3日目③「おすすめレストランその3、アイスランドバター」

Sponsored Link

夕食は、ずっと気になってたホテル前の角にあるレストランへ行くことに。何となく雰囲気が良さそうだったから。

お店の名前は、Bautinn(アイスランド語なので、右上のEnglishをクリックして下さい)
http://www.bautinn.is/

ここには、サラダバーがありました。サラダバーにはサラダだけでなく、パンと山積みのバター。

これが私がアイスランド滞在中食べまくっていたバター。やっと写真がでてきました。
085

 

 

このように、ミニバターとして個別包装になっているものがレストランやホテルに置かれています。スーパーにはちゃんと大きな容器のものがあるけれど、ミニバターも販売しているところが多いです。

そして、レストランとかホテルとかは、冷蔵お構いなしにポンと置いてあるので、カチカチではなく、大変塗りやすい。

なんで私がこのバターに感動したかとうと、まず、塩の味が強かった。

日本でもそうだけど、イギリスでも塩分控えめのバターが主流で、私も何となく無塩バター買っていたので、バターに味がなく、バターの臭いがしただけでした。

ところが、アイスランドのバターは味があり、パンにつけてそれだけで美味しかったです。グリーランドで食べたバターもそうだったし、多分ポルトガルのも記憶が正しければ塩が強かったと思います。後は記憶にない・・・。

そして、アイスランドのバターは非常にまろやか。臭いがない。エレガントな味。

チーズもそうでした。ぜんっぜん癖がないのです(癖のあるチーズの種類を除いて)。だからこのアイスランド冬旅の初日にチーズパンにたっぷりバターというこってりなものを食べても平気だったのです。

「アイスランドのお土産」の記事を書くときに又紹介しますね。

アイスランドは酪農がさかん。乳製品は自国生産品で半分以上をまかない、輸入が少ないとか。売れるだけあっておいしいです。

では、ヨーグルトとかもおいしいのではないかと思い試してみたけど、私はフルーツの入ったヨーグルトとか好きではないのでプレーンを買ってみたら、味がなさ過ぎて失敗しました。はちみつとかも一緒に買えば良かった。砂糖もなかったし。きっと本当は美味しいのだと思います。

牛乳はそれだけで飲んでないから分からないけど、紅茶についていたミルクがいつもおいしかったので、癖がなく美味しいのだと思います。

それからチーズ。私はチーズマニアではないので良く分かりませんが、何種類ものチーズがあるそうです。詳しい方はゆっくりチーズを選んでみて下さい。

さて、お店の雰囲気はこんなでした。
086

087

 

 

私のメインはチキンですが、パンをお代わりしてるのでお腹一杯。
089

 

 

アークレイリで食べたレストランは全ておすすめレストランとして紹介できるけれど、順位をつけるとすれば、多分ここは一番下ではないかと。

もちろん美味しかったのですが、アークレイリではみんな美味しいので、競争率が激しいですから、厳しく評価しました。

でも、サラダバーも良かったし、場所もホテル前で利便性あり。町の中心だし。ってことで、高得点は高得点です。

さて、お腹一杯になったところで、後2時間ちょっとでオーロラツアー出発時間です。

 

Sponsored Link

3日目③「おすすめレストランその3、アイスランドバター」」への2件のフィードバック

  1. バターがおいしいとは。あまりバターに注目をしたことがないので、どれほどおいしいか食べてみたいです。チキンととなりにあるじゃがいもでしょうかおいしそうですね。

  2. そう言われてみると、バターの話してる人っていませんねぇ。フランスに行った時、オムレツのバターが脂っぽくて気持ち悪かったんですが、大丈夫でしたか?アイスランドバターは全然こってりしてないのです。私みたいにものすごい量食べなければ大丈夫です。
    おじゃがは西洋風ですよね。1個でお腹一杯です・・・。
    ヴェルサイユ宮殿、お揃いっぽい写真ありました!いつかパリ日記をアップした時に似たような写真があったら「これか」と思ってやって下さいな。ギリギリに入った私よりずっと時間があったようで羨ましいです。

コメントは停止中です。