで、バックパッカーのみんなが楽しそうにしていました。

「具合が良くなったら私も明日ここへ来よう」と思いながら、今日はとりあえずお部屋へ。

翌日逃げるように出て行ったので結局ラウンジへは行ってないけど。

Sponsored Link

5日目「ケープタウン市内へ戻る、テーブルマウンテン中止」」への2件のフィードバック

  1. 霧が出ていたのは残念でしたね。晴れていたら眺めがよさそうですね。石屋さんでであった女性の家への訪問はさすがに旅慣れていますね。声をかけたのもかけられたのもそういうオーラというか雰囲気があるのでしょう。石好きだけあってたくさんの石が家にあり、綺麗ですね。石というとその辺にころがる灰色の何の変哲もない石を想像してしまっていましたが、写真で見るとなるほど魅了される訳もわからないでもないなと感じました。

  2. 石ってやっぱりそういうイメージですよね。ブレスレットの写真も今度アップしたほうがいいですね。ああいう原石で何万円もするのとかありますし、あなどれないんですよ~。アフリカから輸入したパワーストーンも日本で結構高く売られてるし、色々買ってくれば良かったかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。