2日目③「サッサリへ、イタリア初電車」

Sponsored Link

バスに乗った。

サッサリへ行った。

降りたバス停も覚えている。

でも、そのバスの旅が全然思い出せない!

もしかして寝てた!?

と思うほど覚えていません・・・。

なんか写真あるから、窓から撮ったみたいですね。起きてたかな。

でも、
IMG_1205

 

 

驚くほど、
IMG_1206

 

 

何もない・・・。
IMG_1207

 

 

これじゃあさすがの車好きも寝てたかも・・・。

さて、サッサリのバス停は、サッサリ駅からは離れた海岸沿い。←海岸ないです。内陸です。何で間違えたか分かりません。すいません・・・。

こんなところで降ろされてどうしろと言うのだというほど中心地から離れていました。

地球の歩き方の地図にはバス停載ってなかったと思います。普通駅前とかで降ろすと思うんですが、違うバスに乗ったのかな。

仕方がないので、何人かに聞きました。分かりやすくドゥオーモ(教会のこと)を選んで、ドゥオーモどこですかって。教会なら誰でも知ってるだろうと思って。

向かう途中、やっと地図に載ってる道に出たので、そこからフラフラ見物しながら歩きました。

別に何を見るでもないけれど。

公園がありました。
IMG_1209

 

 

ヤシかな。熱帯じゃないんだけど。
IMG_1210

 

 

サッサリはアルゲーロよりも大きい町ですが、正直、全然面白くなかったです。静かでつまらなかった。

なんか雰囲気が住宅街とかそんな感じでした。どこに行ったらいいのか分からないから、たまたまつまらない場所ばかり歩いてしまってたただけかもしれませんが。

散歩すら退屈だった(住んでる人すいません)。

 

 

そして、あっという間にドゥオーモ到着。

小さいけど・・・。
IMG_1211

 

 

ま、ローマとかフローレンスとかみたいにはいかないか。

でも、ズームしてみたらかわいい彫刻が。
IMG_1216

 

 

かわいいってことはないか・・。
IMG_1217

 

 

教会の前にベンチがあったので、座ってみました。

すると、外国人珍しいのか、近くにいたカップルがじっと私を見ています。「ハロー」と声をかけてみるが、無視される。

やっぱもうちょっと散歩に出よう・・・。

 

 

 

あら、かわいいミニパト。こんなかわいいの初めて見ました。イタリアってみんなこんななのかな。
IMG_1221

 

 

そしてしばらくイタリアらしい細道をくねくね。
IMG_1224

 

 

途中で男性が近寄ってきて、声をかけられました。でも、何言ってるか分からない・・・。やっと分かった一言は、観光者という単語。

「そうそう、観光者だから遊んでるヒマないの。もうすぐアルゲーロ戻るから」

と一生懸命英語で言ってみるけど、全然通じません。

だけどしばらくついてきます。どうしても私をどこかへ連れて行きたいらしかった。二言目に分かったのは「家」という単語。カーサだから。どうやら私を家へご招待して下さってたのかな。行かないけどね。

寄りたい店とかあったけど、店まで入ってこられたらうるさいから、ズンズン歩きました。

そしてやっと退散してくれました。

 

 

 

だけど、なんだ。

ここ、どこだ・・・。

 

 

ちょっと位置を見失ったけど、取り戻してどこかへ行きました。

何だったか忘れたけど、もう1つ見てみようかなと思った場所があったのです。でも行ってみたら工事中かなんかで、面白くないから少し休もうとカフェを探し始めました。

でも、見つからない。

何だかあちこち工事中で、砂埃がうっとうしい。

入れそうなカフェが見当たらないまま、気が付いたら駅に到着してました。

何だ、もういいや。

アルゲーロ帰ろう。

駅のチケット売り場へ行き、次の電車の時間を聞くと、まだしばらく時間ありました。駅にあった小さなカフェで何か飲んだと思います。ホットチョコかな。

後は外のベンチで座って電車待ってました。この時、高校生らしき女の子グループがいて、そのうちの一人の女の子を真剣に口説いてる男の子がいました。

ところがこの男の子、結構強引に、でも草食系で弱々しく口説いてたんだけど、女の子に完全に嫌われている。

何言ってるか分からないけど、多分ボロクソ言われてたんだと思います。そんな雰囲気でした。強くていいじゃあないですか。立派な女性になりますね。

その子が彼を追い払ってから、彼女に話しかけてみたけれど、全然英語通じなくて諦めた。お嬢ちゃんと話したかったなぁ。

と思っているうちに電車到着。

乗ったはいいけど、席はどこだ・・・。

私はイタリアで電車に乗ったことがなかったので、乗り方が分かりませんでした。適当に座っていいんだなと思って座っていると、車掌さんがチケットをチェックしに来ました。

そして、何かがないと言っている。

なんか、イタリアでは、電車のチケット購入後、ホームにある機械にチケットを入れて日付を押すとかパンチで穴を開けるとかするらしい(どちらか今でも知りません。その後もう一度電車に乗りましたが、あとは車なので)。

そして、それをやってないと罰金なんだって。

外国人に厳しいのぉう・・・。

前に座ってた女の子、少し英語が喋れたので、ちょっと説明してくれました。そして彼女もチケットを機械に通してなかったらしく、罰金。

でも、車掌さんが、二人で一人分の罰金でいいよと言ってるらしかった。君たちは今日はラッキーだって。

いくら払ったか忘れたけど、現金でそれほど高くありませんでした。二人で割り勘だしね。

ところで、罰金にディスカウントってありなんでしょうか。

まあ何でもいいけど。

そしてしばらくして、アルゲーロの駅に到着です。

みんな降りてどこかへ行きますが、私はポツリと立ち止ったまま。

どこですかここ・・・

全然見慣れないのですが・・・。

海沿いからは結構離れてたみたいでした。

タクシーも見当たらないし、バスで行くしかないのかな。バス停どこだろう。誰かに聞こう。

あれ? 誰もいない・・・。

人がいないんですね、駅のあたりは。降りた乗客はみんな私がボーットしてる間に行っちゃったし。海沿いのほうが人がいたなぁ。

きょとんとしていると、若い女の子が通りかかったので、ホテルに戻りたいんだけどバス停はどこですかと一生懸命聞いてみました。

ホテル名がイタリア読みの発音だったし、バスはイタリア語でブスだから、バスでホテル行きたいってのは分かってもらえたらしかった。

そしてバス停教えてもらって、すぐバス到着。運転手さんも英語全然通じないけど、ホテル名言ったら分かってくれました。

そして乗車し、ホテル付近に着くと、ここで降りてとの合図なので降りました。

だけど、どこですかここ・・・。

ホテルから少し離れていたため、再びどこだか分からない。でも、バスのルートがそちらだったので仕方がないらしかった。

仕方なくフラフラ歩いていると、見覚えのある風景が。意外と近かったようです。良かった。

何時だったのかな。遅かったかも。

この後、暗い中レストラン探しに出かけたの覚えてますが、結局面倒臭くなって変なバーに入ってしまった。

そして、ペンネアラビアータ。
IMG_1228

 

 

全然美味しくなかったな。もったいないことしました。ちゃんと時間遣ってまともなレストラン探すべきでした。

今日の最後の食事がこれじゃあなぁ。

ま、まだ明日もあるしね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。