このマルタ一人旅レンタカー運転ありは、

Sponsored Link

走って走って走って、運転から始まり運転で終わりました。

「どうしたらマルタなんて小さな国でそんなに走れるんだ?」という走行距離だったと思います。

昔からマルタ共和国という国はどこか気になっていて、いつか行こうと思っていた国の一つでした。そんな中、ライアンエアーが当時住んでたロンドンからマルタへ就航していたので、マルタ行きを決めました。

シチリア島に寄ったほうがフライトが安かったのでシチリアにも寄りましたが(シチリア旅行記は別カテゴリです)、マルタからロンドンへ帰るのも45ユーロで当時4500円ほどでしたので、二か国行って合計7千円ほどでした。

「安かろう悪かろう」という表現はEU格安フライトについては当てはまらないと思いますが、旅行自体には当てはまるのかも・・・。

しょっぱなからレンタカー屋に腹が立った上に、到着したホテルでもご立腹で、日本から十万円ぐらいかけ、しかも長距離フライトで行ってたらもっと激怒してたかもしれません。

が、海は綺麗でしたね。

その綺麗な海の穴場を探そうと、ずっとずっと運転です。典型的な私の運転旅になりました。疲れようが具合悪かろうが運転しました。

ナビ見て突き当りかどうか確認しながら、行けるならひたすら端まで走って海を見る。

気に入れば車を停めて、今一なら素通り。ところが気に入っても写真撮ってすぐ場所移動。だからずっと走りっぱなし。

運転好きじゃないとつらかったと思います。

そして私は、最初から最後まで首都に入ることなく、ただただ運転で終わりました。

というわけで、申し訳ありませんが、あまりにも長く走ったため、実はほとんどどこ行ったのか覚えていませんし、分かっていないで走ってました。おおまかになら少しわかりますが、本当に少しです。

行った場所の半分ぐらいだけですが、写真があるので、いつもならそれでグーグルストリートビューを使って場所特定するのですが、マルタにはまだストリートビューができていません(2016年6月現在もありません)。

なので、グーグルマップへの投稿写真とかだけが頼りです。かなり推測の旅行記になると思います。

場所分からないけど、レンタカー会社とどんな風にもめたか、ホテルでどんな風にもめたか、そしてついでに海の写真でも見て下さい・・・・。

でも、できるだけ努力して場所特定します!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。