ラサの格安ホテル「Yak Hotel(ヤクホテル)」口コミ、ヤクとは

Sponsored Link

ヤクホテルなのかヤックホテルなのか今一良く分かりませんが、トリップアドバイザーではヤックホテルになっていますね。日本語の口コミもありました。
トリップアドバイザーの口コミへ飛ぶ

何度も食べることになるので先に書いておきますが、ヤクとはウシ科の動物で、高地でも生存可能なためチベットにたくさんいます。

ヤクからは牛と同じくミルクもとれるし、そのお肉も食べられる。毛皮も使用され、ロバのように荷物を運んでもらうこともあるそうです。チベットにはなくてはならない動物らしいです。

どう見てもそこから取った名前だと思うんだけど、違ったらすいません。そして、だとしたらヤックではなくてヤクなのでは?と思うのですが、現地語の発音ではヤックなのかもしれませんね。私も良く分かりません。

このヤクホテル、地球の歩き方にも乗っているし、ロンプラにももちろん乗ってました。でもブッキングコムにはありません。クールヤクホテルというのはあったんだけど、同じなのかな。

理由は忘れましたが、私はこのホテルが第一希望だったので、直行でした。場所はここです。

 

 

 

部屋数も多く結構大きなホテルです。外観こんな感じです。
DSCF0378

 

 

お部屋はドミトリーではなく一人部屋にしました。記憶では一泊6000円弱ですが、今はもう少し安いのかな?トリップアドバイザーのページから予約サイトへ飛べるみたいです。ちらっとみたら安かった・・・。悲しい。

部屋の中は全く普通のホテルです。部屋を変えたので2部屋使用したけど、どちらもベッドはこんな感じでした。散らかっててすいません。
DSCF0281

 

 

受付のところにはソファもあり、ロビーは結構ゆったりしていました。そこに併設するように、売店もありました。

受付を通り過ぎると中庭。右手には階段があり、それを上るとレストランとバーがありました。左手にはインターネットルームでした。お部屋は受付を出た正面の建物で、こちらの方こそ本当に迷路みたいでした。

朝食は屋上のレストラン(カフェかな)でとるようになってました。ここが朝食以外の時間にレストランとしてあいてるのかどうかはわかりませんが、だとしたら見晴らしが良くていいと思います。そちらの写真は旅日記中にアップしますね。

最初のお部屋はバスタブ付だったけど、2階か3階でした。後で書くけれど、これがもう大変だったのです・・・。

お部屋を変えてもらったらバスタブはなかったけど、シャワーはちゃんとついていました。

でもシャワーを浴びるとトイレまでビショビショでした。こういう作りだったので。
DSCF0282

 

 

このどちらのお部屋でも、水量は良かったんだけど、お水が温かくなるまでに数分かかりました。フロントに冷水のままだと2回も電話しました。そして2回とも、「しばらく待てばお湯になる」と言われました。

そして本当にしばらく待ってたらお湯になりました。でも2つ目の部屋では、そんなに長いこと水を出していたからびしょびしょで、乾くまでトイレに行けなくなりましたけど。↑の写真のつくりなので。

でもまあ、もっとひどいところはたくさんあるでしょうから、このホテル、かなりいいほうだったと思います。

そして2014年、ブログを書くのにトリップアドバイザーを見てびっくり。こんなすごいホテルが!
ブッキングコムのページへ飛ぶ

3800メートルの高地で五つ星ホテルなんて、気持ちよさそう。私が行った時にできてたら絶対一泊は泊まってると思います。結構な料金だけど、ちょっと無理してでも。

泊まってないホテルはどうでもいいですね。すいません。。。

さて、立地ですけども、ラサのメイン通り(だと私は思ってたのですが)にあるので、非常に楽だと思います。どこへ行くにも。ポタラ宮も近いしね。

空港からのバスを降りてからは車に乗せてもらったので、どのぐらいの距離かは分かりません。空港行のバスは確かポタラ宮の横から出ていたので、歩いて行きました。ということは、バスの乗り場と降り場は違うのでしょうね。何でみんなあそこで降ろされたのかな・・・。

併設の売店ではもちろん水も売ってます。買わなかったけどお土産らしきものもありましたね。そして何より、スプレー酸素売ってます。次回書きますけどね、効きませんでしたね。

この宿もバックパッカーご用達です。予約サイトではドミトリー乗ってないみたいだったけど、もうないのかな。

変わってなければまだドミトリーあるはずです。

ここも国際色豊かですので、出会いがあって楽しいと思いますよ!

では、ホステル到着したところで、ポタラ宮へ。

Sponsored Link