5日目③「ペトラから撤退」

Sponsored Link

水をほぼ飲まれてしまい、少し残った水も自分で飲んでついに枯渇。

またロバに跨りポコポコ旅。

なんかどこぞに行ってそこからそこを見ながら降りていくとか言っていました。既に1時過ぎ。昼食はまだ。

そしてこの自分も疲れてしまった子、私の後ろに跨って乗ってくる。

気温は40度近く、乾燥してるしすごい日差し。

疲れるのは分かるけど、客のロバに乗ってどうする。

まあちゃんとしたビジネスなわけでもなし、仕方ない。私は大きなカメラバッグを背中にしょってるので、くっついているわけでもないし。

後ろでブツブツ日本人の元カノのことをしゃべっています。

ここらあたりで、何故そんな話になったのか、何故ロバから降りたのか全然覚えてないけれど、値段交渉の話になりました。

最初に決めた値段でいいんだよねと聞いたら、こんなにたくさん歩いたし、君の手を引いて助けてあげたんだし、もっと多くくれてもいいんじゃないかと言う。

やっぱりなと思う。

普通、性別を問わず年齢を問わず、誰かと知り合いになりたいと思う人間は、電話番号を聞くなりメルアドを交換するなり、今だったらFBでリクエスト送ろうとするなり、「将来的に又会えるであろう手段の確保」をします。

ただただ褒めちぎったりうまいことだけ言っているような人は、大抵後でお金を要求してくるか、最悪の場合は犯罪沙汰になるかもしれません。

この子とてお金のために働いているのであって、そこまで悪い子ではない。

でも、あそこまで歩くのは最初から君は分かっていたんだから、最初に出した料金はそれを考慮した額だったはずで、歩いてあげたからもっとくれとはおかしくないかとは言ったけど。

