アイスランド白夜一人旅とオーロラ一人旅を振り返って

Sponsored Link

アイスランドといえば、ヨーロッパで一番最初に破綻した国。ギリシャよりも早く。ところが、そんなことを言われなければ思い出さないほどに安定しているようにみえました。

治安もよく、偶然だとは思うけど、私の旅行ではホームレスの方一人見かけなかった。どこに行っても暖房がきいて暖かかったし、閉店してシャッターが閉まったお店も見かけた記憶がない。

人々は穏やかで、せかせかしておらず、旅行者に何か売りつけようとしてしつこい店員もいませんでした。今まで行った国の中では、一番治安がいい国でした。

そして、何度も書くけど、食事もおいしい。もしかしたら私以外の人には少ししょっぱいかもしれないけど。野菜も新鮮、シーフードも新鮮、乳製品も文句なし。お寿司までおいしかったし。

自然も素晴らしい。白夜(正確にはほぼ白夜)から氷河、オーロラまで、ありとあらゆる自然が詰まっています。

英語レベルも高く、困ることも全くありませんでした。

私が行った国をランク付けするならば、アイスランドは最高レベルに入ります。友人や家族を連れて行くとしても、自信を持って連れて行ける国だと思う。

そんな素晴らしい国をカレンダーの国として選んだのは間違いではなかったけれど、写真の撮り方はかなり失敗しました。もったいない。もっともっと真剣に撮るべきだったけど、私の腕はそれほどよくない。グリーンランドも台無し。

それでも、私のカレンダーは一応完成しました。

世界に20個しかない私のカレンダーは、このカバー写真から始まります。
DSC_0287

 

 

残念ながらクリスマスツリーの写真を11月や12月のページに使うことはできなかったけど、その代わりオーロラが12月にきました。見たのか見なかったのか分からなかったオーロラが。

ところで、私が賭けていたのは、

「もしもオーロラが見られたなら、私はきっとイギリスにいられる」

でした。

賭けははずれ、私が今いる国は、日本です。賭けた時から約一年後にイギリスを離れ、それから又約一年後にこのオーロラ編を書き始めました。

あんなにいたかった国を出て、自国籍のあるこの国で再び暮らすこととなってから1年が経っています。

自分が暮らしたい国には国籍がなく、ビザを延長するのも、肉体的・金銭的、その他諸事情により無理だと判断しました。

私がいつもする「もしも・・・」の賭けは、割と毎回当たっています。

本当いうと、オーロラのことを思い出す度について回る記憶は、イギリスから離れたという事実であり、オーロラが見られたのか見られなかったのかということではなく・・・。

オーロラにつき私がつくづく感じたのは、本当はそこにあるのに見えていないものもあるということ、又は、欲しいものが目の前にあるのに気が付かないこともあるということ、又は、出会うべきはずの相手を目の前にしながらも気づかずにいるのかもしれないということ、又は、手に入るべきものを自分の愚かさで失っているかもしれないということ、でした。

そしてあんなにオーロラを見るために悩んだけれど、私がアイスランドという国だけについて一番に思い出すのは、スズキのスイフトでの人生で一番気分が良かったドライブです。もちろん車が良かっただけでなく、国が良かったわけなのですが。

 

夏に借りたのは赤のスイフト。

 

 

冬に借りたのは白。

 

 

 

そして、これは黒。
DSC_0262

 

 

私がこの国に戻り、車の買い替えにあたり迷わず選んだのはスイフトでした。

これは、アイスランドがくれた、間接的なお土産です。

アイスランドで惚れ込んでしまったスイフトは、やはりEU仕様とは異なるけれど、私の可愛いミニアイスランドなのです。

ずっとトヨタ車ばっかりだたけれど、初めてスズキにしました。アイスランドで乗らなければ、次もトヨタ車選んでたはずです。

一人旅が人生に影響しないということは滅多にないことだけど、影響したとしても、ちょっと時間がかかったり、変化に気が付くのに時間がかかったりすることがあります。

イギリス出国は1年後、スイフト購入は1年半後、そしてもう1つ、旅行の写真を見ているうちに気が付いたことがありましたが、それはアイスランドだけでなく、他の旅行の写真を見て気が付いたことでしたので、いつかどこかの「振り返って」日記に書きます。

これでも「凝縮」したつもりの「振り返って」編ですが、この10倍ぐらいかけるほどのストーリーがアイスランド&グリーンランド一人旅にはありました。

もう一度ひたすらドライブに行きたいけど、同じ国の旅行記を3回も読みたくないでしょうからやめておきましょう・・・。

 

 

 

2016年6月 オーロラについて思い出す記憶は、やっとオーロラについてだけになりました。私の脳でイギリスとは切り離され、寒い中写真を撮ったことや、オーロラ見るためにどうしたらいいか悩んだことなど、実際にあった事実の記憶が勝ってきています。その上、目で見てもいないくせに、なぜかあの美しい緑のオーロラを思い出します。本当はそこにあったのに見えていなかったものは、一生かけて私の記憶に住み着いてくれるようです。

Sponsored Link