7日目①「芸術鑑賞から相乗りタクシー」

Sponsored Link

 

 

翌日帰国予定だったので、動けるのはこの日が最後でした。

やりたいことは全部やっておかなくちゃ。

朝は、日本人グループからホテルに電話があるのを待っていました。携帯なら出かけられたけど、ホテルへの電話だったので、かかるまで待たなければいけませんでした。やっぱり携帯あると旅行人生が違うよね・・・。

 

 

やっとかかった電話で待ち合わせなどを決めると、私は晴れて自由の身。これでお出かけができる。

覚書によると、

「一人で美術館やらなにやら見て、プラネタリウムは2時からなので断念」

したらしいです。

 

 

多分これは、美術館までの道を歩いている時の小さな出会いではないかと。
CIMG0958

 

 

行ったのは「南アフリカ博物館&プラネタリウム」だと思います。プラネタリウムは諦めて、博物館だけ見たんだろうな。この写真があるので、そういうことだと思います。何となく覚えているようないないような・・・。
CIMG0960

 

 

その後は、おそらく美術館です。この絵、ケープタウンでしょう。テーブルマウンテンが後ろにあるし。
CIMG0961

 

 

「ホテルで日本人のグループと会った」と書いてあるので、何か用事があって私のホテルへ一度集まったんだと思います。何かを決め、私はテーブルマウンテンに再挑戦したかったので、すぐお別れして駅へ行きました。

 

 

途中、マーケットでお買い物。買わなかったけど、お花がキレイでした。アフリカって、お花をたくさん輸出してるんですよね。ヨーロッパのバラなんて、ほとんどアフリカからじゃないかな。
CIMG0963

 

 

お昼ご飯は、マクドナルドにしました。

ダブルチーズバーガーにしたの。そしたら、チーズバーガーが2個出てきた。間違ってはいない。「ダブル」チーズバーガーだから。

だけど、普通はそれを一段で出すんだけれど、でもやっぱり、間違ってはいない。

笑いながらチーズバーガーを2個たいらげました。こういうこともあるし、私は世界のファーストフードへ行くのが結構好きでした。

タイのケンタッキーなんて、辛い鶏が上にのったご飯があったし。

海外で何でファーストフードなんかってたまに言われるけど、文化の違いでメニューも違うから結構面白いのですよ。マックのてりやきバーガーなんて、もちろん日本だけでしょうね。

ついでに、ケンタの鶏は日本が一番おいしくないと私は思います。持ちやすいから骨つきを頼みたい人が結構いると思うけど、骨つきだけ頼むと日本では断られます。でも海外ではOKだったりします。私はいつも、「ドラムだけ下さい」と言って骨付きだけ注文しています。

 

 

 

テーブルマウンテンへは、タクシーでした。電車、なかったし。

駅のあたりでタクシー乗り場を尋ねたら、全然タクシー乗り場っぽくないところを指さされました。行ってみたら、相乗りタクシーだった。乗用車にはもう既に数人乗っており、私が一番最後でした。

すっごいぎゅうぎゅうだった。ぎゅうぎゅうタクシー、いくらだったか忘れたけど、もちろん行先が近い人から降りて行きました。

そして、最後が私のテーブルマウンテン。

 

 

結構楽しかったです。相乗りは危ないこともあるけれど、あの辺は全然そんな感じじゃなかったな。相乗りが当たり前で、普通の家の人が普通に乗って家まで帰っていたし。

 

 

さ、そんな楽しい相乗りタクシーで、やっとテーブルマウンテン到着しました。

Sponsored Link

“7日目①「芸術鑑賞から相乗りタクシー」” への2件の返信

  1. ファストフードの話しは、旅慣れた方でないとわからないですね。旅先でファストフードはあまり食べる機会はないですからね。チーズバーガー2つでダブルチーズバーガーとは。日本では信じられませんね。ケンタッキーの話しはまた意外でした。海外に行った際には試しに食べてみようと思います。
    また、アフリカに花のイメージがまったくなかったのですが、綺麗な花がたくさんありましたね。ヨーロッパへ輸出されているのですね。アフリカは不毛の大地という間違ったイメージを持っていました。
    このたびはもうすぐ終わってしまうと思うと寂しくなってきました。

  2. 私も又ケンタ行きたくなりましたね。イギリスのケンタが一番好きでした。日本のって何か味が違うんですよね~。
    この旅は次の記事で終わりますが、次の旅行もございますし、まだまだ旅は終わりませぬ。次はどこの国の記事を書こうか迷っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。