3日目①「薬王山でマニ塚、ヤクヌードルの後セラ寺へ」

Sponsored Link

 

 

まだ薄暗いうちに目が覚め、

「あ、生きてる」

という感じだった。

 

 

あれほど高山病で苦しかったのに、目が覚めるとそれほどでもなかったです。体が少し高度に慣れてくれたみたい。安心してはいられないけど。

 

 

シャワーを浴びて支度をして、屋上に朝食へ。何を食べたか覚えていないけど、西洋風でした。

この屋上からはポタラ宮が見えるけど、昨日見たイメージとは違う。
DSCF0212

 

 

ポタラ宮の手前に民家が見える。ここの屋上は民家よりも高いけど、ポタラ宮よりも低い。ちょうどいい見晴らしだな。いい眺めの中での朝食だ。

 

 

それはいいけど、とっても寒い。チベットの朝夕は寒いよ。

高地だしね。上着をちゃんとご持参下さい。

 

 

さて、部屋へ戻り、大事な出かけ支度を始めよう。ポカリ作りです。

500ミリの水のペットボトルに、ポカリパウダーを半分入れます。ポカリ一袋1リットルなので、半分でいい。でも、秤があるわけでもないので、適当に目分量。水が溢れるからその分水を少し捨てて、ちょっと濃い目のポカリの出来上がり。体の水分よ、どうぞ逃げないで・・・。

 

 

さて、ポカリを持って、今日はどこへ行こうか。体力の回復度が分からないし、徒歩圏内の薬王山から始めよう。

薬王山は、昔はチベットの医学の中心的場所だったらしいです。今は何だと聞かれると良く分からないけれど、小さな山でした。

とはいえ、チベットです。もちろん壁画やマニ塚、タルチョもたっぷりあった。

 

 

徒歩圏内と言っても、行ってみたら「どこから入るんでしょうか」という感じでした。出てから入って、と2,3回違うところから入った気がします。今はもうちょっと分かりやすいかも。

最初の写真がこのマニ塚なので、一番初めはマニ塚の当たりから入ったのかな。マニ塚とは石塚で、チベットではマニ塚と呼ばれています。あちらこちらにあり、マニ塚のあたりを通る時はちゃんとした通り方(時計回り一周とか)があるらしいですが、知らない私はそのままでした。申し訳ない。
DSCF0215

 

 

この人がどくのを待ってたのですが、なかなかどいてくれないので、そのまま撮っています。露出オーバーです。
DSCF0216

 

 

何も知らない私には、ピラミッドに見えていた。バチあたりだな。

 

 

石にものすごく細かく字が刻んであって、チベット仏教の経文だと思うんだけど、その神業的な細かさや芸術的出来栄えには至るところで感動しました。「え ここにも?」みたいなところでも見かけました。
DSCF0218

DSCF0220

 

 

そして、脇道は山のようなタルチョ通り。
DSCF0219

DSCF0221

 

 

タルチョとは、五色の旗が一つになったもので、お経が書かれています。これもあちこちで見かけます。普通に売っているので、多分誰でも結べると思います。私はやらなかったけど、やっておけばよかったかな。

 

 

この坂を下って行ったけど、だからと言ってもどうしようもなく、結局もう一度戻ってきました。
DSCF0222

 

 

途中で上を見上げてみると、あらたくさん。
DSCF0223

DSCF0224

 

 

やたらに写真が少ないのが不思議なんだけど、もしかして迷ってしまってどこを見たらいいか分からなくて出てきちゃったのかな。

道路の写真があるので、一旦薬王山から出た模様です。
DSCF0225

 

 

そしてぐるっと回って歩いたのを覚えているんだけど、その途中でポタラ宮と又ご対面し、一枚。
DSCF0228

 

 

向かっていたのは、白塔がある側でした。そこに登ってポタラ宮の全景を撮りたかったのです。

 

 

階段を上って、
DSCF0229

 

 

白塔とポタラ宮。かなりありふれた構図で、ラサの観光写真では必ず見かけるレベル。
DSCF0231

 

 

もう少し離れるとこんな感じなので、やはりさっきぐらい近いほうがいい。
DSCF0233

 

 

旅は、ポタラ宮に入ることなく終わりました。もっと時間と体力があれば行ったかもしれないけど、ほんの数日しかない旅で、あれだけ体力落ちている状況では、とても数百個や数千個もお部屋のある宮殿などを見る気もしませんでした。

もともと世界遺産は外からしか見ないようにしているけど、そこはチベット、体力と時間さえあればきっと行ったはずなんですけどね。

 

 

というわけで、ポタラ宮の中は行かず、午後はセラ寺へ行くことにしました。

セラ寺はポタラ宮から10キロほど離れているので、リキシャでは遠すぎました。素直にタクシーに乗って、ぼられることもなく到着。

グーグルマップでは10キロもないけれど、何かちょっと場所が違う気もする。アースで見ると、道がないところを指しているし。

 

 

 

昼食はセラ寺あたりで済ませることにして、タクシーを降りてすぐのあたりにあったお店へ入ってみました。

通じないことが分かっていても、旅先では必ず英語でしゃべっています。意外なこともあるものなので。そして、このお店も「意外」でした。

ここのオーナー、アメリカの軍に入っていたことがあるらしく、英語を話すのです。ものすごくほっとした気分の私は、少しオーナーと雑談。

注文したランチは、ヤクヌードルでした。オーナーおすすめだったので。今日もヤクです。見事にヤクばかりだった。

 

 

ヤクヌードル到着。ガラケー懐かしい。
DSCF0237

DSCF0238

 

 

肉うどんのヤク版です。美味しかった。

 

 

オーナーがアメリカ軍時代の写真を見せてくれたりしたので、食後もちょっと話していました。

お手洗いを使わせてと言って、言われた場所へ行ってみたけど、怖くて行けませんでした。どれがトイレかも良くわからなかった。多分、ビルの共同トイレだったと思います。

暗かったし、オーナーには借りたことにしてお礼を言って、諦めてセラ寺へ向かいました。

Sponsored Link

“3日目①「薬王山でマニ塚、ヤクヌードルの後セラ寺へ」” への2件の返信

  1. タルチョって言うんですね。まさにチベットといった感じです。お経が書かれたものとは知りませんでした。高山病の危険があるのでポタラ宮は近いようで遠い場所ですね。ヤクヌードルは美味しそうですね。

  2. タルチョ、忘れてましたので私ももう一度調べなきゃいけなかったです。「タルチョー」になってたのもあったのでどちらが正しいのか知りませんけども。。。ポタラ宮見てたら1日かかりそうだし、パスして良かったです。ヤク結構おいしいですよ。もう一度食べてもいいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。