トップページ

日本時間2019年5月25日23時58分更新(このページの更新通知はいきませんが、日々のつぶやきを含めてほぼ毎日更新されています)

ご訪問ありがとうございます。

下記の青で書かれた部分は、更新されたところです。記事更新がないのにご訪問頂いた方が退屈するといけないのでやり始めたトップページ更新ですが、段々エスカレートしてこうなりました。次回更新時に毎回消されますので、数十時間のみの公開です。

「私生活雑談」
テアニン、すごいというか、有難い。昨日から1カプセルにしたけれど、昨日もちゃんと眠れた。もう1カプセルでも十分かもしれない。普通減らすと効果も減るけれど、体内にテアニンが残る形なのかも。何でもいいけど、有難い。この状況で脳をちゃんと眠らせてくれているお陰で、体への負担が減っていると思います。もっと早くに出会いたかった。耐性つかないのなら、一生効くのなら、絶対一生手放せない。
私が頼んだLテアニン100mg(海外直送品)

日曜日、一段落だったが、夜には半分ひっくり返された。翌日見事にひっくり返された。火曜日、気を取り直してやり直そうと思い、我ながら打たれ強さに感心した。そしたら、水曜日、警察に見事に突き落とされた。医者が臓器あったと言っているということで、仰天だったが、病院が医者に会せるかどうか分からなかった。頼んではいるけれど、ダメなら謎のまま終わらせられる。警察から私へ不法行為があったら突然なかったはずの臓器があったと言い、CTだから診断違いだと言ったら、今度は病理医までもあったと言い出したという不思議さ。不審な点だらけ。怪しくも、確かめられないようではどうしようもない。これだけ苦労して、そんな落ちなら、私はもう自殺してもいいなと思った。木曜日、母上が足の指がふくれて水が溜まって切ったとか何とか言っていた。来週一旦外泊させてあげようと思っていたけれど、とても誰かと一緒にいる気になれなかった。

金曜日、事件とは全然関係なく、裁判所。全く別件。さんざん人から情報を得ておいて、通ると思いきや、取り下げてくれとのこと。さもなくば却下になるから。一生懸命、「法学部なら分かるだろうけど」と何度も言われたが、そんなあの人は法学部ではない。裁判所で素人を採用するシステムはいい加減やめたほうがいい。法学部だからこそ、違うと言っている。形式主義で、法の条文より実務をとるというのは、間違っている。というか、それが日本らしいのだろうけど。今できないだけで、要するに、10年後にやれということ。私は、長いことこの人生を生きてきて、10年後の約束ができたためしがない。正直、10年後なんて、生きているかどうかもわからないと15歳の時から思っている。あんたたち普通の人の10年と、私の10年には、最低でも3倍の差があるのだから一緒にしないでくれと思った。軽々しく考えないでちょうだい。もうこれで、私は地獄に突き落とされ、夢も希望もなく、1週間に、日、水、金と三段階で地に落とされた気分だった。水曜日には死んでもいいよなと思ったわけだから、金曜日にこれでは、全然関係ないところで希望の光を見出そうとしたけれど底に突き落とされてこれでは、おまけに人から情報を得ておいて弄ばれた感が否定できないし、さすがの私も、遠回りする気にもならず、そのまま直帰しました。滅多にない必要最低限のドライブ時間。まだ昼過ぎだったのに、全く何もする気になれず、重症で、床に寝ながら時計を見ていた。夕食を作る気も起きず、結婚したくなった。結婚はどうでもいいけれど、自分の戸籍から出たかった。この呪われた家から出て行けば運命が変わるかもしれないなと、新しく入った先の家が呪われていたら何の意味もないのに思っていた。悪いのは戸籍ではなくホロスコープなのだが、生年月日時間は変更できない。夜かけてきた母上、誰も具合が悪いなどと言っていないのに、具合はどうかと聞いてきた。あまりに声が低いので、数日前に具合が悪いから明日にしてくれと言った記憶が蘇って混乱したのだと思います。外泊させてあげたいけれど、とっても人と一緒になどいたくないので、しかも病院からいつ電話あるか分からないので、外泊は延期して欲しいと頼んだ。構ってあげられなくて申し訳ないけれど、どうやら本当に医者が指の水泡を切ったらしいので、明日行くよと言って電話を切った。

