3日目④「選択失敗」

Sponsored Link

ゆっくりと階段を上って、駐車場へ戻りました。

車の中は灼熱かっていうぐらい暑くなっていたので、しばらく乗れもせず外にいました。

そして、車に乗った後、まず持っていた地図を眺めました。

何の地図だったかはっきりは覚えていませんが、地球の歩き方付属地図ではなく、現地でもらった無料地図だと思います。

いた場所はここで、

車を返すのは明日の朝だし、帰りのフライトは明日の夜だし、まだ夕方前だし、ちょっとしたドライブぐらいできるはず。

だけど、ここで私は大きな間違いをしてしまいました。

サッサリへは行ったし、海沿いを行きたいから、北に回って行くか、南へ降りてアルゲーロよりさらに下まで行くかどちらかにしようと思っていました。

そして私は、南を選んでしまった。

二者択一で、確率は二分の一なのに、間違ってしまった。

北へ行ってそれなりに走れば、きっと綺麗な海があったに違いない。

でも私は地図を見て、港町っぽいボーザというところを選んでしまった。

海沿いだから迷わないだろうし、右側通行だから行きは海側を走れるし(帰りは夜になっちゃうから)、とか単純に決めてしまった。

そして出発。

もちろん地図に詳細などあるわけもなく、私はただ海沿いを走っていました。

とはいえ、海沿いを走れるようになってるかどうかは多大に行政の関与するところであり、ドライブコースを売りにしているのでもなければ、本当にずっと海沿いを行けるという確率は多分どこの国でも低いはず。

アルゲーロを過ぎて、ここらあたりはまだ海沿い走れました。一旦止まってます。
IMG_1425

 

 

車の中。散らかってますね。
IMG_1426

 

 

降りてちょっと撮ってみます。
IMG_1427

 

 

そしてこの道を真っ直ぐ行くわけなのですが、すごいな霧。
IMG_1429

 

 

車も撮ってみました。運転辛かったNo.1ですね。
IMG_1430

 

 

と、これが、食事以外での本日最後の写真です。

この後道なりに突き進んだのですが、直後に大雨です。

それも、ものすごい豪雨。引き返そうかと真剣に悩んだほどでした。

窓ガラスに当たる雨で前が見えないの。ワイパーなんて役に立たず。

ただでさえスピードでないのに、例え出ても出してもいられないであろうすごい雨。全然見えません。

スピード緩めながら悩んだけど、やはり戻るのではなく進もうと決めました。帰りは洪水になってて戻れないんじゃないかと思うぐらいの雨だったけど、空を見てみたら、先の方は少し雲が少ないみたいだったから。

そして突き進めば、やはり雨が減り、進むうちに止んでました。それでも決して晴れることはなかったけれど、曇りで済みました。

ただもう、びっくりするぐらい運転退屈で。途中海沿いからはずれてからは、何もないのですよ。

というか、あるんだけど、鬱蒼とした繁みの間を走ってる感じで、見晴らし悪すぎ。

イタリアドライブとか聞くと、お花畑の中をドライブみたいなものを想像するけど、そんなものとは程遠い。

ビデオ撮ってたとして、それを見せても誰もイタリアだとは思わないと思います。

そのぐらい退屈ドライブ。店もろくになし。トイレ休憩とか気を付けて下さい。飲み物も先に買っておいて下さい。

私が行った道、行った季節、行った日については、ことごとくお店閉まってましたので。

おそらくボーザであろう付近で、夕食を食べようと思ってレストランを探したのですが、みんな閉まってました。

つぶれてたのかも。

グーグルマップでは1時間半ぐらいで出てますが、軽く2時間以上かかってましたので、夕食間近ぐらいの時刻でした。

もう少し行って、船がありそうな場所ならカフェとかあるかな・・。

と思い、港付近の駐車場まで行って停めてみました。

隣に女の子二人が乗った車が停まっていて、何やら話していましたので、降りて話しかけてみました。

「食事したいんだけど、この辺にレストランないかな?」

全く英語は通じてないけど、単語がいくつか似てるので、何とか分かってもらえたようす。

あっちのほうにレストランあるよと二人で教えてくれたけど、説明できないので、

「ちょっと後ろついてきて」

ってな感じで指示されました。

そして、彼女たちの車の後をついていく。

ぐるっと回ると、どこかへ停まりました。私も停まり、降りて彼女たちの車へ。

どうしたのかと聞くと、右前の建物を指さして何やら言っている。どうやらその建物が彼女たちの言っていたレストランらしい。

地元の子たちだろうから、レストランがつぶれてるなら知っていたと思うので、おそらくお休みか営業前だったのではないのかな。

閉まってるんだ閉まってるんだと彼女たちが一生懸命言ってくれるので、私も何となく分かりました。

因みに英語ではクローズドだけど、イタリア語ではキウーゾなので、聞いただけでは全然分からなかったけど、ジェスチャーありましたので分かりました。

さて、「何だよここも閉まってるのかい」って感じでしたが、とりあえずお礼を言って、車に戻って悩みます。

この町、何もない。どうしよう。もう1つ下の町へ行ってる時間もないよな。

アルゲーロ戻ろうかな・・・・。

基本海外では夜運転したくないので、できるだけ早く帰りたい。大体眼鏡ない。電灯たくさんあったようにも見えなかった。暗いじゃないか。

食事はアルゲーロで食べよう。

そして何もすることもなく戻りました。

ただのドライブでした。だったらもっと楽な車が良かったな・・・。二度とスマートは乗りたくありません。

さて、帰りのドライブは見事に何の記憶もありません。が、無事着いたみたいですね。ホテル帰ってたわけですから。

車は確か、借りた時に停めてあった場所が空いたままだったはずなので、そこに停めました。

そして旧市街へ再びレストランを探しに。もう面倒だから今日は早く見つけたい。でも昨日みたいな間違いはしたくないし・・・。

でもいいレストランちゃんと見つけました。なのに場所全然分かりません・・・。

入って行くと、若い感じのいい女の子が出てきました。

英語のメニューありますかと聞く私に、ありますよと答えながら、説明も英語でしてあげるよと言う。

それはありがたいと思って、迷わず決めました。お店も雰囲気良かったし。
IMG_1431

 

 

そして、彼女の前菜の説明。

「それはポモドーロ(トマト)の・・・」

「そっちはフンギ(マッシュルーム)が・・・」

文法英語で食べ物の固有名詞がイタリア語というすごい組み合わせでの説明が飛んできました。

わけわからないので、にこやかに前菜の盛り合わせを注文。
IMG_1432

 

 

今でも何だか分かりませんが。

メインはピザにしたみたいですね。
IMG_1436

 

 

このレストランもめちゃくちゃおいしかった。当たりでした。

そして無事ホテルへ帰り、休みます。

明日はチェックアウトして、夜のフライト。

またいいレストランに出会いたいなぁ。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。