6日目②「テーブルマウンテンを遠くから、ママアフリカ」

Sponsored Link

行こうと思っていたライブハウスが閉店とのことで、私一人だったらいいけれど、ヴィクトリアショッピングセンターで会った日本人をそこへ連れて行くということになっていたので、自由気ままというわけにもいきませんでした。

今ならみんな携帯持ってるけど、当時は海外へ携帯持って行く人はめったにいなかったです。私はソフトバンク(当時のヴォーダフォン)だったから海外で利用可能でしたが、向こうは携帯を持っていませんでした。

というわけで、連絡もできず。待ち合わせは3人が泊まっているホテルで、待ち合わせ時間はまだまだ先でした。

悩んでても仕方ないので、予定通りウォーターフロントからサンセットクルーズへ。ジャンベショップのオーナーとはひと時のお別れです。

ウォーターフロントから出ているこのクルーズは、別にサンセット時間じゃなくてもあるんだけど、私はサンセットが良かったのです。朝日は見たし、今度は綺麗な夕日を・・・

と思ったけど、寒い寒い寒い寒い寒い!!!

お客さんは私だけで、雨も降ってないし、デッキにも出られたけど、とてもじゃないけど寒くてダメでした。鼻水だらだら。パーカー買っても、海風相手には戦にもならず。

それでもテーブルマウンテンだけは外に出て撮りました。ゆらゆらだったから曲がったけど。
CIMG0933

CIMG0932

 

 

そしていよいよ夕日の時間。でも船は大荒れなのでまっすぐ撮れません。よく吐かなかったな。
CIMG0937

CIMG0936

CIMG0935

 

 

しかも曇ってしまって綺麗な夕日撮れませんでした。そのうち真っ暗になってしまったので諦めました。あっという間だったな。
CIMG0939

 

 

さあ、そろそろ時間かな。

どうやって行ったか全然覚えていませんが、3人が泊まるホテルへ行きました。しばらく外で待ってると、ようやく3人登場。

とりあえず事情を説明して、違うライブハウスへ行くことに。そして、何故か忘れましたが、彼らのお部屋へ行きました。薬もらったのかな。

この時、3人のうちの1人の人に、「旅先で病気になると、不安にならない?」と聞かれ、返事に困ったのを良く覚えています。

「ううん・・・別に・・・」とボソッと言ったら、もう1人の人が、「一人旅慣れてるから大丈夫なんだよ」と代わりに返事をしてくれましたが、私本人はそんなつもりでもなかったです。

旅先で病気になって不安になる人は、一人でいるだけで頻繁に不安になるのではないかなと思いましたが、考えさせられちゃいました。日本だったら一人で病気になっても不安にはならないのか、病気の時に隣に誰かいたらその人が頼り無くても不安にはならないのか、とか、色々。

今でも海外で一人ぼっちで具合悪くなって不安、というのは分かりません。すごい事故に遭ったとか、そこまでひどい話なら別だろうけど、いずれ治るであろう具合の悪さは別に何とも思いません。おそらく私は、その程度の孤独感は、幼い頃に失ってしまったんだと思います。本気で一人旅をする人はみんな同じだと思っています。違うだろうか・・・。

さて、別の場所へ行こうということになり、行ったのは、ママアフリカでした。HPはこちら。
http://www.mamaafricarestaurant.co.za/

ライブハウスというか、レストランバーのようなところ。場所はここです。

 

 

 

3人は車だったので、一緒に乗せて行ってもらいました。その辺に路駐したのですが、見張り番みたいな人たちがいて、いくらか小銭を渡さなくてはいけません。渡したのは帰りです。

ママアフリカもいいカフェで、大混雑でした。私はここで生まれて初めてワニを食べましたが、「鶏のから揚げじゃん」というのが素直な感想です。ワニだって言われないと全然分からないと思います。

だけど、ワニはどうでもいいくらい、アフリカンミュージックで楽しみました。3時間ぐらいいました。

店内にはジャンベもたくさん。
CIMG0944

 

 

いきなり音楽開始。あのね、マイクなしです。声量すごい。マイク本当にいらないなと思いました。
CIMG0941

 

 

何故かすごく木琴と合うのです。木琴とジャンベのハーモニーが最高だった。
CIMG0948

CIMG0957

 

 

しばらく踊り狂う私です。今ではとても考えられません。

帰りは近いから徒歩で帰ると言ったら、危ないから送って行くと言ってくれました。4人で車まで戻り、見張り番君にお金を払おうとすると、違う見張り番君がやってきて、「俺のテリトリーだ」と始まりました。

「何なのどっちなの」という私に、二人は目の前でちょっとした口論。割って入る私ですが、日本人グループの一人が少し私の前へ出ました。

見張り番君が何故口論しているか分からないので、危ないと思って、女性の私の前へさっと出てくれたのです。

「まあ男らしい・・」とは思ったものの、かばってもらうシチュエーションじゃないし、事情を説明しました。

そして見張り番君たちをなだめ、友達なんだから仲良くしなさいぐらいのことを言って、お金を渡すからどっちがいくらとるかは後でやってちょうだいってことで、終わり。

危なそうなら会話で分かりますが、あの二人は誓ってそんな感じじゃなかったんです。むしろ、「何をそんなかわいいことでケンカしてるんだ・・」と思ったら友達になりたかったぐらいです。

さて、ホテルへ帰ったのは12時頃でした。汗かいたからか、「もうカゼ大丈夫かな」と書いています。

翌日はいよいよ最終日。

テーブルマウンテンへ行って、ジャンベサークルへ参加の予定です。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。