この一人旅を振り返って(マルタ編)

Sponsored Link

どうしてか分かりませんが、マルタ一人旅での検索でこの最後のページが表示されてしまいます。最初のページへのリンクをこちらに張り付けておきます。
マルタ一人旅レンタカー運転あり最初のページへ

私にとって旅行というものは、いつも人生に何か意味や強い思い出があるものです。

過ぎてみなければ分からないかもしれないけれど、すぐには気が付かないかもしれないけれど、何かがあるはずなのです。

ところがこのマルタ旅行が一体全体何だったのか、ずっとずっと良く分からなかった。

レンタカー会社ともめたりホテルともめたりはしたけれど、それ以外は順調で、特に問題もない退屈な旅だったからかなとも思ってました。

飛行機代が一番安い旅だったけれど、そんなもの、ものすごく感動するほどでもない。

車は運転したけれど、海外では何度も運転しています。

でも1年ぐらい経って写真を見直したとき、綺麗な青だなと思えました。地中海のきれいな青を満喫できた旅でした。

でも、それでもなんかしっくりこなかったのです。マルタから帰った時、「もう二度とマルタに行くことはないだろう」と思ったので、マルタの写真をメールに添付して恒例の季節のご挨拶としてメールした時、そのように書きました。

そしたら返事をくれたイギリス人の友人の一人が、「僕も遠い昔マルタに行ったけど、やっぱり同じことを思った。何だか嫌な感じだった」と言っていました。

私もその人も獅子座です。あまり獅子座の好みではないのかな。

でもずっと気になっていた国でした。だから行けて満足でした。

もしも次に又行くことがあるのなら、おそらくその時はゴゾ島をメインの滞在先にすると思います。ゴゾ島のほうが好きだったので。

さて、地中海の青がキレイだったなと思ってから更にしばらくの月日が経った今、ブログでこうして海外の旅だけではなく、運転やレンタカーについて色々書くようになり、マルタへ行った一番の理由はこのブログのためだったかなと思えるようになりました。

ブログを書くようになってから私の旅の意味は大きく変わり、行った先を思い出しながら旅行記を書くことで、私はもう一度旅行をしているのです。

そしてあのマルタの悪路の運転、果てしない運転、くたびれ果てた運転を思い出しながら、走りまくっておいて良かったなと思っています。

ろくに覚えていませんので情報提供も不十分ですが、一人運転旅というのがいかに気ままで適当で、徹底的に自由かとうことに気づいてくれた方もいたのではないかと。

走ってる場所も分からず、停まりたくなければそのまま進み、天気に合わせて自由に動き、トイレに困り、カフェに困り、ガソリンに困り、駐車場に困り・・・・
それでも、車があることで得られる自由を、それがいいことであれ悪いことであれ、お伝えできたのではないかと。

マルタはヨーロッパで不況の打撃を一番受けなかった国だと何かで読みました。その割にすごく貧しい国に見えましたが・・・。

首都には一切入らないという異例の旅だったので、余計貧しく見えたのかもしれません。

地中海は美しいです。マルタじゃなくてもいいと思うけど、ヨーロッパで左側通行の数少ない国のうちの一つですから、まだ海外ドライブしたことがない人にはいいのではないでしょうか。

でも海外運転が初めてなら、くれぐれも大通りを。

ちょっと入ると、悪路ですから。

スリルがあって楽しいっちゃ楽しいですけどね。

綺麗な海を泳いでヴァカンスを楽しむ人とはほど遠い旅行でした。

細道行く気なら、大きな車はやめたほうがいいです。

ミニプジョー、疲れましたけどね・・・。

 

2016年6月
あまり知名度のない国だしと思っていたけれど、マルタ旅行記へのアクセスがかなり多く、驚いています。マルタ行ってる人はみんな読んでるかも。今読み返しましたが、行くのをとどめるような偏見的な書き方はしていないようで、我ながら安心しました。これからもっと気を遣ってマレーシア記を終わらせなければいけないけど・・・・。日本人が何故マルタに惹かれるか分かりませんが、きっと私も惹かれた一人です。泳げもしないくせにね。これから行かれる方、綺麗な青の中、素敵な休暇をお過ごしください。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。