予約時⑤「その他オプション(事故の保険もちょっと)」

Sponsored Link

2016年4月27日更新
このレンタカーの借り方のカテゴリは、最初の「国際免許をとろう」から始まっています。文字だけで説明していた記事を読みやすくするた め、随所スクリーンショットを入れる等の変更を加えながら文章も少し直していますが、この記事は文章追加のみです。

純粋に一人旅の方、最初のほう飛ばして下さい。

「追加運転手」
友人と旅行する場合、又は一人旅しているうちに恋をして次から二人旅になってしまった場合、その二人旅行でレンタカーを借りるなら、お連れ様を追加運転手登録しておいたほうがいいと思います。

あなただけが責任を負うことはありません。

運転中、何があるか分かりませんが、登録した運転手の運転事故でない限り保険がおりないのが普通です(保険がおりる事故だったとして)。

例えばあなたが突然具合が悪くなって運転ができなくなったけどお連れ様は追加運転手登録していないので運転できず、仕方なく路駐して車を放って病院へ行ったとします。その車が駐車違反で罰金となると、その支払は全部あなたのクレジットカードから、そんなあなたは病院で苦しい思いをして日本へ帰国。踏んだり蹴ったりです。追加運転手を登録していても、支払いを自分のクレジットカードでしていたらどんな罰金もご自分に請求がきますが、そうなる前に運転交代できたら免れたかもしれない罰金や事故もあるわけで。

追加運転手は有料なところで借りてしまう前に、追加運転手無料のところがないかどうかまず探してみて下さい。無料なのは、レンタカー会社直接より、予約会社の方でありがちです。

追加運転手登録していないお連れ様が運転したところで即座に罰金とかそんなことではなく、もちろん見つからなければ分からないし、事故や違反しなければそれで無事済んじゃうとは思いますが、保険云々以前の問題で、これはそもそも契約違反だと思います。そこもまあ、ばれなきゃいいよってことになっちゃうんだろうけど。契約違反が何を意味するかというと、事故等での刑事責任や被害者から不法行為による賠償責任を問われること以外に、レンタカー会社との契約違反により違約金を請求されるとか、悲しいおまけまでついてくるかも、ということです。車壊れてたりしても保険おりずに自腹でしょうから、その上違約金で、いくらになるんでしょうねぇ・・・。

と、何となく告げる義務がありそうなので書いてみました。保険おりないかもということは、運転登録者以外の人の運転時の事故のみでなく、飲酒運転だとかそういう保険会社との契約違反でもあり得ますから、その辺日本の保険と同じだと思いますので、どんな時に保険おりないか約款読んでみてください。

※ ノンオペレーションチャージが世界的に普通なのかどうかは知りません。これは、「あなた事故起こしたから保険で車直してるけど、その間この車貸し出せないから利益減ってるからその分のお金払ってよ」っていう感じのもので、車版の休業補償みたいなやつです。私はこの保険を論理的に理解できません。今英語で検索してみたらトリップアドバイザーで批判されてました。私も同感です。英語ですけどどうぞ。
https://www.tripadvisor.com/ShowTopic-g298143-i5078-k4768508-Non_Operation_Charge_for_Car_Rental-Hokkaido.html

さて、追加運転手登録は、本人がいなくてもできるかもしれません。先に自分がその国に到着して、後からお連れ様が来る場合、お連れ様の日本免許証と国際免許証をコピーして持って行って提出してみてください。私も一度本人不在で登録しましたが、大丈夫でした。結局怖くて運転できないということで私一人で運転したのでお金払っただけで何の意味もなかったけど・・・。

 

「チャイルドシート」
一人旅しているうちに恋をして、そのうえ結婚して子供ができてしまい、もはや一人旅でなくなってしまったあなたは、チャイルドシートを借りましょう。

これはどうやら、赤ちゃん専用、赤ちゃんがもう少し大きくなってから、そして4,5歳までのものとか色々あるみたいですね。「チャイルドシート無料」というのは見たことがないので、有料しかないと思います。

 

「タイヤチェーン」
これがオプションなのが怖いと思うのですが。オプションは借りられると確定したわけではないので。行ってから「ありません」と言われたら雪道どうするのでしょうか。

私はチェーンをつけるくらいならその国での運転は諦めますので、おそらく一生借りることはないと思いますけど、スキーとか行かれる方はきっと必要ですよね。そもそもチェーンという項目を予約時に見かけることがあまりないのですが、時期的に出すものなのかもしれないので良く分かりません。

さて、チェーンが本当に「チェーン」タイプなのか、何というか、私つけないので分かりませんが、あのプラスチックみたいな簡易なやつなのかどちらなのかは知りません。値段からしておそらくチェーンタイプだと思うのですが。

アイスランドオーロラ編でも書きましたが、最初から冬タイヤなこともあるみたいですから、事前に聞いてみるといいと思います。

ウィンタータイヤが必ずしもスタッドレスとは限りません。スパイクかもしれません(スパイクタイヤ自体稀だと思いますが。北欧ならあるかも)。行く場所に本当に雪が降ってるかどうか先にレンタカー会社にメールして聞いてみるといいかもしれません。

 

「追加保険」
追加保険とは、追加料金にて加入する保険ですが、免責をゼロにする保険とか、免責額少し下げてくれる保険、窓ガラスやタイヤをカバーしてくれる保険等のことです。

前にも書きましたが、保険の詳細はあまりにも量が多くなる上に正しいとも限らないので別に記事を設けてはいません。国によって違うルール、レンタカー会社によって違うルールがあるし。予約する前にどんな保険が含まれて(強制で)、どの部分が追加になり、どの部分が追加保険でもまかなえないかを確かめて下さい。

追加保険の一部を「無料で含まれます」として貸し出している予約会社やレンタカー会社もあるようです。そうでなければ、大抵1レンタルではなく1日の料金なので、レンタル期間が長いと車代よりはるかに高くなる追加保険もありますので、金額確かめてみて下さい。

※ 記事は設けずとも、ちょこちょこ保険に触れてます。全体的にカテゴリ読んでみて下さい。すいません・・・。

 

 

「その他」
先日、「SIMカードと現地携帯」というのを見ました。無料でした。申し込んでレンタカーを借りましたが、結局借りませんでした。私は自分の携帯があるのでシムだけ欲しかったのですが、私の携帯が大きいシムしか入れられないので諦めました。小さいシムだと言ってたので。

それから、スキーラックもオプション見たことあります。

国が違うと色々なものがあるかもしれません。新しいオプション見つけたら書き足しますね。

次の記事は、クロスボーダーと返却場所が違う場合についてです。

 

Sponsored Link