3日目②「チベットトイレ、セラ寺の中へ」

Sponsored Link

セラ寺の入口まで、この一本道を歩きます。

車は入れない(らしい)ので、この手前で降ろされて食事を済ませていました。
DSCF0239

 

 

昼食の時にトイレを借りなかったので、この道の公衆トイレへ入りました。

人生で見た中で、一番簡易なトイレでした。中国の田舎では良くあるタイプだけれど、とても口で説明できないので、例として画像を拝借しましたが、画像の元が分からなくなりました。どなたのものか知りませんが、すいません。
11a39294

 

 

上の写真はとても綺麗です。入ったチベットトイレはもっとすごかったですが、同じようにドアはありませんでした。縦の石は敷居で、下にある穴を跨ぎ、用を足します。

穴の下を見るとドブのようになっていて、端からちょぼちょぼと水が流れていて汚物を押していくやつはいいほうで、全く何も流れておらず、数時間に一回とか、定期的に誰かが水をバシャーっと流すだけのトイレもあります。

私が入ったトイレは写真のようにキレイではなかったし、すごく怖かったです。滑って落ちそうでした。向きは横だったかどうか覚えていませんが、上の写真のトイレだと自分の体の右側か左側が見えますよね。これが、穴が敷居と平行しているものもあるので、そうなると前か後ろかが見えてしまいます(どっち向きが正しいのかは知りません)。

今ではこの世で一番恐ろしかったトイレはパプアニューギニアのトイレですが、それまではここが一番でした。しかもこのトイレにはお金を取られました。

トイレの外には、「トイレ番」みたいな人がちゃんとテーブルの前に座っていて、五角払ってちょうだいとジェスチャーするのです。ここだけではなく、チベットでは数か所で五角支払いました。

でも、戻って話すことになる元気で挨拶の彼は、お金などどこでも払わされなかったと言っていました。

別に私の顔を見て請求してきたわけではなく、ちゃんと「五角」と書いた紙も貼ってあったし、外国人全員から取ってたのだと思います。地元の人はさっと入っていったから払ってないと思うけど。

昔イギリスに行った時何度か有料トイレに入ったので、日本に帰ってからイギリスの男友達に、「トイレお金取るんだね」と言ったら驚かれました。生きてきて一度もそんなこと聞いたことがないと言われました。

だから私は思うのです。もしかして、男子トイレって無料なの?何か国かでお金払ったけど、女子トイレだけなの?因みにチベットのトイレはもちろん紙もありませんでした。

さて、怖い思いで用を足した後は、再び直進し、セラ寺へ向かいます。

するとその一本道で、子供が着いてきます。外国人は珍しいけど、お目当てはどうやら私のパワーストーンブレスレットのようです。

私はこんなものを何本もつけています。写真は3本だけど、旅のときは6本ぐらいつけてます(宗教家ではありません)。
DSC_0192

 

 

そしてこれがちょうど子供の目の高さになり、色とりどりの石を欲しがるのです。先進国より発展途上国の子供のほうが割と欲しがるようで、この日もこのキラキラにつられて子供が着いてきます。

そして私のパワーストーンを引っ張るのです。「お姉ちゃん一本でいいからちょうだいな」と思っているのだと思います。1つ1つに思いを込めて自分で編んでいるのでそう簡単にはあげらず、いつも悲しい顔をさせてしまいます。

というわけで、意地悪な魔女は純粋な子供を笑顔で振りきって、セラ寺へ行きます。

セラ寺へ入ると、こんな感じでした。「タイみたいだな」と思ったけど、
DSCF0240

 

 

やはりチベットですね。
DSCF0241

DSCF0242

 

 

セラ寺っていうからにはお寺なんですけどね、結構広いです。何かもう、さりげなく壁画が美しいことがすごく印象に残ってます。
DSCF0243

 

 

上の写真は目の高さだから間近で見えるんだけど、ふと上を見上げたらあんなところにもあって感動でした。
DSCF0244

 

 

ここを抜けて、
DSCF0245

 

 

また発見。DSCF0246

 

 

そして、何か小路があるので行ってみたら、少々坂になっていました。
DSCF0247

 

 

美しい壁画につられて行くと、
DSCF0250

 

 

このような動物がいて、動物音痴な私には分からないけど、ヤギで合ってますよね?ここも間違ってたらどうしよう・・・。
DSCF0252

 

 

このヤギの向こうを撮って見ました。
DSCF0253

 

 

動物が怖い私は、ヤギに噛まれるのではないかと本気で怖がってました。猫でも逃げる人間ですから。

ヤギを怒らせることなくそっと立ち去ります。そして、ちゃんとした階段はないものの、裏山は石山になっていて、登れそうなことに気が付くのです。

登ろうかどうしようか。登ったら降りてこられないのではないか。と思ってたら欧米人カップルが降りてきました。

「何だ行けるじゃん」と、安易に登ってみることに。

数十メートルだけど、登ったらセラ寺の全景が見えそうだったので。

行くぞ!

チベット一人旅カテゴリの最初のページへ飛ぶ

 

Sponsored Link

3日目②「チベットトイレ、セラ寺の中へ」」への2件のフィードバック

  1. トイレはすごいな。ちょっと耐えられないですね。話には聞いたことがあるけど写真は衝撃的。ブレスレットに魅力される子供たちの姿が目に浮かびます。

  2. 一応綺麗な写真を使ったんですが・・・。ドアないだけで女性にとっては衝撃的なもんで、すごい勢いで用を足しました。因みに手洗うところありませんでした。。。違う場所に行って手を洗うか、持ってるペットボトルの水を利用です。
    最近石買ってないんで寂しいです。来月の旅は石が売ってそうな国なので、沢山かってきたいですね。昔を振り返って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。