このパプアニューギニア一人旅は、

 

私にとって、チベットに続いて2番目の「難しい国」でした。

すごく疲れていて、旅行すらしたくないほどに疲れていた私は(特に仕事ね)、「先に航空券買っちゃえば、どんなに行きたくなくたって、もったいないから行くでしょ」と思って、航空券を予約しました。

そして、予想通りもったいないので行ったけど、行きとは比べられないほど元気になって帰ってきました。パプアニューギニアからものすごいパワーをもらって、日本にいたら無理であったほど回復して帰ってきたのです。

行って良かった。

 

 

パプアを扱うツアー会社はあったけど、当時はまだまだ未開の地でした。今もそうだろうけど、一部は開けていると思います。最近、首都がかなり都会になっていることをテレビで見て知り、びっくりしました。

 

飛行機の中の写真もないし、フライトの様子も覚えていないし、ガイドブックはまだ持っているけれど、ツアーやホテルをどうやって予約したかも良く覚えていないし、行ったのはチベットのほうが前なのに、チベット旅行のほうが記憶に深いです。

まだグーグルストリートビューもないし、行った場所も特定できません。グーグルマップの写真すら少ないので、グーグル地図を添付してもあまり意味がないかもしれないけど。

 

 

この時もまだカメラはまだ一眼ではなく、チベットと同じ機種です。これは、後悔のうちの片方。チベットもそうだけど、こんなに素晴らしい国へ一眼で行かないなんて、大損した気分です。まだまだ草木ばかりで、撮るものは純粋で元気な人たちぐらいしかなかったけど・・・。

 

 

そして、もう片方の後悔は、当時は知らなかったけど、あの頃も国際免許が使えたのなら、運転すれば良かったということ。

でもまだこの旅行の時は、海外で運転するのが当たり前という概念がなかった。レンタカーもパプアにはなかったでしょうけど。

 

 

それでも、最高にいい思い出です。

この国からも「呼ばれた」と思っています。「パプアニューギニアかな」と突然思い立ってしまったので。

そして今でも、「パプアニューギニアだったな」と思っています。

これほどまでに元気をくれた国は、今でも他にありません。

 

 

本当に、行って良かった旅でした。