3日目②「再びリニーの塔へ」

Sponsored Link

リニーの塔には後で戻ってくることとして、今度は南側の海沿いへ行くことにします。

塔の裏から表に出ると、優しそうなおじいちゃんがお孫さんと戯れている。
IMG_0302

 

 

嬉しそうに撮った写真を見せると、「将来はすごいカメラマンになるぞ~」と優しくほめていました。
IMG_0303

 

 

微笑ましい一幕を後にして、南へ。

裏路地を入ってみたり。
IMG_0304

 

 

港に着いたので、この辺りでレストランはないかと探すけれど、良さそうなのは見当たらない。確かマグロがいっぱい捕れると何かで読んだような・・・。違ったかな。

南側の海沿いは港町っぽくて、北側とは全然違いました。陽も当たり暑くてしょうがないので、木陰を歩きます。
IMG_0309

 

 

海沿いのレストランで食事したいけど、全然ない。海から少し離れたところしかない。

ただただずっと歩いていたら、港も終わりかけ、やっと見つけたけれど、何かレストランというより、バーみたいでした。地図では見つかりません。

フリッターの写真があるし、イカ食べたのも覚えてるけど、ランチはこれだけだったのかな。他に写真ないし。
IMG_0310

 

 

ここから私はスーパーを探しに行きました。何か買い物したかったのです。何だったか忘れたけど。

コンビニみたいなのがあって、そこではダメなので、ちょっと大きめのスーパーを探してやっと見つけて買い物しようと思った矢先、さっき入ったバーのトイレに化粧ポーチを忘れたのを思い出して急いで戻りました。

店長に「忘れ物したの!」と大きな声で言ってトイレへ直行。

無事に化粧ポーチはそのまま残っていました。

店を出るとき、「君はラッキーだよ」と言われました。本当です。良かった良かった。

さて、スーパーに戻って色々見てたらフリスク見つけました。ヨーロッパで初めてでした。しかもデカフリスクです(それが普通サイズみたい)。

日本の今売ってるデカフリスクじゃなくて、単に入れ物が大きくて量が多いフリスクです。イギリスではフリスク自体ないので、大喜びでいくつか買いました。

そして、喉が渇いたし、南側の海沿いへ戻って、今度はカフェに入って冷たいものを。
IMG_0311

 

 

これ、確かレモンシャーベットジュースみたいなやつだったと思うけど、良く覚えてません。美味しかったけど少なかった。

甘いもの飲んだところで、今度はB&Bの裏側あたりへ。

これ、何だったかな。市役所だったかな。
IMG_0313

IMG_0316

 

 

そのまま又北側の海沿いへちょっと出てみました。
IMG_0319

IMG_0328

IMG_0329

IMG_0331

夕食を先に済ませてから夕陽を撮りたいから、もうそろそろ行かなくちゃいけません。

そう思って一度B&Bへ戻ります。何しに帰ったか忘れたけど。

これ、B&Bの入口。イタリアらしい迷宮内って感じですよね。正面の上の窓が私の泊まった部屋です。
IMG_0334

 

 

部屋の窓からの眺め。花は造花です。
IMG_0338

 

 

再び北側の海沿いへ。ちょっと夕暮れ色。
IMG_0340

 

 

犬もお休み。
IMG_0341

 

 

ジョギングの人とか散歩の人とか、結構人が多くなって、夕暮れ時のシチリア島も素敵でした。

さて、着いたレストランは、フロントの女の子のお勧めレストラン。今グーグルで探そうと思ったんだけど、閉店してる?自分の思った場所にあるレストランは閉店だけど、名前覚えてないので確かめられません。すいません。

2016年6月、再度見たら出てました。しかもHPもあります。私が食べたタコがメニューにあったので、このお店だと思います。

 

 

まだイタリア語しかないみたい。
http://www.trattoriaposeidone.it/index.htm

 

これがその美味しかったタコ。
IMG_0345

 

 

でも、シーフードスパゲッティを食べていると、もう夕日の時間です。
IMG_0346

 

 

なんかちょっとね、料理がくるの、時間かかったのです。夕陽間に合わなくなっちゃうから、「ごめんなさいもういいです」と言って会計しました。

持って帰るかと聞かれたけれど、時間ないからやめました。

陽が落ち始めていたので、急いでリニーの塔へ向かいます。
IMG_0347

 

 

あれ せっかく急いできたのに。曇りすぎじゃない?
IMG_0351

 

 

ダメみたい。夕陽は無理みたい。
IMG_0353

 

 

何だ。悲しいな。何度も塔見てもしょうがないのにな。
IMG_0357

 

 

でも、一応陽が沈むまで見続けていると、
IMG_0358

 

 

何やら私のように、でもコンパクトカメラで一生懸命夕陽を写している男の子がいます。アジア人です。

「どこから来たの?」と英語で聞いてみると、「英語話しません。日本人です」とイタリア語で返されました。

やっぱり日本人。

こんな町はずれで何をやっているのかと聞いてみたら、イタリアに留学しているとのこと。しばし久々の日本語を。

彼とは帰り道ずっと話して戻りました。残念ながら夕食済ませてたので夕食は一緒には食べなかったけど、食べておかなければよかったな。

そしたら一緒に食事したのに。何とこの日は、彼の誕生日だったのです。
知ってたらご飯ぐらいごちそうしたのになぁ。

というわけで、教会のあたりを散歩したりしながら色々話して、電話番号を交換してFBでも友達になり、お別れを。この彼とは日本帰国後も一緒にイタリア料理を食べに行き、イタリアを一緒に懐かしみました。

彼と別れた頃にはもうあたりは真っ暗。すごい寒かった。さすがに夜はちょっと冷えるのです。

部屋に戻って、洗濯物乾かすためにも暖房ガンガンかけました。

だから部屋の中だけはすごい「夏」って感じで、布団はだけて眠りました・・・。

翌日はマルタへ移動。フライトまで少し時間あるので、チェックアウトの後もうちょっと歩いてみることに。

Sponsored Link