1日目②「グトルフォスの滝、ゲイシール、夜中の太陽」

Sponsored Link

あれよあれよと追い出された国立公園を後に、バスはハイスピードで優雅にアイスランドを進んでいきました。

そして、到着したのはグトルフォスの滝。

ここは有名な観光場所だけあって、カフェもお土産屋さんもありました。どちらもゆっくり寄りたかったけど、確か30分とか45分とかでバスに戻って下さいと言われてたので、ゆっくりもできず。

ああ、この国は本当にきちんと整備されています。

滝までの歩道ですらこんなです。
IMG_1911

 

 

つかつかトコトコ歩いて行って、看板を見てみます。やっぱり私は単焦点レンズが好きです。関係ないですけど・・・。
IMG_1913

 

 

もっと時間あったらゆっくりしたかったな。

滝までのんびり写真撮りながら歩くだけで時間なくなりそうだったので。

そんなに遠くはないけれど、近くもなかったし。左の歩道、見えますかね?
IMG_1923

 

 

そして降りて行く最中、先に人が見えました。滝の左に人見えますか?
IMG_1914

 

 

この人たちがね、「服着たまま温泉つかったの?」っていうぐらいずぶ濡れで戻ってきたんですよ。

それを見て、滝ぎりぎりまで行くのを一瞬で諦める私。カメラ濡らしたくないから。私の大事なレンズが・・・。

というわけで、くるっと回転で戻りました。
IMG_1927

 

 

上に戻って写真撮ろう。
IMG_1928

 

 

広角で撮りたかったけど諦めました。

この滝、「グトルフォス」というのはアイスランド語で「黄金の滝」という意味だそうで、陽の光が当たると黄金に輝くように見えるそうです。

私が行った時は、白夜とはいえ夜だし曇ってたし、黄金とは程遠かったですが・・・。
IMG_1940

 

 

長さ70メートル、落差30メートルで、氷河水が川に合流し、その川がこの滝に流れ落ちるそうで、すごい音でした。
IMG_1951

 

 

昼間来たほうがいいんだろうなあと思いながらバスに戻りました。

2016年6月 HPあるようなので、滝のHP貼っておきます。
http://gullfoss.is/

お土産屋さんをもっとゆっくりしたかったんですが、やはり時間なく、バスへ戻りました。

次はゲイシールへ移動です。ゲイシールとは間欠泉で、ここも有名な観光スポットです。

ここでは何故か随分ゆっくり時間とってた気がします。
IMG_1964

 

 

湯気、恐い・・・。

10分ぐらいごとに熱湯が吹き上がるんだけど、それでなくても湯気だらけだったし。
IMG_1969

IMG_1968

IMG_1972

 

 

熱湯注意ですから・・・。おっかなびっくりです。
IMG_1991

 

 

何せやはり、カメラ濡らしたくないし・・・。根性なしは、ちょっと離れて見てました。
IMG_1973

 

 

湯気だらけだし、こんなふうにゴォーッとくるし。。。
IMG_1979

 

 

ミニゲイシールで勘弁して下さい・・・。これが一番良かったな。可愛いかったから。
IMG_1983

 

 

結局一人で早くバスに戻りました。ここはもっと短い時間配分でいいのに何であんなに長いこといたのだろう。それだったら滝にもっといたかったな。

もしかしたら、熱湯が吹き上がるのを待つために少し長く時間を取ってあったのかもしれません。着くなりゴォーッと始まっちゃったから、もうそれで終わりだったんですが・・・。

無事みんなが戻ると、ツアーはこれで終了。バスはレイキャヴィックへ戻ります。

夜10時は過ぎてたかな。暗いのに太陽が照って明るいですけど。
IMG_2017

 

 

とその時、

火事!!!!

いや、噴火!!!!

と、一人驚きました。

というか、一人間違えました。

こんなきれいな煙が、いやいや、「湯気」があったので。
IMG_2019

IMG_2020

IMG_2021

 

 

見とれてる場合じゃないけど、ドライバーさんも慌ててないし、きっと普通のことなのでしょう・・・。

それにしても、ピンクの煙は綺麗でした。

道端でこんな光景見て驚くのはきっと私だけではないはず。
IMG_2022

 

 

非常事態なら工場の人たちもきっと大騒ぎだから、この光景はアイスランドでは普通のことなんでしょうね。
IMG_2023

 

 

そんなピンク煙は遠のき、
IMG_2026

 

 

バスはホテルへ到着。今晩はサブウェイにしました。目の前なのでありがたい。結局何度も行ったけど・・・。いつか改めて書くかもしれませんが、日本のサブウェイとかなり違います。EUのが遥かに美味しいです。

さて、これは、ホテルの屋上から写した本日最後の写真たちです。
IMG_2031

IMG_2032

 

 

夜中12時過ぎてたと思います。

いつ沈むかいつ沈むかと思って見てたけど、沈まないから諦めて部屋へ戻りました。

ホテルの部屋は、遮光カーテン。アイスランドのホテルのサイトを見ると、「遮光カーテンあります」とかちゃんと書いてあります。白夜時は眩しくて眠れませんからね。

ろくに寝てないまま夜中まで起きてた私はへとへとだったので、ゆっくりお風呂につかってベッドへ。

翌日はちょっと寝坊だったかな。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。