7日目②「久しぶりだねお父さん」

Sponsored Link

首都に入って最初のうちは割とすいてたのですが、
img_1499

 

 

やっぱりそううまくは行かないよね。
img_1500

 

 

時刻は4時19分。飛行機の時間まではまだまだあるし、余裕です。
img_1501

 

 

高速の料金所。TUNAI(現金)へ。時刻は4時20分。
img_1502

 

 

この日だけ何故かレシートがあります。40.9リンギット(1200円弱)でした。タッチアンドゴーは明らかに残金不足だし、現金余ってるので現金で払いました。

さて、有料高速を降り、まだこれ国道だと思いますが、ゆっくりながらもホテルへ進みます。4時33分。
img_1503

 

 

途中、すごそうなホテルが見えたので、一枚。
img_1504-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

 

南京虫が沢山いそうというよりも、南京虫が経営してそうなホテルだなと思って見とれていました。

洗濯物が外に干してあるので、誰かがいることは確かです・・・。
img_1504

 

 

4時36分。ツインタワーが見えたので、もうすぐです。
img_1505

 

 

高速も降りて、さらに近くに。
img_1506

 

 

さて、無事着いたので、ベルトを取りに。

正面玄関の前に堂々と停めると、ちょっとあっち行けと言われたので、少しずらし、バックで駐車。

何だかんだ言ってるので、「ベルト取りに来ただけです。そこの受付に預けてあるって言ってたから、それが本当なら30秒で済むからちょっと停めさせて」と言って、強制的に駐車。

そして、正面玄関の受付に行くが、やはりそんなところにベルトはありません。

やっぱりなと思いながら上の階のメインのフロントへ行き、しばらく待たされてベルトを受けとりました。

 

 

 

 

ああなんて嬉しい・・・。

良かった・・・。

ありがとうトレーダーズホテル・・・。

 

 

 

そして、ダダダッと降りて、車へ。

今度は空港へ。結構遠い。

 

 

ナビでは54キロと出ていました。
img_1507

 

 

でもまずは、ガソリンスタンドへ。

満タン返しなら空港付近で入れますが、最初から満タンではなかったので、整備不良で満タンにまでしてあげるほど優しくはないので、ちょうど1ブロック分減ったぐらいになるように、この辺で入れることに。

適当にその辺のスタンドへ。
img_1508

 

 

満タンにして、50.35リンギット。買い物しなかったので現金余っちゃってたから、現金で払いました。約26リットルで、1500円ぐらい。

時刻は5時4分。最後の給油を終えて、出発することに。
img_1509

 

 

5時15分。今日のマレーシアの天候は不調。降ったり止んだり。
img_1510

 

 

そしてこの写真は、電話を切った時刻を伝えるために撮ったと思うのですが、
img_1511

 

 

レンタカー屋のお兄ちゃんから電話がありました。

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃん 「ハロー Junko~、元気かい」

 「元気だよ。今そっちに向かってるんだけどさ、渋滞なんだよね」

お兄ちゃん 「大丈夫だよ。まだたっぷり時間あるし」

 「あと1時間以内には着くと思うんだけど」

お兄ちゃん 「僕はいないんだよ。もう一人の人がいるから」

 「何でいないの?」

お兄ちゃん 「違うオフィスにいて、今日はそっちへ行かないと思うんだ」

 「それじゃ困るじゃない。あのお父さんみたいな人しかいないってこと?」

お兄ちゃん 「そうなんだよ~」

 「あの人英語話せないじゃない。それに、大体あの人、初日に私をスタンドに置いて帰っちゃった無責任な人でしょ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃん 「It”s OK. Never Mind(大丈夫だよ。気にしないで)」

 

 

 

 

 

出たな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「気にするって言ってるでしょ!!!」

お兄ちゃん 「大丈夫だよ~。僕は行けないけど、市内のオフィスにはいるから」

 「何かあったら電話するから、ちゃんと出て!」

お兄ちゃん 「出るよ~。大丈夫大丈夫」

 

 

ということで、空港に行く前から不安になりました。

 

 

 

5時19分。渋滞変わらず。
img_1512

 

 

どっち車線行ったか覚えてないけど、左かな。
img_1513

 

 

5時58分でまだこんなに混んでるから。
img_1514

 

 

 

6時31分。この辺はすいてました。
img_1515

 

 

左側には既に懐かしい三井のアウトレット。ああ、この一週間、色々あったなぁ・・・。
img_1516

 

 

そして、ついに到着。

時刻は6時44分。
img_1517

 

 

12時半頃出たので、6時間ぐらいのドライブでした。車は壊れませんでしたね。良かった良かった。

 

さて、今度はあのレンタカー屋のお父さんのところへ。

 

 

ノックすると、ニコニコしてお父さんが出てきました。

私、このお父さんに、開口一番、どうしても言いたいことがありました。

なので、一歩近寄り、顔を覗き込んでしっかりと目を見つめ、低いトーンで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ねえ、

あなたさぁ・・・

レンタカー借りた日の夜、

スタンドへ私を置き去りにしたよねぇ?

何で帰ったわけ?」

 

 

 

 

 

 

 

シーン・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さん、ニコニコしながら、

「〇$#’’▽✖💛☆」。

 

 

 

 

何言ってるか分からないけど、非常に気のいい笑顔で笑っているので、全く悪いと思っていないことだけは分かるし、とても悪そうな人には見えない。

言葉通じいないし、仕方ないので、車の方へ一緒に行って車のチェックを。

会話が成り立たないことを承知で、「ガクンガクン」の説明に入りました。

 

 

 「この車ね、ガクンガクンなるのよ」

と、ジェスチャーしながら話します。

 「ブレーキかエンジンか、ちゃんと見たほうがいいよ」

とは言っておきましたが、そこは分かってなくてもいいや。

 

とりあえず、返却後にガクンガクに気が付き、私が壊したと思われて勝手に請求されたら嫌なので、私もガクンガクンの被害者であることをきちんと告げておきたかっただけでした。

お父さん、何となく分かったようなジェスチャーでしたので分かってくれたと思います。

そこで私、ブツブツ言いました。

 

 

 

 

 「大体この車、古いと思うよ」

お父さん 「▽✖☆##$💛」

 「10万キロ超えてるじゃない。どれだけ乗ってるの。10年落ちぐらいじゃないの」

とブツブツ言うと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さん 「そんなに古くないよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の声 (なんだこの人・・・。しゃべれるのかしゃべれないのか・・・。)

 

 

 

 

 

 

他はろくに会話になっていませんでしたが、傷なしで返却の旨サインしてもらい(何て書いてもらったか忘れましたけど)、荷物を降ろして空港内へ行くことに。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。