旅友とメリークリスマスと、「縁」

Sponsored Link

本日は、チベットで出会った旅友(たびとも)と会ってきました。

マイスイフトで彼のホテルまでお出迎えして、それからどこで食事をしようか云々と言ってたけれど、お台場でも行ってみようかと思い、ナビをセットして出発。

ところが、ヴィーナスフォートのあたりしか走ってないけれど、何だか暗いのでやめ。天王洲アイルへ行ってみることに。

もひとつところが、天王洲アイルにはもはや昔の姿はないようで、というか、休日はダメなのか、お店も閉まっていて、何となく雰囲気が合わないので、何もせず駐車場代を払って(もらって)場所移動。

結局港区へ戻り、森ビルへ。あの辺りを往復しただけのドライブになってしまった。

でも、今回の森ビル、私が勘違いしていて、実は昔行ったことがあったところでした。要するに、新しいところではなかったらしい。

見晴らしのいいイタリアンレストランにて、窓側に案内され、二人並んでお食事をすることに。

後ろには鏡があり、そちらに向かって撮ってみました。
img_1091

 

 

ビュッフェだったので、二人で取りに行って、「シチリアのナス」だの「ギリシャのタラモサラダだ」だの言いながら、クスクスまであったビュッフェを楽しむことに。

と言いたいけれど、人間そんなに食べられないし。
img_1094

 

 

それでも結構食べたのよ。

何せここは、ビュッフェだけど、メインはちゃんと作って持ってきてくれたので。

二人共、エビのカラスミパスタにしました。カラスミはね、日本だから、ちょっとだけね。かかってるのかどうか分からないぐらいだったよ。高いからね。
img_1097

 

 

私の旅友は、ピーチクパーチク、あーだのこーだのしゃべる私を一生懸命聞いていましたのよ。可哀想に。

でもちゃんと食べられてたから良かった。
img_1098

 

 

デザートも、二人仲良く少食。たった2切れでお皿を一枚ずつ。むしろ1枚にケーキを4つ入れるべきだったような気もしてきた・・・。
img_1099

 

 

写真、これが一番暗くていいかなと思って、これにします。旅友をあんまり露出すると悪いしさ。
img_1095

 

 

昨日髪を切ったばかりなので、まだまだじゃりんこチエなのですが、旅友、笑いもせずいてくれました。すぐ伸びるから待っててね・・・。

お支払いは、旅友がささっと払ってくれたので、申し訳ないのでちょっと出させてもらったけれど、レシートを見せるでもなくしまっていました。カッコいいよね。

ゆっくり遅めのランチを終えて、羽田空港へ一緒に向かいました。

到着後、まだちょっと時間があったので、ベンツのカフェという良く分からないところでお茶しました。本当にベンツが1台置いてありました。

ドーナツ食べて、カフェラテ飲んだ。それもご馳走してもらってしまった。お返しにベンツを買ってあげたいところだったけれど、700万円ということなので、もう数十年待ってくれますかと後でメールをしておこう。

数時間連れまわされた上に散財させられた旅友、夕方6時ちょっと過ぎ、やっと解放され、無事に飛行機に乗って帰りました。

ご馳走様でご苦労様でした。久々に会えてよかった。ありがとね。

 

 

さて、この旅友とは、出会って10年になります。今年が10周年でした。

そして、チベットで出会って以来、今回で会うのは5回目でした。

チベットで出会った後、彼が東京に来た時にスペイン料理レストランへ行き、その後、私がイギリスへ行く前に渋谷で再会。

それから3年後かな、今度はスペインの島で会いました。私はイギリスから、彼は日本からで、特に待ち合わせもなく、というか、水星逆行中の行き違いがあったにも関わらず、何とか会えました。

そして、今日でした。再び水星逆行中。再会の時です。

一部の読者様ご存じですが、私は占星学をちょっこっと始めていたので、ふと思って、彼のホロスコープも見ていました。

ホロスコープとういのは、円の中に惑星を入れて、惑星の入っている場所とか、惑星同士の角度とかを見る、こんなものです。
horo

 

