1日目「イルリサット到着-グリーンランドは蚊が多い」

Sponsored Link

エアーアイスランドにて、アイスランドのレイキャビックからイルリサットへ到着。

飛行機は狭くて小さかったけど、窓から何とか写真を撮ってます。

生まれて初めてのグリーンランドに浮かれて・・・。
IMG_2465

 

 

氷は上から見ると迫力あるなと既に飛行機の中で思いました。
IMG_2490

 

 

あれがグリーランド?雪も氷もほとんどないみたいだけど。
IMG_2495

IMG_2500

 

 

着陸間近です。「ここなの?」って感じでした。
IMG_2558

 

 

何もない空港へ降り立ち、
IMG_2561

 

 

ホテルの送迎が待っていたので、バスに乗ってホテルへ。

チェックインはまだできなかったけど、レストランはあいていたので、ランチを先にとりました。

アイスランドとは大違い。とんでもなくまずいものが出てきました。これしかなかったし・・・。
IMG_2566 IMG_2567 IMG_2568 IMG_2570

 

 

魚は異常に生臭い・・・。

幸いバターはアイスランドと同じでおいしかったです。仕方がないので、最初に出てきたパンとバターだけたくさん食べました。
IMG_2565

 

 

バターを食べて、さっきの変な物ばっかりのところが何が気になるし、散歩へ行くことに。空港方面へちょっと戻ってみることにしました。

夏だから雪だらけではないけど、
IMG_2571

 

 

やっぱり氷は残ってました。
IMG_2572

 

 

でも道路は運転全然問題なさそうです。レンタカー会社はなかったみたいだけど。
IMG_2575

 

 

だけど、あれ?なんか虫がいっぱいいる・・・・

 

 

 

蚊だ・・・

 

 

 

 

グリーンランドに蚊なんて、信じられない。

5匹や10匹じゃないです。数十匹私の後をついてきます。

当時のカメラバッグは水色。虫は原色に惹かれるらしいので、カメラバッグの後をついてきてるんだと思ったけれど、蚊だったので、今思えば私の黒髪についてきてたのかもしれない(蚊は黒が好き)。しっかり冬物で行って暑かったので汗にたかってきてたのかもしれないけど。

とにかくすごい数の蚊が私の回りをぐるぐるブンブンしています。早歩きしたってついてくる。振り払ったって逃げやしない。かなりしつこかったです。

ちょっとベンチで休もうと思ってベンチへ行ったけど、止まってるともっとたかってくるので、動き続けなければいけませんでした。

しょうがないな・・・と、ただ進み、左に曲がる道を見つけたので、ちょっと行ってみることに。
IMG_2577

 

 

このあたりから、蚊だけでなくハエまでたかってきました。

「何なの?」

と思っているうちに辿りついたのは、何とゴミ処理場。私が飛行機から見たのは、ゴミの山だったらしいです・・・。
IMG_2578

 

 

こんなところに捨てておいてもまだ足りるほどしかゴミがないのだなと感心しましたけど。東京だったら無理だから。

そして、ハエがいたのも納得だなと思いながらホテルへ戻りました。

無事チェックインを済ませ、ツアー会社の人たちと相談。飛行機の時間に合わせてホテルへ来るのか、ちょうどいいところにいました。

1社しかいなかったのでちょっと待たされしたが、やっと順番が来たので、私の事情を説明。私にあるのは明日1日だけなので、明日行けるツアーだけしか予約できなかったので。

氷河のボートツアーはよほどのことがない限りは毎日出てるので、問題なくとれました。でも私は、セスナに乗りたかったのです。だけど、セスナは最低人数が二人でした(確か3人ではなかった)。だからもう1人必要だったけど、私はいつも一人旅・・・。

ツアー会社の人がオフィスに問い合わせてくれたところ、ちょうど明日の午前中にカップルがセスナツアーに申し込んでるというので、同乗させてもらうことに。良かった。

そして、昼のボートと夜のボートツアーも予約。もうそれだけで結構な額。かなり無理しました。タブレットを持ってきていて、クレジットカードでのオンライン支払ができました。うまくいかなくて数回やりましたが。

申込が済んだら既に夕方。どうやら上のバーで何か食べたらしいけど、メインの写真がないので分かりません。なんでこんな何もないテーブルだけ撮ったのかな・・・。
IMG_2581

 

 

部屋に戻り、ゆっくりお風呂へつかったりネットで何か調べたりしながら、夜を待ちました。

だけど、気が付くと部屋にも蚊が。なので、窓には網戸がしっかりついています。ベランダにでも出ようものなら、窓を全開しようものなら、一斉にたくさんの蚊が入ってくるので、絶対に窓を開けられない。外に出たかったのに・・・。

暑い・・・。日差しが強くて暑い。カーテンを閉めたらキレイな太陽に照らされた氷河が見えない。

でも暑い・・・。北極で暑いなんて思ってもみなかったです。

とりあえずセーターとか脱いで薄着になって我慢しました。

そして白夜の時間。

私の部屋から見えた、白夜に照らされた色鮮やかな北欧の家と、氷河をどうぞ。
IMG_2588

IMG_2599

 

 

私の家にはこの写真を飾ってあります。
IMG_2611

 

 

翌日、この海へたっぷりボートツアーに出ます。
IMG_2593IMG_2612IMG_2613 IMG_2615 IMG_2616 IMG_2617 IMG_2619 IMG_2620 IMG_2623

 

 

これがホテルの庭で、手前の赤い小さいのは犬小屋でした。この犬がものすごい吠えてうるさかった。
IMG_2628

 

 

蚊にはたかられるし犬には吠えられるしでしたが、いい思い出です。

この桟橋の向こうにもお部屋があるようでした。
IMG_2627

 

 

左には港が良く見えました。
IMG_2624

因みに蚊ですが、後でホテルの清掃スタッフのお姉さんに聞いたところによると、1年のうちほんの数日だけ蚊が大量発生するらしいです。数日ではなく、数週間の間違いではないかと思うけど。

そしてこの蚊、別に刺すわけでもなく(とりあえず私は刺されませんでした)、ただブンブンしてただけなので、おそらくオスではないかと。単純に刺されなかっただけでメスだったのかもしれませんが。あれほど数百匹もいて一度も刺されなかったというのは不思議です。

短い夏に集中して発生しますので、蚊が大嫌いな人はどうか冬に旅行を。

窓を開けなかったので、蚊はゼロの夜を迎えることができた私は、白夜を背に眠るという贅沢を味わいたくて、カーテンを開けたままベッドへ入ります。

ああ、幸せ・・・・

と思ってるのも数十分。

 

 

 

 

眩しくて眠れないし・・・。

 

 

 

 

 

ということで、諦めて遮光カーテンを閉めて眠ることに。

せっかくの白夜、もったいないけど仕方なかったです・・・。

Sponsored Link

1日目「イルリサット到着-グリーンランドは蚊が多い」」への2件のフィードバック

  1. 白夜はなんだか神秘的ですね。写真は太陽の光の色でしょうか全体的に黄色味がかかっていて綺麗ですね。行ってみたくなります。

  2. 本当、神秘的でした。色は、太陽です。白夜の間は、ずっと夕陽に照らされてるようになってます。すごいロマンティックですよ。一人で行ってる場合じゃないなと思いました(+o+) 

コメントは停止中です。