6日目最終日①「愛するスイフト、冬のアイスランドはスタッドレス?」

Sponsored Link

朝起きて一番にフロントに電話。レンタカー会社に車を持ってきてくれるように頼みました。

10時だったか11時だったか忘れたけど、そのぐらいに来てくれました。この会社は、夏に借りたところです。あの最高に乗り心地が良かったスズキのスイフトを貸してくれたところです。

もしかして又スイフトに乗れるの!?

と期待大でレンタカー会社の人を待っていました。夏に借りた時はスイフトだったけど、今回は何ですかと聞いたら、「今回もスイフトです」とのことで、心から喜ぶ私。

あの車に又乗れる!

スイフトのブレーキの遊びがちょうどよかったこと、グリップがしっくりきたこと、加速も乗り心地がいいレベルだったこと(100キロ以上は出してません)等の理由により、スイフトに心底惚れ込んでいました。

サイズは絶対に1.4ぐらいだと思ったけれど(今も思っているけれど)、帰国して調べたら、スイフトはほとんど1.2。スポーツではなかったので、1.6ではないはず。

ヨーロッパ仕様だから違うのかどうか知りませんが、レンタカー会社の人にサイズを聞いたら、「そんなに大きくないよ」と言われたので、「1.2ぐらい?」と聞いたら、「そんなに小さくもないよ」ということで結局不明。1.2でも1.6でもなければ1.4だと思うんだけど、全然はっきり返事してもらえなかった。私も私で、登録書見れば良かったと本当に後悔しています。

さて、前回は赤だったけど今回は白のスイフト。でもスイフトはスイフト。乗り心地いいです。

ここで一つお詫びをしたいのは、確か私はタイヤについて聞いたんだけど、すっかり忘れてしまいました。ものすごく大事なことなんだけどね、冬運転するなら。覚えているのは、「納得」したことです。

ですが、何を納得したのか覚えてないのです。「レイキャヴィックは雪ないからノーマルタイヤで大丈夫だよ」と言われても納得しただろうし、「アイスランドは寒いからいつ凍るか分からないので、冬場は冬タイヤだよ」と言われても納得しただろうから。

今さらりとネットで見ましたら(検索キーワード Iceland Car Rental Winter tires)、「10月から4月までは私共の車全てが冬用のタイヤを着用しています」と書いてある会社を数社見ました。やっぱりスタッドレスだったかもしれない。

でも、もしもレンタカーを借りるなら、「冬用タイヤ」がスタッドレスかスパイクかは借りる会社に聞いて下さい。高い確率でスタッドレスだと思いますけど。

さて、事務手続きを済ませ、私は今晩オーロラを待つ場所を探しに行くことに。

アイスランド一人旅オーロラ編の最初のページへ

Sponsored Link