 

相性を見たりするときは、二人のホロスコープを重ね、お互いの惑星の位置や角度をみます。

完全なホロスコープを作るためには出生時間と場所が必要なのですが、普通、人の出生時間なんて知りませんよね。だから、完全なホロスコープって、自分のものしか見たことがないのですが、不完全でも、大体は見ることができます。

彼とのホロスコープを見た時、やっぱりすごい出会いだったんだなと思ってびっくりしたけれど、今日ちらっとそれを言ったら、この旅友、あっさりと生まれた時間を教えてくれました。私は生まれた時間を知ってる人を自分以外で初めて見ました・・・。

そして、彼の完全なるホロスコープが分かる私は、さきほど帰ってから自分のホロスコープに改めて重ねてみました。

そしてやっぱり、普通じゃないよなと再確認。

 

彼と私は、日本にいても絶対偶然出会わないであろうぐらい離れた場所で暮らしています。同じ土地で暮らしたことは、生きていて一度もありません。

そんな二人が、更に離れた違う国、距離だけでなく、高さまで高いチベットへ行くことを決め、同じ時期に行き、同じ日に同じホステルに泊まり、同じ便でチベットへ行ったのです。

だけど、もちろん他にも乗客はいたし、彼だけではない。

でも、彼とだけは現地で数度又出会ってしまったのです。そして、電話番号や連絡先も交換しました。

もちろん私は沢山の人に出会うけれど、連絡先も交換したことがあるけれど、その後もずっと知り合いでいるということは、当時では難しかったのです。フェースブックがないから、メールを交換し合い、本当にちゃんと連絡し合っていないと、関係が継続できない時代でした。メールなんてない時代は、手紙だけだったから、もっと大変だったと思います。

フェースブックのない時代に知り合った人で、旅先で知り合って今も友人な相手は、もはやこの旅友しかいません。

そして、そんな相手っていうのは、やっぱりとんでもなく強い縁があるようでした。

性別も年齢も何も関係なく、何かある人とは、ホロスコープ上でもきっちり何かあると思います。家族でも知り合いでも。

「何か」が、いいとは限らないけれど、「何か」があれば、その時点で普通じゃないんだと思います。

そして、私とこの旅友、「何か」がかなり強かった・・・。

占星学って、惑星10個(月・太陽・水・金・火・木・土・天王星・海王星・冥王星)で見るのは知ってましたが、それ以外の小惑星等があることは、最近まで知りませんでした。その中でも、ドラゴンヘッドやリリスというのは、土星同様、縁や因縁、カルマなどを意味するらしいです。

とりあえず一部はこんな感じですが、分からなくて当然なので気にせず見て下さい・・。

私のドラゴンヘッド 同じ場所 旅友の月
旅友のドラゴンヘッド 同じ場所 私の太陽
私の太陽 真向い 旅友の太陽
旅友のリリス 真向い 私の月

それがいいか悪いかは別として、下の3つで十字を切っています。
horo3

月は2時間で1度動くので、お互いもう数時間遅い時間に生まれていたらこうはならなかったわけで。

もしこのトラベルドライバーに異常に親近感を抱くことあれば、お互いのホロスコープが何かを告げているかもしれません。

ほんとね、そんなことがあるのだと思います。知らない芸能人とかが相手だったとしても。

縁とかいう言葉は良く使う割に実はちょっと宗教っぽくて苦手なのですが、他に言いようがないです。ひきあいが強いとかかな。

 

一生のうちでのたくさんの出会いの中、強力な力で引き合わされた相手は、親だろうが親戚だろうが、友達だろうが恋した相手だろうが、嫁だろうが舅だろうが、例え二度と会うことがなくても、その印象は忘れ得ない相手であるのだと思います。

皆さんがそんな人とクリスマスを過ごしていることを願って、メリークリスマスを送ります。

素敵なクリスマスになりますように。

Sponsored Link