でもまあ、いくら欲しいと言っているのか分からないので、「それでいくら欲しいの?」とも聞いてみました。

でも何度聞いても、君が決めた値段でいいとしか言いません。もしもゼロならゼロでいいと。

つまりこれは、完全に「チップ」の発想な感じでした。「心遣い」としてのお金のことを言ってるんだろうなあと。彼の表現はおかしかったけど。

残念ながら私はいつも現金がありません。しかもこんな帰る前日にたくさん現金持っているわけがないし。

結局幾ら渡したか忘れたけど、予定外の額でした。

同意した料金以上の額を請求するのは契約違反であって云々と、契約について1分ほど機関銃のようにしゃべったけれど、アホらしいのでやめました。

チップなら契約違反ではない。それを強要するならまた別だけど。

英語が通じただけでもありがたく思わなくてはいけない。

と、またロバに跨り出動。もう一度言いますが、悪い子ではありません。

そして、その「そこから降りよう」と言っていた何とか何とかに行く途中、私に異変が起きました。

「何か、耳がおかしい」

脱水症状か何か、鼓膜がおかしくなったみたいな感じでした。

エレベーターに乗ると耳がブツッとしますよね?あれのすごいのがやってきて、この子の話していることなどろくに聞こえない。

何か飲まないとまずい。

「もう(何とか何とか)とかどうでもいいから、下降りるから降りられるところまで行って」と言い、何とか何とかを諦める。

今でも何だか分からなけど。

崖の上まで上がってきてるし、どこからでも降りられるわけではありません。

この子が降り口まで連れて行ってくれないと分からない。

降り口まで再び数分進み、到着するとすぐ「じゃあね」とそちらへ。

そこは下までずっとちゃんと階段になっていました。途中露店もいくつか出ていました。

すごい勢いで階段を下りていくけど、右側の露店でふと目が留まりました。

日本人みたいな男の子がいたのです。一緒にいたのは女性だったけど、ヨルダン人だったか欧米人だったか覚えていません。

とにもかくにも下へ降りて何か飲まなきゃいけないので、そのまま階段を降りきりました。

「もしも何もなければ、チケット売り場のあたりまで戻らなければ飲み物にありつけないってことになるんだろうか」

そんな不安とは裏腹に、階段を下りて2,3分歩くとジュースも売っている休憩所が。ありがたいことに、屋根もあり椅子もある。

そこでジュースを購入。座って休んでジュース飲むと、あっさり耳は治りました。

高いところにいるとダメなのかな、と思いながら飲んでいると、さっきの男の子が。

日本人かと英語で尋ねると、親は日本人だけど日本語話せないと英語で返されました。

彼はドイツ生まれで、第一言語はドイツ語。第二言語は英語。

休憩の間雑談。FBでリクエスト送るねという話になって、友達になりました。

そして彼もエル・ハズネの方へ行くというので、一緒に。

そこでやっと、行きは崖の上を通ってしまったので歩けなかったシークを歩きました。
IMG_4817

 

 

こっちのが楽しいよなやっぱり。

そして、エル・ハズネへ。
IMG_4819

 

 

座り込んで眺めてみる。彼も座り込んで眺めている。彼も写真が好きらしく、もうお互い放ったらかしです。
IMG_4821

 

 

でも私はもうあまり興味もなく、3時も過ぎちゃったし、ペトラからはもう出たかった。やっぱり世界遺産てあんまり楽しくないです。新鮮味に欠けるし、人が観光客慣れしすぎてるから。

だいたい死海へ急がないと、死海の夕陽逃しちゃう。

馬車の運転手が何度も話しかけてきました。チケット売り場(出入口)までは結構距離があるので、ここから馬車に乗って行く人が多く(逆もまたしかり)、観光名物になっています。

幾らでどうだとか言ってくるけど、さっき沢山払っちゃったからお金なし。いくらならあるの?と言うので500円ぐらいだよと言うと、2人ならそれでもいいよと言うが、彼はまだ帰るつもりはないので、私一人。

「さっきね、お宅のお仲間に予想以上のお金払っちゃったからないのよ。明日帰国だしね、現金持ってないの。クレジットカード使える?」

と私お決まりのクレジットカード法。

「使えないよ。1000円(ぐらいだったと思う)ぐらい払えない?」と交渉に入るけど、私は完璧払う気なし。持ってたけど、2,3000円ぐらい残しておきたかったので、「本当にないからダメ」と固く断る。

すると客がいなくて困ったのか、

「じゃあもう500円でいいから乗せて行ってあげるよ!」

 

 

 

 

そして、500円ぐらいの馬車。
IMG_4824

 

 

笑っちゃったのが、やっぱり500円じゃ本当に足りないのか、「誰か乗らないか!」と大声で観光客を勧誘しながら走っていました。

中途半端に終わったペトラ、たったこれしか見られなかったけど、一番楽しかったのはこの馬車だったかも。

それと、また友達ができたことかな。

ゆっくり見られる方はHP見てみて下さい。
http://visitpetra.jo/

ペトラから出たところに並ぶ露店でお土産とか見たかったけど、時間もないしお金もないし。なので駐車場へ直行。

そしてカラカラになった唇にリップを塗ろうと、車に忘れてしまっていたリップクリームを出してみて涙。

 

 
溶けましたか・・・・・・・・・

 

 

 

せめて日陰に停めておけばここまで溶けなかったに違いないよね・・・。車の中は軽く40度超えてただろうし。

ああもういいよ。

死海へ行こう。

泳ぐわけじゃないけど、死海の写真だけ撮って帰ろう。

昼食抜き。ランチ代わりに、車にあったスナック菓子を食べました。これは、ジェラッシュで会った女の子がくれたお菓子のうちの一つ。

ありがとう・・・。

死海まではここから約160キロ。すごい飛ばしていけば、6時前の夕陽間に合うに違いない。

とはかなり甘い発想でした。

私はそのまま数時間ヨルダンを運転する羽目になったのです。

Sponsored Link