5日目②「ラサ地図を買って進め→川へ!」

Sponsored Link

薬局でちょっと時間つかっちゃいました。

さて、次はどこへ行こう。

水が見たい。川があるところへ行こう。さっきは山だったし。

ラサにはあちらこちらを川が流れてるけれど、おそらくこの時私が行ったのは、南だと思います。

タクシーで又指を刺して連れて行ってもらい、降ろされたところから少し歩きました。この先に橋があったので。
DSCF0333

 

 

橋の入口には警察官がいました。この橋の途中までしか行ってはいけないとジェスチャーされました。

途中で十分。真ん中からの景色はとてもキレイだし。

そして写真を撮ろうとカメラを出すと、

「ダメ!カメラダメ!」

とのジェスチャー。

ああそう、と一度はカメラを下ろしたけど、写真撮らないでどうするんだ!と思って警察官のところへ戻ります。

「ウギャ\(゜ロ\)(/ロ゜)/~>゜)~~~%%$#)▽!!ァァァア」と半泣きで写真が撮りたいんだとジェスチャー。

すると、怖がれて、

「わ、わかったから行け」

と半笑いでシッシッとされたので満足して橋の中央へ戻ります。

晴れて堂々と一枚。
DSCF0334

 

 

ちょっと左を向いて一枚。
DSCF0335

 

 

もう一度正面向いて、ちょっとズームで一枚。
DSCF0336

 

 

美しい。

そして、誰かいるし、橋を降りて写真を撮って話しかけなくては・・・という使命感にかられて降りていくことに。

橋の上にいるよりも下にいたほうが楽しいかも。タルチョは雑草にまでくくりつけられていました。
DSCF0337

 

 

幸せの黄色いハンカチではありません・・・。
DSCF0355

DSCF0358

 

 

ちょっと人のいる方へ行ってみよう。
DSCF0334

 

 

もうちょっとだ。
DSCF0340

 

 

どうやら、ピクニックがてら洗濯をしているもよう。
DSCF0341

 

 

「こんにちは~」
DSCF0343

 

 

もちろん、言葉通じず。まず子供が反応。
DSCF0344

 

 

この子のおしり、どうしたの?
DSCF0345

 

 

と思っていたので、帰国後に中国人の友達に聞いたら、中国ではわざとおしりを切ったズボンが売られているそう。

彼女に言わせると、

「その方が楽じゃん」。

まあそうですね。母からしてみれば、楽です。知らなかった私はちょっとびっくりだったけど、世の中には色々な服があるものです。

さて、「何洗ってるんですか~」と近寄ってみます。
DSCF0348

 

 

どうやら動物の皮?みたいでした。
DSCF0346

 

 

みんな気さくに写真撮らせてくれます。私が話した人たちは、チベット人でした。中国人ではありませんでした。

どちらも混在するチベットでは話してみるまでわかりません。言葉分からなくても、中国語ではないことはきっとみんな分かると思います。
DSCF0347

 

 

ここでお父さんが話しかけてきます。私も構わず話します。

私が日焼けして困ってるとジェスチャーすると、チベットは高いからねとジェスチャーし返してきます。

そして、ここも私の想像ですが(重なる想像、すまぬ)、こう言ってたはずです。

「チベットは高いところにあるから、その分神様に近いんだよ」

解釈合ってるかどうかも分からなかったくせに、ちょっと感動。

山の上にタルチョをかけるのも、そういうことならとりわけ納得。
DSCF0360

DSCF0364

DSCF0375

 

 

感動したところで、「じゃあね~」とさよなら。

水が結構透き通ってました。洗濯してるのに。洗剤なしかな。
DSCF0353

 

 

誰か遊んでて、日本の田舎の風景のようでした。綺麗なものは、どこもみな同じ。アジアはアジアです。
DSCF0362

 

 

橋から結構離れました。
DSCF0368

 

 

雲がすごい。山がすぐそこ。
DSCF0369

 

 

中州へ行きたかったけど、遠慮しました。
DSCF0373

 

 

雲、本当にすごくて、雨が降るのかなと心配になったぐらい。別にそれとは関係なくいつも雲がすぐそこだったけど・・・。
DSCF0376

 

 

このまま川を進んでも仕方ないので、道路へ上がります。
DSCF0374

 

