3日目①「車借りていいの?」

Sponsored Link

今朝も朝食で再びチーズに喜ぶ私。

この朝は、アリタリア航空のキャビンアテンダントさんと一緒になりました。彼女たちは英語が話せるので、チーズのことを聞いたのです。内容は先に書いてしまったけど。

昨日船のチケット売り場の男の子に連絡してと言っておいたけど、朝食後にもまだ連絡来ていなかったので、チケット売り場に行ってみることに。

すると、今日も船出ないよとのこと。午後は分からないけど、今のところ出る予定ないと。

どうしよう。ネプチューンの洞窟までの船はもう期待できない。

車が欲しい。

このチケット売り場の反対側には、レンタカー屋さんがありました。バイクがメインみたいだったけど。

ちょっと行ってみよう。でも無理だよな。

実はこの時、免許がなかったのです。

免許と言っても、イギリスの免許です。

私はイギリスの運転免許を持っていたけれど、丁度引っ越した後だったのです。

イギリスの免許には住所が印字してあって、引っ越す度にその住所変更をしなければいけません。

そして、引越し後、日本でいう陸運局みたいなところに免許証を送って(又は自分で持って行って)、住所の印字を変えてもらわなければいけません。

その変更手続きに、2、3週間かかるのです。

あれ?と思った人もいるでしょうが、そう、イギリスでは免許携帯の義務はないのです。だからイギリス国内では免許なしで運転していました。

ところが、レンタカーを借りようと思うと、当然免許がいるのです。違う国だし。

だけど私が持っていたのは、日本の免許だけ。あの、日本語でしか書いてない、漢字だらけの、海外で使い道ないただのカードです。

ダメだよなと思いながらもレンタカー屋に行って事情を説明してみました。

日本の免許しか持ってなくて、国際免許もない旨を告げ、日本の免許を見せます。でも、全然アルファベットじゃないし、当然何書いてあるか分からないからダメだと断られる。

そりゃそうだよね。

一体どうしたらいいんだろう。

バス?

ホテルに戻り、フロントのお兄ちゃんに事情を説明して、車が借りられないからバスで行かなくちゃと言うと、すぐさま電話。

どこへかけてるんだろう。

ちょっと待つと、年配の男性が来ました。どうやらレンタカー屋の人らしいです。

さっきの男の子と違うけど、マネージャーかなんかなのかな。

フロントの彼に、なぜ私がイギリスの免許がないのか説明すると、イタリア語で訳してくれました。

そして、日本の免許を見せてみてという。

日本の免許を見せると、その写真を見て、その男性、お店に電話かけはじめました。

イタリア語だから何言ってるか分からないけれど、いつものように予想します。

「さっき日本人が行ったでしょ?イギリスの免許ないっていう人。今日本の免許見たけど、いいじゃないかこれで。何でダメなんだよ。写真ついてるんだからどうでもいいじゃないか」

何だか良くわからないけど、押し通してくれたらしい。

免許証をフロントでコピーし、男性にもう一度店に行くように言われました。

い、いいんでしょうか・・・。

自分で言っておいてなんだけど、この免許ではまずいんじゃ・・・。

でも、車欲しいんだよね。

だから遠慮せずもう一度行ってみよう。

そしてレンタカー屋さんへ戻ると、さっきの男の子、あっさり免許のコピーを受け取って、クレジットカードの番号控えて、それで済んでしまった。

因みに話の途中で、バイクでもいいんだと男性に言ったら、強く断られてしまった。バイクより車のほうが免許大事だと思うんだけどな。何か違うのかな。

さて、車といっても、ミニミニでした。スマート。事前予約でも何でもないから、こんな小さい車に70ユーロぐらい払ったんじゃなかったかな。70ユーロあれば事前予約なら4日ぐらい借りられただろうけど、緊急事態でしたので。

車はすぐ脇に路駐してありました。車の説明やら返却方法やら聞いて、いざ出発。
もちろんナビありません。地図は町でもらった無料地図です。

でも、ネプチューンの洞窟は海沿い真っ直ぐ行けばいいだけだろうから、とりあえず行ってみましょう。

注意:これは邪道ですし、滅多にこんなことはできないと思いますので、どうか真似なさらないようにお願いします。国際免許もないと、無免許になるかもしれません。その点どういう解釈か分からないけど。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。