6日目⑦「お土産⑤、念願のムスリムスカーフと友達」

Sponsored Link

階段を降りた左側。露店はないみたい。
img_8596

 

 

お店は右側に集中しているらしい。
img_8597

 

 

なんか楽しそうだな。
img_8598

 

 

お土産買う気マンマンな私、ふと振り返ると、ホテルが見えました。このハーバーが見えたから、あれのどれかが私の部屋だと思います。
img_8599

 

 

この前日に行ったスーパーの近所にあった露店たちとは全然違いました。もうちょっとお土産買えそうな雰囲気というか、旅行客用の物も売ってそうな感じでした。
img_8600

 

 

まず、最初に止まったこのお店で時計を買いました。緑にしたけど、何で緑にしたんだろう・・・。
img_8601

 

 

皮のベルトで、かわいいから、バッグにくくりつけておくとか、ベルトから下げてもいいなと思って買いました。

そして10カ月振りに出してみた時計。
dsc_0853

 

 

時間が止まってるらしい・・・・。

電池取り替えれば動くだろうけど、もう面倒だからいいや。1年も電池持たなかったようです。

25リンギットで、600円ぐらいでした。日本で電池変えたら1500円ぐらいでしょうか・・・。

このお店では他にも色々見たのですが、絶対欲しいなというものは他になく、ちょっとだけ欲しいものの集まりだったので、きりがないので時計だけ買って終わり。実は時計も絶対欲しいものでもなかったけれど、旅行で使う時計を旅先で買いたかったので。

他の店もチラチラ見ながら、進んでみることに。
img_8602

 

 

近代的です。知りませんでしたが、あちらもホテルだったみたい。サマセットホテル。
img_8603

 

 

このジュースで迷いました。
img_8604

 

どれかしら飲んでみたかったんだけど、もうすぐ夕食だし、色が鮮やかなのでメチャクチャ合成着色料使ってそうだからやめておきました。飲めば良かったかな。

突き当たると露店はぷっつりなくなってしまって、仕方がないから戻ることに。

突き当りを撮らずに何故か船を撮ってる私・・・。
img_8605

 

 

ここから出航するのかな。セレブのプライベートボートかな。
img_8606

 

 

と思ったら、ふと雲の向こうが気になりました。

曇ってるから分からないけど、多分あの後ろには太陽があるから、陽が沈むのはどう考えても部屋の後ろ側。
img_8607

 

 

となると、私の部屋の窓の位置なら、多分日の出が見えるはず。

どのビルがジェンホテルでどのビルがキティちゃんで、どのビルからがサマセットホテルなのか良く分かりませんが、そういうことなんで、お部屋の窓の位置だけで考えたら、ハーバービューの一部の部屋では朝日を期待していいんじゃないでしょうか。ちらっと朝見ましたが、曇ってて暗すぎてどこに太陽があるか分かりませんでしたけど。方角的には窓の方が東なはずだけど、高さとか障害物で簡単に見えなくなっちゃうし。

さて、では大した距離ではなかった露店街を戻りましょう。
img_8608

 

 

中間あたりにあったムスリムスカーフを売っていたお店を気に入ってたのですが、ゆっくり見たかったので素通りしていました。

なので、今度はそこへ直行。

 

女の子が一人でやっているお店でした。

ああだこうだと雑談。

スカーフ欲しいけど、巻き方知らないというと、教えてくれようとしました。

ヨルダンで見たやり方と違うので、色々聞いていたら、誰か違う人を呼んできました。

呼ばれてきた女の子は英語が流暢でしたが、ご存じの通り人間不信の私は、ただの雑談でも慎重に話をしていました。

 「スカーフの巻き方が何だか違うみたい」

彼女 「どこで習ったの?」

 「ヨルダンで見たのと違うんだよ」

彼女 「ああわかった」

と言って、ヨルダン風らしい巻き方をちょっと見せてくれました。

 「あ、そんな感じだったかも」

今度はマレーシアンなやり方を教えてくれました。

でも、私に巻いてくれるけど、どうしてもうまくいかない。

スルスル滑るし、何かがおかしい。

 「私、スカーフ似合わないんだよ。なんかおかしい」

彼女 「そんなことないよ。ほら、前髪があるからちょっと違うんだよ」

私はこの、彼女が言った、「前髪(fringe=フリンジ)」という言葉で安心してしまいました。どこかでちゃんと英語教育を受けたのかなと思って。

女性の切ってたらしてある前髪はフロントヘアーでも通じますが、通じるだけであり、正式な単語ではありません。アメリカ英語ではbangs(バングス)でしょうが、ここはマレーシアであり、発音はアメリカンな気がしたけれど、単語はやはりイギリス系が多いのではないかと思います。

前髪なんて言う単語を知っていたので安心した私は、彼女たちと更におしゃべり開始。

ついでに写真撮ってもらいました。このスカーフでずっと練習していました。
img_8609

 
彼女 「日本のどこに住んでるの?」

 「東京だよ」

彼女 「この間、北海道に行こうとしたんだけど、行けなかったんだ」

 「北海道?いつ?」

彼女 「マレーシア航空が、キャンペーンで、クアラルンプールから北海道への直行便を出してたの。だから行きたかったんだけど」

 「北海道だけ?東京じゃダメなの?」

彼女 「東京も見たいけど、北海道は雪が降るでしょ」

その一言でふと東南アジアだったと思い出す。

雪が降らないので、日本の雪が見られるツアーとか出してるんですよね。冬だけ。

 「そっか。雪見たことないんだ」

彼女 「そうなのよ」

物価がどうだの、食べ物がどうだのという話をして、彼女にFBにいるかと聞くといるよというので、友達になりました。

マレーシア初の友達。

そして、スカーフを3枚購入。

因みに彼女は隣の店の人で、ここは最初に話した女の子のお店でした。その女の子が会話に困って隣のお店の彼女を呼んできただけなので。要するに私は彼女のお店では何も買ってあげなかったのよね。何屋さんだったんだろう・・・。

上の写真のスカーフで練習していたので何だか愛着が湧き、あのピンクのスカーフと、色が素敵なこちらも購入。
dsc_0851 dsc_0852

 

 

スカーフというか、ストールとして使おうと思って買いました。ちょっと涼しい日に首に巻くように。3枚目はイギリスへのお土産で、既に向こうに到着しています。

1枚10リンギット。安い。これはお買い得。お土産に10枚ぐらい買っても大丈夫ですよね。1枚300円しないわけだし。

 

 

さて、時刻は夕方6時頃。

お友達もできて、スカーフも買ったし、そろそろマレーシア最後の夕食へ行きましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。