 

じゃあね、川のみんな~
DSCF0377

 

 

そして今日の夕飯は、ホステルの中のレストランで。

今晩もヤクは遠慮。ギョーザにしました。
DSCF0379

 

 

ここで、成都で一緒だったドイツ人の人と遭遇します。そして、朝食で一緒だったスイス人の彼女もいました。ついでにもう一人、スペイン人の女の子がいて、4人で一緒にバーで一杯。

このスペインの子は、中国政府にパスポートを取られてチベットから出られずにしばらく過ごしているようでした。

公園だかどこかで座っている時、子供が横にいて、ふと振り向いた時にスペイン人の彼女の手か荷物が子供の顔に当たったらしいのです。その時母親は大丈夫だと言って終わったらしいのですが、その後急に態度を変えて損害賠償を請求してきて、警察に通報され、パスポートを取り上げられて逃げられないようにされていました。

詳細は忘れましたが、そんな感じのストーリーで、彼女はまだまだチベットから出られそうにありませんでした。「アメリカ政府ならすぐにだって損害賠償を払ってまず身柄を解放してくれるのに」と怒っていましたが、スペイン政府に対して怒ってたのかな。ちょっと意味が分かりませんでした。

彼女は女優になるんだと言ってたと思います。あちこち放浪してたようだけど。何故か私たちの中心になり、会話も全て自分が順番を決め、右手を上げて相手を指し、「職業は?はい、あなたから」とか、指示を出して一人一人私たちに自己紹介させたりしていました。

スイス人の彼女は確か政府に務めてた人、ドイツ人の彼女は職業は忘れたけれど、当時40代半ばぐらいでした。こちら3人みんな社会人の大人です。だから彼女に好き放題させたとは言わないけれど、放っておきました。結構シーンとしてましたが、彼女は気が付きません。

そこへ中国かチベットのメディアの女性がカメラマンと一緒に来て、チベットを観光している外国人の特集をしたいんだと言っていました。スペイン人の彼女は女優になりたいだけあって綺麗だし、ポーズを取ってカメラに向かって写真を撮らせていました。

そして、ちょっとしたインタビューは日本人の私に来ました。一生懸命英語で話してくれていましたので、私も一生懸命答えました。そもそも私は同じアジア人ですから、アジア人をバカにするような気持ちは持っていません。

ところが、スペイン人の彼女は別でした。

「なんなのよ。さっきまで楽しく話していたっていうのに、その中国の子が入ってきてからめちゃくちゃじゃない。なんでその人と話してるのよ。」

と、幼い文句が飛びました。インタビューが嫌なら写真を撮らせなければ良かったのに、写真は撮られたかったようです。インタビューが自分に来なかったから嫌なのではなく、言葉が通じないことをそもそもバカにして、ろくにしゃべりもしていませんでした。

お店のウェイトレスさんが何か持ってきても、「そこに置いてよ。何言ってるかわかる?」とか、明らかなる人種差別的態度でした。

一人旅者には、危険だと言われる国に行っても何事もなく帰ってくるタイプの人間もいるけれど、何かに巻き込まれちゃう人もたまにいますよね。そして、何かに巻き込まれちゃう人というのは、バチが当たってしまっただけのようなケースもあるんだろうなと彼女を見て思いました。

「ちょっと当たっただけなのよ。別にケガもしてないくせに母親が騒ぎだして。突然急変したの。さっきまでお金なんかいらないって言ってたくせに」

というようなことを言っていましたが、母親の女性は、最初はいいやと思ったけど、この傲慢な態度に腹が立って気が変わったんじゃないかなとまで思いました。

中国政府にパスポート取られて自国からの助けないようでは、本当にいつ帰国できるか分からないから可哀想だけど、元気にやって行けそうだし、私はもう帰ろうと。

そして連日の、

「じゃ、疲れてるから」。

他の二人は「先にやられた」と言わんばかりに私を見ていました。3人とも気持ちは同じなはずでしたから。

でも、早い者勝ちだし。私はとりあえず一抜けました。

さて、翌日はチベットを出て成都へ戻る日でした。お土産もあるし、小さなスーツケースの整理をして早く寝ました。

フライトは朝早く、空港までのバスは明け方だったので。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。