6日目①「ホテル移動、ジャンベつながり」

Sponsored Link

一晩中とっても寒かったバックパックの宿の夜を乗り切り、朝になってシャワーを浴びにバスルームへ。

だけど、待てど暮らせどお湯にならず。冷たい水しか出てきません。

僧侶じゃあるまいし、こんなカゼの体に冷水など浴びたらこじらせちゃうじゃないか。

こりゃあ大変と、即最初に泊ったチューダーホテルのレシートを見て電話しました。バックパックの宿では電力供給不十分と見切りをつけて、ホテル移動を決意したのです。

チューダーホテル、幸いお部屋は空いてるとのことでした。ただ、同じ部屋ではないと言われました。

どんな部屋でもここよりはましだろうとは思ったけれど、カゼをひいてるので、暖房付きの部屋がいいと言ってみました。

暖房つきの部屋はあるけれど、パネルヒーターだとの返事。またパネルヒーターか・・・とは言わず、「それ、暖かくないでしょう・・・」と呟いたら、今からつけておいてあげるというので、「ありがとう!」と出発。

バックパッカーズには連泊と言ってあったけど、急に知り合いが泊めてくれることになったのでキャンセルしたいと言って出て行きました。

何もせずに出ていくのは癪に障るので朝食食べてから出て行ったけど、急ぎ過ぎて預けてあったデポジットを回収するのを忘れてチェックアウトしてしまった。50ランドぐらいだったかな。もったいない・・・。

小さなスーツケースを朝っぱらからガラガラひいて、徒歩のすっぴんでチューダーホテルへ。この人気無く寒い朝に響くキャスターの音は今でも忘れません。

そして最初に泊まったチューダーホテル到着。

安堵の溜息もつかの間、諦めの溜息・・・。

 

 

 

 

パネルヒーターって、絶対に半径5センチしかあっためてくれないのね・・・

 

 

 

 

 

仕方なく、妥協の解決策として布団をもう1枚下さいと頼んでみました。

覚書には「もういいよこれで」と書いてあります。

ま、暖かいシャワーだけでも救いでした。部屋は寒いけど、お湯はちゃんと出ましたから。

ホント、この時のシャワーも気持ち良かったですね。「ぬくぬく」って感じで、生き返りました。

さあ、ホテル移動を終え、本日もウオーターフロントへ。

あまりに寒かったので、まずヴィクトリアショッピングセンターでパーカーを買いました。ダウンの下に着ようと思って。これ、5000円ぐらいはしたような気がします。このパーカー、多分ハンドメイドなんだけど、すごく暖かいです。そして9年後の今も持ってます。今見たら、ケープタウンって入ってました。
DSC_0155

DSC_0156

 

 

値札とか取ってもらって、早速ショートダウンの下に着ました。それでも寒かったけど、大分ましになったかな。

それでは何か食べましょ、とフードコートに行き、タイ焼きそばを。何でこんなもの食べたんだろう・・・。最悪でしたね。
CIMG0930

 

 

そして、嫌そうに焼きそばを食べてると、どこからか日本語が聞こえてきましたが・・・。

どこからかって、隣じゃん!

ということで、ちょっと話しかけてみました。男性3人で、撮影に来ていたらしいです。この日の夜はロンプラに載っていたライブハウスに行くつもりだったので、そう言ったら、一緒に来たいとのことでした。そして、夜再び会う約束をしてお別れ。

すぐ、ジャンベ太鼓屋さんへ。今日又来るとオーナーに約束してあったので。でも、行ってみると誰もいません。ところで、ジャンベとはこんな太鼓です。
CIMG0931

 

 

向かいのジャンベ(こちらもジャンベショップ)屋さんで聞いたら、すぐ戻ってくるというので、お店でオーナーを待つことに。ホントにすぐ戻ってきたから、お昼だったかな。

本当は私、小さなジャンベをお土産に買って帰りたかったんです。弾けなくてもいいから。だけど、小さなジャンベでも大きくて、持って帰るのは無理と諦めました。でもジャンベのライブは絶対に聞きたかったのです。

そしてチラリと、「今日ライブハウスに行くんだ」とオーナーに言ったら、そのお店はもうやってないよと教えてくれました。

ロンプラを見せてこの店だよと言いますが、やっぱり今はやってないとのこと。

ぽかんとしていると、彼がドラムサークルに連れて行ってあげようかと提案してくれました。

このサークルは、彼がいつも参加しているもので、週に1回だったか2回だったかやっているローカルなサークルです。次の開催は翌日でした。

ということは、今日の夜は別のところへ行かなくてはいけないな。さっき日本人グループと約束しちゃったんだけどな・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。