4日目②「ワディーラム到着」

Sponsored Link

到着したるはワディーラム。

 

ヨルダン南部のこの砂漠、ヨルダンにツアーで行けば絶対入ってると思います。

入口らしきところに車で入っていくと、若いお兄ちゃんが寄ってきました。

窓を開けてここがワディーラムの入口かと聞くと、そうだと言います。

彼は四駆でワディーラムを案内してくれるらしく、値段交渉の末お願いすることに。いくらだかすっかり忘れちゃいました。すいません。でも、日本人だと言ったら急にちょっと安くしてくれたのは覚えてます。

さて、もうちょっと先の駐車場に私の車を停めて、自分の四駆に乗ってちょうだいというので、駐車場まで移動します。

車を乗り換えて彼の四駆に乗ると、まあびっくり。

カギないじゃん・・・。

すごい。

配線点火でエンジンかけるのね。

車はトヨタのジープでした。

最初は盗難車かなと思ったんだけど、話を聞いてるうちにそうでもないかな、と。

ナンバープレートは無し、彼の知る限り30年は前の車とのこと。

今まで乗った車の中で一番乗り心地が悪かったので、30年前っていうのも本当でしょうね。

カギがないので、当然ドアもロックかけられないんだけど、盗まれないかと聞いたら「ここらあたりはみんな家族だからそんなことしない」と言ってました。

みんな家族ってすごい表現だな。

ジープも親の代から乗ってるそうなので、まあ自分たちのものなんだろうなと気にしないことにしました。

それほど悪路でもないのにものすっごく揺れます。古い車なので・・・。

さて、私の車についての質問が終わった後の彼からの質問は、やはり、

「結婚してるの?」

でした。

もうそろそろここらあたりから、何か理由があって聞いているに違ないと思ったりもして。

実は既婚料金とかあって、結婚してると分かった途端お金とるとか。

まあもう慣れたからいいんですけど。

さて、ワディーラム砂漠ですが、一体どのぐらい大きいのかは今でも分かりません。

2016年6月 HPあったので追加します。日本語ないですが。
http://wadirum.jo/

時間がなくて、くまなく見るようなツアーにはしてもらわなかったので。

もう入ったときから日暮れ近かったのです。
IMG_4588

 

 

逆光に見なければちゃんと明るく赤土見えますけど。
IMG_4590

 

 

一旦車を停めて、途中で降ります。
IMG_4592

 

 

良く壊れずに走ってくれました・・・。
IMG_4598

 

 

どこで停めてもらったのか全然分からない。
IMG_4604

IMG_4606

IMG_4607

IMG_4620

IMG_4624

IMG_4627

IMG_4628

 

 

ここから少し移動。

今地図を見てみたら、ワディーラムには色々あるらしいのですが(ロレンスの泉だとか大きい砂山だとか)、今でも良く分かりません。移動したのは、サンセットサイトと呼ばれるところかな?
IMG_4635

 

 

上の写真の黒いテントに家族がいて、住んでるのかどうか分からないけれども、そこでお茶一杯頂きました。

っていうか、このあたりで私放っておかれます。一人でそのへんウロウロして写真撮ってみましたが、車移動じゃないと限界があります。
IMG_4637

IMG_4638

 

 

左の砂の上に登れたのですが、やめておきました。滑って転んでレンズに砂でも入ったら嫌なので。
IMG_4640

IMG_4641

 

 

陽が暮れて月が見え始めてしまった。
IMG_4642

IMG_4644

IMG_4645

IMG_4648

IMG_4653

 

 

でもちょっと近くへ行ってみよう。
IMG_4661

 

 

ああ月が。もうダメかな。
IMG_4663

 

 

ちょっとカメラの設定変えて頑張ってみます。
IMG_4670

IMG_4671

 

 

いい形に削られちゃってますね~
IMG_4674

IMG_4677

 

 

そろそろ本当に無理かな。もう帰ろう。
IMG_4678

 

 

電灯ないですしね。多分ジープはライトついてないし。

そして駐車場へお兄ちゃんと急ぎます。

この行き帰りのジープで砂埃まみれになり、なぜ顔をスカーフで覆ってる人がいるのか違った意味で理解しました。

もし持参できるならサングラスを持って行ってかけて下さい。そしてスカーフかタオルで口と鼻を隠して、頭は帽子でいいでしょうね。

すごいですよ砂埃。やっぱり砂漠です。

そして駐車場まで戻った頃には真っ暗。

電灯なし。本当に真っ暗。

車でお兄ちゃんに連絡先を聞かれたのでFBにリクエスト頂戴といっておきましたが、結局リクエストこなかったな。

真っ暗闇の中で私の名前をインクも出てないボールペンで書いてたので、結局分からなかったのかもしれません。

しかし親日ですねえみんな。

私のヨルダン友達の彼女たち、私がFBで何か日本語で書くと、いいねしてくるんですよね。一度「意味わかるの?」と聞いてみたら「何でもいいの日本語が好きなの」って言ってました。かわいいですねぇ。

因みにその時の私のFBの書き込みは、「まぶたの裏にできものができたので自分で針でつぶしてみたが、そんなことを夜中にやってる自分が怖い」っていうものでした。

さて、暗闇は束の間、すぐ国道へ出ました。今晩はアカバへ移動です。対岸が見たいので、アカバまで行って泊まることにしてあったのです。

近くもないので、又すっとばして行かなくては!

Sponsored Link