最終日とその後「レンタカー屋との決着」

Sponsored Link

朝は早めに出発。

早目に出て良かったです。通勤渋滞で思っていたよりもずっと時間がかかったので。

それでも余裕で空港に到着しましたけど。

言われた場所に駐車し、着いたのですぐに来て下さいと言ってレンタカー屋に電話をしました。

待っている間、隣にレンタカーを返す他のお客さんグループが。鍵をどこぞに置いておくんだと言っていたので、危なくない?と言うと、そうなんだけどね~との返事。気にしてない様子でした。

私だっていつもなら大して気にしない。だけど今回は違います。全く信用できない。

しばらくすると、借りた日にいた男性のほうがやってきました。

車をチェックしてもらいます。

「何もないでしょ?」と言うと、「ないね」との返事なので、もらった契約書の複写の裏に、

「傷一つなく、確かに返却して頂きました」

と直筆で書いてもらって、サインもしてもらいました。

もう一度言いますが、全く信用できなかったので。

チェックもしないなんて適当な仕事はおかしいよと言うと、そうなんだけどねとか適当な返事でした。

なんなんだ。

これで不正請求してくることもないだろうと安心して飛行機に乗りました。

マルタ空港はあまり大きくないのでお土産屋さんも少ないけれど、何か刺繍のティッシュケースとかテーブルクロスを母に買いました。刺繍有名なのかな?

さて、ロンドンに到着しても、まだガソリン代の払い戻しはされていませんでした。

数日後怒り狂ってメールしたのを覚えてますが、そのメールが残っていないのでどれだけ怒ってたか忘れちゃいました。

「最初から最後までまともなこと一つできないのかこのやろう」ぐらいのこと書いたんじゃないのかな。このやろうほどは書いてないか・・・。

そしてそれからすぐ払い戻しがありました。

無事一件落着です。

「何かあったらその場で処理しろ」のモットーは、今回もうまく働いてくれたようです。

アメリカの代理店からのホテル代の差額払い戻しもすぐ入ってましたし。

やれやれ・・・。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。