ロイヤルヨルダン航空とアンマン空港

Sponsored Link

2016年7月 変更確認したところ、変わってたところもあったので書きなおしてあります。

これはヨルダンのアンマンへの往復で使った航空会社ですが、ロンドンからの往復でした。

残念ながら日本就航はしていません。日本語のHPもありません。

ロイヤルヨルダン航空のHP(英語)
http://www.rj.com/en

そして、帰りの便でイヤホンの接続が悪かったことを除いては、何も覚えておりません。すいません・・・。

申し訳ありませんが、最低情報のみということで、今HPをちらりと見てちょっとだけ確認した部分の翻訳を以下に。

まず、アジアへはインドやスリランカ等いくつか就航していたようですが、現在は、タイ(バンコク)、中国(広州と香港)、マレーシア(クアラルンプール)、インドネシア(ジャカルタ)だけみたいです。

ルートマップで見ると、ジャカルタ以外はみんなタイ経由かタイ乗り換えみたいに出てきます。ジャカルタは何故かクアルンプール経由で。でもクアラルンプールはタイ経由で。何だか良く分かりませんが、一応ルートマップのリンクを。
http://www.rj.com/en/destinations/route_map

ワンワールドに加盟しているので、スリランカ航空もあるし、キャセイパシフィックもあるし、JALも入ってますから、乗り換えの組み合わせでロイヤルヨルダンが選択されることもあるかもしれませんね。

預け荷物の重さと量(北米とエジプトカイロ発着以外)は、エコノミークラスが30キロまでで1つ、多分ビジネスクラスだと思いますが、「クラウンクラス」と呼ばれるクラスになると2つ預けられますが、1つは目は30キロまで、2つ目は23キロまでという制限でした。どちらのクラスも、預け荷物は三辺の合計が158センチ以下でなければいけません。

預け荷物の超過料金はどこから乗ったか(どこに帰るか)によるので、HPで見て下さい。
http://www.rj.com/en/checked_luggage.html

手荷物は、クラウンクラスは Embraersという飛行機でのフライト以外は二個まで、エコノミーと Embraers利用者は一個の持ち込みだそうです。

1個にせよ2個にせよ、手荷物の重さは7キロまで、大きさは必ずシートの下や上の荷物棚に入る程度で、三辺は最高23センチ×41センチ×51センチ、又は合計115センチを超えてはいけないそうです(この大きさには車輪やハンドルやポケットも含みます)。

また、下記の物は個数には含まないそうですので別にお持ちになっても大丈夫です。
①折りたたみ可能なベビーカー(子供が一緒の場合のみです)
②傘、杖
③小さなカメラ(意味分かりませんが、一眼じゃダメってことかな)
④双眼鏡(これも分からない・・・。結構大きいのあるのにね)
⑤雑誌や本等、多くない程度の読み物
⑥搭乗者が必要とする松葉づえ等の体を支える物(って訳し方変かな)
⑦ラップトップパソコン(これも大きいと思うんだけど・・・)

なんかこうなると、一眼でもレンズ小さければいいのかな?ちょっと基準が良く分かりませんが、訳し方気になる方はリンク読んで下さい・・・。
http://www.rj.com/en/carry-on_pieces.html?learn_more

 

アンマン空港ですが、降りたところに喫煙所があってびっくりしました。乗る前にも喫煙所あるでしょうが、降りた後スーツケース受け取る場所のちょっと手前にありました。「さすが中東」と思いました。まだあるのかな。

免税店結構あったように記憶しています。もうちょっと早く行けばよかったかなと思ったはずなので。

日本からの乗り換えだと乗られる方少ないでしょうが、私はこちらにして良かったです。ロンドンからはイージージェットも就航しているのですが、ちゃんとした無料の食事や飲み物が欲しかったし、見ませんが一応テレビもあってほしかったし、何より少し広めの席が良かったのでこちらにしました。

機会があったらHPでも見てみて下さい。

ヨルダン一人旅レンタカー運転ありへ飛ぶ

追記 私が行った時は工事中だったような気がしてきました。拡張工事中だったのでお店も少ないように感じたかもしれません。今は素晴らしい空港になってるようです。HP2つあるみたいでどっちが正しいか分からないけど、新しそうな方貼っておきます。
http://www.qaiairport.com/en

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。