5日目「レイキャヴィックでがっかり、レンタカーの決意」

Sponsored Link

昨日はアークレイリ最後の夜。無理だと分かっていても、やっぱり何度も起きて雲をチェックしました。

本日のフライトは昼の1時40分でした。11時にチェックアウトで十分間に合います。ブランチは近所のサブウェイで。

何だか寝た気がしなかったけど、タクシーを呼んでもらってアークレイリ空港へ行きました。

このままオーロラを見ないで帰国するのかな。レイキャヴィックに2泊したところで、オーロラは期待できないし。

気分は暗く、空港で一人でボーっとしていました。別にお土産を売ってるような大きな空港でもなく、ただただ飛行機待ちで一人で考えていました。何としてでもオーロラの写真を撮って帰らなければ。

又少し遅れたけど、無事レイキャヴィックへ向け離陸。滑走路がキレイでした。
209

 

 

でも天気は相変わらずの曇り。飛行機の窓から見える光景は、とても昼間とは思えない色です。
210
213

214

 

 

飛行機は無事レイキャヴィック空港に到着。そこからは、すぐタクシーに乗りました。

予約してあったのは、夏にも泊まったベストウェスタン。お部屋はちょっとグレードアップ。前回泊まった部屋は中庭に面していて、夜にオーロラが見えても気が付かないので。

今回の部屋は角部屋で窓は大きく、オーロラチェックをするには十分な広さでした。二面が窓なので、カーテン閉めるの大変でしたけど。カーテンの量が多いので。

チェックインして、防寒準備をして、三脚を持って出発。フロントで地図をもらってクリスマスツリーの場所を聞きました。

でも、とりあえず夕食。
218

 

 

アイスランド料理ではなかったですね。経営者は確かアジア人でした。マレーシアだったかフィリピンだったか。美味しいとは言わないけれど、醤油風味は期待していなかったのでちょっと想定外の味でしたけど・・・。このお店も地図にはないみたいです。

食事を済ませたら、出発。まず、ハットルグリスム教会の方へ向かって歩いてみました。

でも、近くまで行って、とりわけすごく綺麗なわけでもないことに気が付き、ちょっと方向転換して住宅街の方へ。

そこからすごく緩やかな下り坂。アークレイリとは違い、雪などと呼べるようなものもなく、アリ歩きはせずに済みました。同じ国とは思えませんね~。東京と新潟って感じでしょうか。

住宅街は静かで、特に三脚を立てて撮りたいと思うものもありませんでした。

そうこうしているうちに、ラウンドアバウトに到着。右に行けば、チョルトニン湖。

チョルトニン湖、覚えていますでしょうか。私が夏に鳥を怖がった湖です。

それが冬の夜にはガラリと変わり、逆側からの眺めですが、イルミネーションがついていました。
222

 

 

手持ちですので、手ぶれしてますけど、この橋、色が変わるのです。水色にもなったし、
223

 

 

青にも。
224

 

 

手の込んだイルミネーション作ってくれますねぇレイキャヴィック。

でも、ツリーがあるという広場へ行ってまた落胆。

シンプルツリーだし、クリスマスマーケットもない。全然望んでいたものと違う。写真すら撮りませんでした。

寒いので、ひとまず紅茶でも飲みながらもう一度地図を眺めようと思い、お店へ。どこだか忘れて、地図でも探せませんが、大きなカフェでした。紅茶を頼んだらクッキーがついてきました。
228

 

 

地図とにらめっこして、一生懸命考えます。店員さんに他にツリーはないかと聞いても、ないと思うよと即答。

色々考えて、シャンゼリゼとまではいかずとも、もしかしてショッピング通りはライトアップされてキレイかな?と期待を込めて行ってみることに。

途中、結婚式があったらしく、大勢の人に写真を撮ってくれと頼まれ、一時フォトグラファーに。

一体誰が新郎で誰が新婦かなと思って、「新郎は?」と聞くと、「僕だよ」とこっちから返事。

じゃあ新婦はと聞くと、「僕だよ」とあっちから返事。

どうやら冗談でもなさそうなので、アイスランドは同性婚が認められた国なんだろうなと解釈。今調べたら、2010年に同性婚が法制化されたみたいです。何せ当時の首相が自ら同性婚してました。

