6日目最終日「ラサから成都へ戻る」

Sponsored Link

まだ太陽も登らないうちに空港へ行かなくてはいけないので、バスも早朝でした。

最初に書きましたが、チベットインは「みんな仲良く」で、アウトは「それぞれご自由に」ですので、勝手に出国します。

まだまだチベットに残る人もいただろうし、私より滞在が短かった人もいるはず。

水色の空をバックに、ポタラ宮の横から出る空港行バスに乗ります。
DSCF0387

 

 

ラサ初日か翌日にちらっと会った日本人の女の子がとなりでしたが、その子、早速ガーッと寝てしまう。

風景を見て写真を撮りたい私は通路側、写真など撮る気もない彼女は窓側の席。

バスの揺れ方はものすごいので、彼女がその揺れで起きたのを狙って、もしも又眠るなら、席を代わってくれないかなと頼んでみるとOK。

やれやれ。

そして私は、窓ガラス越しだったけど、何枚か写真を撮りました。

何か、色合いが火星みたいでした。火星行ったことないけど。
DSCF0399

DSCF0400

DSCF0401

DSCF0403

DSCF0404

 

 

見惚れていたら、あっという間に空港に着いてしまった。

この素晴らしい景色を見ずにずっと寝ているなんてもったいない。でも寝ててくれたので席代われてありがたかった。

空港は、成都行きのみみたいでした。ほとんど誰もいなかったし。ガラスの向こうの山とのミスマッチがチベットらしかったです。今はもう少し色んなものあるのかな。
DSCF0405

 

 

スーツケースを預けると、何やらスーツケースの中身のことで聞かれましたが、中国語は分からないし、向こうもそれほど英語が分からない。

多分ナイフのことを聞かれてたのだと思いました。お土産で買ったチベットナイフ。ひっかかるかなとは思っていたので、

「お土産だよお土産。よく露店で売ってるやつ。切れないやつ。偽物だから。ほら、全然危なくないし」

とか何とか、危ないと思われないように最高の笑顔で一生懸命平然と答えました。

ナイフ、3本ぐらい持ってましたからね。女性が一人旅でナイフ3本じゃ、何だと思うでしょうね。

言葉通じないので諦めたのか、まあ行っていいですよと解放してくれました。良かった良かった。

そして再び空の上。何故か帰りの便からの写真には雪がありません。向きが違う?溶けた?
DSCF0406

DSCF0408

DSCF0411

DSCF0412

DSCF0416

 

 

チベット出発前に泊まっていたホステルへもう一泊。もう観光する気はなし。疲れてました。

ただ、行きにも会った中国の人と、夕食に麺を。担々麺て感じでしょうか?
DSCF0430
とりあえず混ぜてみます。
DSCF0431

 

 

あまりの辛さに胃がひっくり返ってしまい、胃が痛くなってほとんど残しました。

因みに私は辛いもの大好きでした。それでも辛すぎ。四川の辛さは想像以上でした。っていうか、あっちが本物で日本の四川料理がいんちきなだけだろうけど。

その他、この夜はドイツ人の男の子二人とも少し話ます。二人は友達で、バックパッカーとしてアジアを旅しているようで、中国にはもうしばらくいるみたいで、これからチベットへ行くとか。だから帰ったばかりの私の写真を見て気持ちの準備を(たぶん)してました。

が、それほど遅くならないうちに私は部屋へ。

お疲れなので。

翌日は又早朝から広州へ戻らなくてはいけなかったのです。

広州一泊旅は別カテゴリです。

Sponsored Link

6日目最終日「ラサから成都へ戻る」」への2件のフィードバック

  1. 空港までのバス車内から撮った写真は、まさに火星かなにか他の惑星のように感じる景色ですね。それを寝て過ごすのはもったいない。人それぞれ価値観が違うものですね。実際に見るともっとスゴいのでしょうね。

  2. どうしてあのような色だったのかは分からないのです。。。もしかして、高地ってみんなああなのかなとも思いました。あの子が寝てくれて助かりました(._.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。