ケープタウン安宿「ザ・バックパック」口コミとバックパック宿特集

Sponsored Link

駅からはちょっと遠いこのバックパッカーの宿、人気あるらしいですね。

何故自分が行きたかったのかは全然覚えてないけど、車でケープタウンに戻る前からここに泊まろうと決めていました。

駐車場あるので、車ある人にはいいですよ。

じゃあ泊まってどうだったかというと、かなりショッキングな思い出です。

以下、私の覚書より。

「見つけましたバックパック。びっくりです。暖房なし。何とかパネルヒーターのある部屋を借りた。でも5千円。高い。パネルヒーター、セントラルヒーターみたいだからあったかいかなと思いきや、その晩地獄。夜部屋に帰って、びっくり。パネルヒーターはパネルしかあったかくない。ドライヤーつけっぱなしにした方がまだ暖まったのではないだろうか。ひきつりながら、何でもいいからもう寝ようと就寝。ああそうそう、湯たんぽありましたから。。。。」

これ、お部屋です。見苦しい荷物すいません。湯たんぽ見えますかね。
CIMG0928

 

 

余談ですが、帰国後プリントアウトしたこの写真を見た知り合いのおばあちゃまに、

「おやあんた、一人旅じゃなかったんだねぇ」

と言われてしまいました。

海外ではシングルの部屋の方が少なく、一人でもダブルやツインになることが多いのです。

その上私は、ダブルやツインの方が部屋が少し大きいことが多いので、一人でダブルのシングルユースにすることがあります。

この時はドミトリーじゃなくて、シャワー付きで、しかも暖房優先だったのでちょっと高めの部屋を借りたはずです。そして、そういう高めの部屋の場合、シングルになることはまず滅多にありません。

というわけで、私はこのおばあちゃまに、

「一人旅をしてるフリをして実は男と旅している」

という勘違いを抱かれたまま終わってしまいました。もう忘れてるだろうからいいけれど。

ところで、今見たらかなりの大改装をしたもよう。そして口コミもすごくいい。下記はトリップアドバイザーの口コミで、2017年9月現在、何とケープタウン市内で4位。日本語の口コミも出てます。
トリップアドバイザーの口コミへ飛ぶ

私はお世話になることはなかったけど、旅行代理店も入ってるらしいし、ラウンジで色々遊べるし、バックパッカーたくさんいるし、いいと思います。

もちろん今はちゃんと暖房もあるんじゃないでしょうか。

当時の外観はこんなでしたが、
CIMG0929

 

 

ブッキングコムの写真で見ると外装も塗り替えてます。2017年9月現在、まだ日本語と英語半々みたいですが、写真がめちゃくちゃいい感じかも。
ザ バックパック(The Backpack)

 

 

1泊して逃げるように出て行ってしまった私の模様は、次記事で。

 

 

2017年9月追記
ケープタウンには、「バックパック」とか「バックパッカー」と名のつく宿泊施設がいくつもあるようなので、私が泊まったものと区別する目的と、安宿特集としていくつか掲載します(他にも安宿はたくさんあるはずです)。

Riverlodge Backpackers

Anzac Backpackers

District Six Backpackers

ビッグ ブルー バックパッカーズ(Big Blue Backpackers)

ホームベース ケープタウン バックパッカーズ(HomeBase Cape Town Backpackers)

Observatory Backpackers

キンボ ロッジ バックパッカーズ(Kimbo Lodge Backpackers)

33 South Backpackers

Green Elephant Backpackers

Long Street Backpackers

A Sunflower Stop Backpackers

Forty8 バックパッカーズ ホテル(Forty8 Backpackers Hotel)

Wish U Were Here Lodge and backpackers

アトランティック ポイント バックパッカーズ(Atlantic Point Backpackers)

Awesome Backpackers

ザ B.I.G バックパッカーズ(The B.I.G Backpackers)

Sponsored Link