どうりで。だってね、この二人とそれをとりまく友達の喜び方が半端じゃなかったのですよ。それはもう、すっごい嬉しそうで。やっと法制化されたので晴れて結婚!って感じだったんでしょうね。すっごい嬉しかったんだと思います。私は異性婚ではあんなに喜んでる人見たことないです。愛し合うって素晴らしい!

さて、もう9時過ぎてるし、ショッピングストリートへ行ってみましょう。

だけど・・・

あれ?こんななの?
232

 

 

またここでも三脚を立てる気にならなかったので、手持ちでブレブレすいません。

アイスランドって、オレンジ電球が好まれるのでしょうか。そして、飾りつけは質素なものがいい?豪勢な明るいクリスマスを期待していましたが、だんだん見慣れてきて、もうダメなんだろうなと思い始めました。だったらやはりオーロラは諦められない。

でも、この明かりでは私素人の目でオーロラに気が付きそうもありません。

じゃあどうしよう。

レイキャヴィックでもオーロラツアーに参加してみる?

いやいや、もうコリゴリです。

仮にオーロラが見えないと分かっていても、ずっと拘束されっぱなし。「帰る」ってわけにはいきません。あちこちオーロラを探して回ってくれるわけでもありません。それなのにずっとバスで待ち、夜中までずっと団体行動。それでもオーロラが見えたらいいけれど、そんな保証はなく、しかも私には明日一晩しか残っていない。

自分が後悔しないやり方で最後の1日を過ごさなくてはいけない。

それでじゃあ、どうしたら後悔しない?

写真の通り、レイキャヴィックは全然雪がありません。それなら、明日最後の晩に懸けて、車を借りて自分でオーロラが見えそうな場所に行ったほうがいいのではないだろうかと思いました。

泊まってるのはベストウェスタン。夏と同じく、レンタカー会社がすぐ来てくれるはずです。

だったら一泊借りて、一か八か自分で動いてみよう。どこに行ったらいいか分からないけど、昼間遠出できるだけでも十分車借りる意味があるだろうし。

そうしよう。車を借りよう。

何もしないでここにいて、オーロラ見えるわけがない。まずオーロラをバックにしてもいいような場所かどうかを探りに行って、それから夜に又戻って行こう。そこで見えるかどうかは私の運次第。

じゃあ今日はもうホテルへ戻って、ネットで地図を見てどうするか決めて、他に行ける場所があるかどうかも調べよう。

というわけで、とりあえずスーパーへ。

何でって、明日車借りて一日動くなら、私には絶対に買っておかなきゃいけないお土産があったのです。

 

 
その品物の名は、「バター」・・・。

 

 

そしてたくさんバターを買い込んで、ホテルへ戻りました。

受付に行き、「明日の朝レンタカーを借りたいんだけど、予約してくれませんが?」と意気込んで頼んでみたら、

 

 

 

 

「明日の朝言って下さい」

 

 

とあっさりすかされてショボリ。明日の朝で十分間に合うらしい・・・。

そして夜な夜などうするか考える私。

その合間も窓を見るけど、電灯で明るすぎてオーロラが出てても分からないなと思いました。せっかく外見える部屋借りたのに、電灯は誤算だった・・・。

雲りかどうかも見えない・・・。

 

 

「もしもオーロラが見えたなら・・・」と思っていました。

私はたまにそういう賭けをします。そして、その「もしも」が当たるように自分で出来るだけのことをしようとするけれど、いつも遅すぎたり、中途半端だったりします。そして、失敗するのです。

だから、最終日の翌日は終始緊張しっぱなしでした。

Sponsored Link