本日土曜日、どんより眠った私は、テアニンのお陰で脳が休めたため、いくらかましな気分で起床。今後10年という月日を考え、日本のおかしな法適用制度が、イギリス帰りの私にはさっぱり合わず、留学前なら理解できたかもしれないなとも思いながら、でも、20代ぐらいには、確か日本のいんちきとも言える形式主義をふんだんに使って見事に難を回避したよなと思い出していた。あの頃はまだ私も「日本人」だったのかもしれない。日本の法律の「使い方」が、うまかった気もする。行政系だったからかもしれないけれど。こんな、法律のほの字も分からんようなたまたま担当になった人に「法律分かるんだったら」と嫌味ったらしく連発されて、形式主義でやり返された感じか。「だったら・・・」と、一件試しに電話してみた。そしたらおや、いけたのだ。これはつまり、「2年稼いだ」ということだった。10年が、翌日2年縮んだ。早速もう一歩踏み出した。そして、母上のところへ行ってきました。指には良性の、だけど特大の水泡ができていたようで、切って水を出して包帯していた。抗生物質を使用していて、今のところ大丈夫そうだった。会えて良かった。そして、丁度良かった。往復5時間近いドライブで考え事ができるので。運転しながら、何ができるか考えていた。月曜日には、早速あちこち電話してやってみようかなと思った。「ふざけるな」と思った。

そういうわけで、私は死にません。医者を囲われて会えなくさせられて不審な終わり方をされようとも、死にません。10年かかると言われたこと、必ず5年でやってみせようと思った。あったまきたのだ。私に「できない」と言うなと何度も言っている。人が10年かかるなら、私は5年でやる。時期的に冬だろうから足掛け6年になるかもしれないけれど、10年という形式主義、違法とギリギリならないやり方で、5年でやってやる。だから私は、死ねない。エイズになろうがエボラになろうが、必ず後5年生き延びて、凡人がのんきに10年かかることを承知で形式主義で私を法的にはねるのであらば、私が正々堂々と正当に違法でなく完璧に形式主義を逆手に取って5年でやり遂げてくれる。しかも、住所を埼玉かどこかに移し、裁判所の管轄を変えて埼玉の裁判所かどっかでやる。「何故引っ越した」などという意図は問題ではない。「埼玉の管轄だから埼玉の裁判所」という形式的な話だ。東京がダメだから埼玉なのじゃない。形式的に正しいのだから、それがダメだと言えるのか。自分がやった形式主義だ。私がやって、誰が言えるのだ。同じことやったって、私の方は、並の行動力と実行力じゃないぞ。管轄から何から、全部形式的にだけつくろってお望みの通りの形にするから、見とけ。そういうわけで、その先も生きるだろうけど、とりあえず、2024年まで、生きる理由が見つかりました。だから私は、死にません。

「すごいパワーだったらしい」。見えるかな、右下に、水晶が割れてるの。突然割れて飛んだよ。第二の家族のところで夕飯食べて少し心晴れて車に乗ったて、お母ちゃんにバイバイしたら、左手につけていたパワーストーンのピンクタイガーズアイの紐の部分の水晶が突然割れて飛んだ。自分が立ち上がるのにすごいパワーを使ったのだと思う。パワーストーンて本物なのだよなと思う滅多にない瞬間。良く考えてよ。水晶なんて、簡単に割れないものが、突然割れて吹っ飛ぶんだから、恐いでしょ。昔遊びで買った市販のブレスレットをつけていた時、飛んだのよ。ある人の嘘の直後にね。それで、「嘘だな」と思った。あの時から、パワーストーンを信じるようになったのよ。けれど、ここまではっきりと割れたことはなかった。紐が切れるならまだしも、水晶割れたから。しかも、ブレスレットの水晶なら隣の水晶と摩擦し合ってとも思えるけど、これは、紐の部分だから、どことも摩擦し合わないの。水晶が、私の身代わり。

 

 

 

 「本日のバルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)一人車旅について」
1日目=22,965文字。お絵かき(自作地図)全5枚と清書もほぼ終了。
2日目=48,623文字。お絵かき19枚で終了。
3日目=29,598文字。お絵かき5枚終了。
4日目=21,819文字。お絵かき5枚終了
5日目=40,765文字。お絵かき5枚終了。
6日目=24,967文字。お絵かき4枚。
7日目=19,154文字。
お絵かき2枚。
8日目=約7,000文字。お絵かき1枚。現在ここ。
9日目=まだ。
10日目=まだ。
※又しても中断しています。2019年中には完成予定ですが、諸事情により、延期延期となっています。

 

旅行記以外の最新記事
2018年9月20日 「サイトリニューアルのお知らせ(ブログ→サイト)
2019年2月23日 「写真の向きがおかしくなっています」:日記とお知らせとつぶやき