このチベット一人旅は、

Sponsored Link

 

悩んだ末に、成都一人旅と一緒にすることにしました。

チベットへ行くにはどうしても成都へ寄る必要があったし(カトマンズ経由とかでも行けるけど)、成都とチベットを切り離したら旅行記を書くのが難しいかもしれないなと思ったので。

でも、広州は別にしました(現在は「日帰り又は1,2泊一人旅」に入っています)。

ですので、旅行記は成都から始まります(成都は往復で一泊ずつです)。

成都は中国で、チベットも一応中国領ですが、その辺微妙なので、できれば旅行記は分けて書きたかったのですが、そういうわけで、合同です。

 

 

さて、この一人旅は、チベットの暴動より2年ほど前です。商店等の写真の一部は、今は同じ姿ではないかもしれません。

そしてその暴動と同じ2008年、四川省にて大地震が起こりました。一体あの地震が成都においてどれぐらいの規模で、どれぐらいの建物が破壊されたのかは分からないけれど、少し中心部からは外れていたと思います。

いずれまとめて書くかもしれないけど、私が行く又は行こうとする都市にはろくなことがないことが多いです。行った国に何かあるたび、「申し訳ない・・・」と思っています。

そしてこの旅も、「申し訳ありません」な旅になってしまった。2年後ではあったけど。

 

 

だけど、人生に残る、記念すべき旅のうちの一つです。乗り換え時間の都合で広州で一泊を強いられてしまったので、7日間ぐらいの休みだったけど、実際チベットにいたのはすごく短い旅になってしまいました。だけど、目にしたもののインパクトはすごいものでした。

誰しもが行ったら感動する国だと思います。

 

 

でも、「じゃあもう一度行きますか?」と聞かれれば、すいません、もう二度と行くことはないはずです。

何でって、高山病です。えらく苦しいものでした。人生で最初で最後の経験です。酸素が足りなくてひからびるかと思った。

 

 

だからこそ、この旅も、一眼レフでなかったことがものすごく悲しい。

南アフリカで後悔してからブリッジカメラを買ったのですが、一眼買うお金はまだなかったのです。ブリッジカメラの日本語が分からない。すいません。レンズは取り外せないけど、一眼に近いような見た目のカメラって日本語で何て呼ばれているのでしょうか。私のは富士フィルムのやつだったけど。

2,3回の旅行で壊れてたので大したものではなかったはずですが。

 

 

というわけで、南アフリカの写真よりは少しはましなはずですが、枚数も少ないし、あんまり満足ではありません。

だけど、「高山病の割に良く頑張ったね」と思って読んで下さい・・・。

Sponsored Link

“このチベット一人旅は、” への2件の返信

  1. 高山病になるような高度の高いところへ行かれたのですね。いったいどんな旅立ったのか楽しみにしています。

  2. なんかいつも具合悪いみたいな感じですいません(:_;)チベットの次は健康な旅を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。